ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたいのと、過去、現在を含め、HP主流の時代は、充実したHPがありましたが、ブログはないなと感じたので、自分で作ってしまえ~という想いで作りました。何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思ってくれたら、本望です。

待ち望んだ瞬間は始まりの瞬間へ

1999年 4月 音楽と人

d0335541_19214539.jpg
初のライヴ。「TOY$!」「晴れた終わり」「カナリア」そしてアルバム「セイレン」で感じさせてくれた
あの虚無と絶望に満ちた世界とその先にある希望の光を、どんな形で表現してくるのか?周りの期待は
大きく膨らんでいた。
ライヴでバックをつとめるサポートの3人は、どれも名の知れた手だれの精鋭たち。al.ni.coのあのサウンドを
支えるのにはパーフェクトの面々だ。会場を支配していたカートコパーンの曲がだんだんと落ちていく。
フロアのざわめきが大きくなるのがわかる。チケットはハガキによる応募制であったためか、ファンの顔にも
ばらつきが見える。前のバンドの頃から、ずっと2人を見つめてきた人、al.ni.coとして活動が始まってからの
彼らしか知らない人・・・反応も様々だ。
真っ暗なステージに2人がゆっくりと現れる。上杉は白い実験用の白衣とニット帽。
手をかざしてフロアを覗き込む。柴崎は黙々と舞台下手でギターセッティング。うねるフロアを尻目に
落ち着いて見える。
1曲目の「Prologue」は「セイレン」の1曲目だが、インプロヴィゼーションのような楽器隊の
セッションと上杉の叫びで全然別の曲に聴こえた。今までたまりまくった思いをぶつけるように、
全身全霊、ペースも何もないまま、ただただ叫ぶ
<ブエノスノーチェス!>なぜかスペイン語で客席に声をかけたのは「カナリア」の後だ。
そしてそこからは具体的にMCもほとんどなく、1曲1曲に思いをこめて、絞り出すように歌う。
「LUCY~」カヴァーでは、即興っぽい日本語詞をつけて歌っていた。凄いのはやはり上杉の声だ
あのふるえる声はもうそれだけでロックだ。説得力がある。そして、その声に必要なのは柴崎の
ギターであることも、この日のステージを観ていてよくわかった。
ラストの曲が終わり、シドヴィシャスの「マイウェイ」が流れても、なかなかファンは立ち去ろうと
しなかった。アンコールを求める声がいつまでも続いた。完全燃焼、そんな感じのステージ。
ステージ上はやれるだけのことをやり切った。2人の気持ちが伝わってきたような気がした。
しかし、正直に言えば、まだまだ戸惑っているところはあったと思う。
この日ステージに戻ってきた上杉と柴崎を迎えてくれたのは、非常にあたたかいファンからの祝福だった。
この日のフロアからは「お帰りなさい」という愛情があふれていた。
それは当然の反応だろうが、2人が求めていたものは決してそれだけではない。ステージと客席の
反応を観ていて、奇妙な違和感に襲われたのは僕だけではないはずだ。当人たちもわかっているだろう
アルバムをリリースし、ステージにも立ち、戦線には復帰した。今スタート・ラインにたったばかりの
二人だ。あとはこの違和感をどう乗り越えていくのかが、al.ni.coとしてのテーマになっていくと
思う。

al.ni.co
LIVE1999#1
2月17日(水)
渋谷クアトロ

1 Prologue

2 カナリア

3 「G」

4 晴れた終わり

5 Living For Myself

6 RAPE ME(NIRVANA)

7 Lucy IN THE SKY WITH DIAMONDS(THE BEATLES)

8 Suicide Solution

9 Tough Luck

10 Prayer

11 Meaningless Yellow

12 雨音

13 HEY,HEY,MY,MY(NEIL YOUNG)

14 Providence of Nature

15 TOY$!

16 Blindman's Buff




[PR]
by sinasoba4 | 2015-10-10 06:46 | ai.ni.co雑誌