ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたいのと、過去、現在を含め、HP主流の時代は、充実したHPがありましたが、ブログはないなと感じたので、自分で作ってしまえ~という想いで作りました。何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思ってくれたら、本望です。

「BYE BYE」有頂天

「BYE BYE」
有頂天

d0335541_07333821.jpg


上杉さんは、有頂天というバンドもケラさんも、この楽曲も10代の頃から知っていた
そうなのですが、この楽曲の良さを全然わかっていなかったとの事。
歌詞に込められた切なさや、決意を理解するには、子供の俺には難しかったのかもしれない。
今の上杉さんに、響く曲という事で

紹介されてました。
LIVE「Speeding Slowly#3」でカバーされたそうです。

上杉さんは、10代の頃から、

本当に洋楽も邦楽も
色々な音楽に触れてきた方なのだなあと

思いました。
音楽は、親が歌ってくれる子守歌だったり、テレビから流れてくる歌謡曲だったり
人生の中で必ず触れる欠かせない物だと思いますが、それにしても
上杉さんの触れてきた音楽は、
子供の頃から、幅広いなあと思いました。

歌詞に込められている意味を解釈するには、アーティストの事をよく知らないと難しい
なあと思ってしまうのですが・・・

こんな記事がありました。

http://anti-buddhism.doorblog.jp/archives/23368388.html

この方の解釈が正しいのかなあと思ったりもするのですが・・

個人的には、思い出も忘れてしまうという解釈の部分は、
自分にはない感覚なのですが・・・
辛い思い出や哀しい思い出は
忘れてしまったとしても

自分が愛する人との思い出は、

どんな別れ方であっても、

絶対に忘れたくない、
かけがえのないものだと思っているので、
いつまでも哀しんでいないで、
前を向いて歩こう。
きっと、また会えるはずだから・・

という事であって欲しいという

気がしています。

一時的には、「Bye Bye」だけど、

前を向いて歩いていたら、
またいつか会えるよっていう
そんな解釈をしたいなあと
思いました。



猫騙のベーシストのmiya38さんも

一時的に
お別れをしましたが・・・
きっと、3月21日(月・祝)の

「MIYA THE WORLD2016」は、
目には見えなくても「猫騙」のメンバー

として、ステージにあがって
ベースを弾いてるのではないかなあ
と思っています。


いよいよ、明日、時間がある方は、

当日券でも大丈夫だと思うので、

是非




[PR]
by sinasoba4 | 2016-03-20 05:56 | 上杉昇フェイバリットソング