ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたいのと、過去、現在を含め、HP主流の時代は、充実したHPがありましたが、ブログはないなと感じたので、自分で作ってしまえ~という想いで作りました。何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思ってくれたら、本望です。

LOOK BACK AT TOUR

1999年7月 News Maker


d0335541_23200355.jpg
●ライヴにはどんな気持ちで臨んでました?

上杉さん:前のバンドからのファン、al.ni.coで初めてファンになってくれた人たちといろんな人が
集まることがわかってたんで、誰に合わせるとかじゃなく、CDを作る姿勢と同じく”我が・まま”にやりたいなと
思ってたんですよ。お客さんもお客さんで、それを勝手に楽しんでもらえたら理想だなと

●最終日を見たとき、新しいファンの人たちが圧倒的に増えているなと思いました。

上杉さん:al.ni.coのファンならではのノリ方っていうのを探しながら、一生懸命一体になろうとしてくれてるのが
わかったんで、こっちとしても、もうちょっと歩み寄ろうかなって思っちゃったんですよ(笑)ナースの格好をした
女の人とかもいましたからね。

●上杉さんがステージで着てた白衣に合わせてたわけですね。最終日にはツアー初日にはなかったアンコールもありましたよね。

上杉さん:ああいう必死な姿を見ちゃうと、ほったらかしにはしにくかったです(笑)

●どういう表現アプローチをしてましたか?

上杉さん:今回は、極めてヌードなライヴになったと思ってます。正直言うと、もう少し準備の時間が欲しかったんですね。

●CDを再現しようとしてましたか?

上杉さん:少なくとも歌に関して言えば、クリックを聴いてレコーディング・トラックのコーラスを出すという
発想にはなってなかったですね。歌メロだけで勝負できる曲たちだという自負もあったんで。ただ、サウンドに関して
柴崎は大変だったと思います。サポートの方たちの技術が素晴らしかったんで、俺としてはもうお任せという感じでしたけど。

●ギターのコンビネーションひとつとっても大変だったろうなと思いました。

上杉さん:「晴れた終わり」なんかは、たくさんダビングしているうちのひとつのギターラインだけをカセットに
落として、サポートの人に渡したりしてましたよ。そこだけは完コピしてくれということですよね。

●絶対譲れないという部分が・・・

上杉さん:たくさんあったと思います。

●エクスタシーを感じる瞬間てありました?

上杉さん:もともと赤レンジャーよりもミドレンジャーの方が好きというタイプで(笑)
俺が主役じゃっていうのは得意じゃなかったんですよ。だから見られることによっての恍惚感て
わかんなかったんですけど、今回はレッチリが裸になっちゃう気持ちがわかるようになっちゃいましたね(笑)
もうちょっと体に自信があったら脱いでたかも(笑)

●一度味わってしまったらどこまでもという感じですか?

上杉さん:歌の深い部分でどう脱いでいくかということになるんでしょうね。

●手を翼のように動かしたり、不思議な円を描いたり、あの一連の妙な動きはal.ni.coのグルーヴ感にぴったりでしたね。

上杉さん:このへんから(胸を指す)自然に出た動きなんですよ。みんなを酔わせようかなと思ってやったんですけどね。
観客の中にキツネに憑かれたようなスゴイ動きをしてる人たちがいたんで、負けてられないなと(笑)

●ニルヴァーナやニールヤングなどのカバーもやってましたね。

上杉さん:彼らのことを純粋に好きであるということに誇りを持ってるんで、その影響を隠そうとは思わなかったです。
そこからどこに転がっていくかが勝負なわけですから。とりあえず、「レイプミー」よりも「TOY$!」の方が盛り上がって
ほっとしました(笑)

●柴崎さんのソロコーナーもいいポイントになってましたね。

上杉さん:最初はあそこでテンションがリセットされちゃうのがイヤだったんですけど、ツアー後半は逆にそれを
うまく利用してブチキレモードに切り替えていけるようになりました。

●ライヴは楽しかったですか?

上杉さん:アルバム制作や詞を書くのと一緒で日々の葛藤やモヤモヤを歌で表現することに喜びを
感じてるわけで、それ自体を楽しいと即答するのは難しいですね。ただ楽しんでる人たちを見るのは
心地いいものだなと思いました。
次はヌードなライヴではなく、発想の段階からいろんなことを取り込んで、何か大胆なことをやってみたいですね。

d0335541_23201602.jpg


d0335541_23203071.jpg





[PR]
by sinasoba4 | 2015-10-13 05:27 | al.ni.co雑誌