ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたいのと、過去、現在を含め、HP主流の時代は、充実したHPがありましたが、ブログはないなと感じたので、自分で作ってしまえ~という想いで作りました。何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思ってくれたら、本望です。

「Sleeping Fish」WANDS

「Sleeping Fish」
WANDS

d0335541_08133888.jpg

d0335541_07100922.jpg


1995年12月4日リリース
「Sleeping Fish」
作詞:上杉昇 作曲:柴崎浩 編曲:WANDS


この曲は、WANDS時代の曲で、「SAME SIDE」のカップリング曲
「SAME SIDE」シングルのリリース時のインタビューなどは、
上杉さんは、とっても嬉しそうでした。
かなり後から、雑誌などを読んで知った事だったのですが、
上杉さんがやりたい音楽だったのだなあという事。
この「Sleeping fish」は、「Black sunshine」でも歌われています。
リリース日は、WANDSデビューの日
WANDSは、1991年12月4日に「寂しさは秋の色」でデビューしました。
2016年12月4日、今年は上杉さん、デビュー25周年でもあります。

何故、この曲から紹介?といいますと、この頃リリースされた曲
WANDSのⅡ期でいいのかなあ?

後期?色々と二期とかありますが、わたしの中では、

上杉さんがヴォーカルだった、

WANDSで、一括りになってます。
上杉さんのFANになるきっかけとも言えるアルバムや曲は、
「PIECE OF MY SOUL」「SAME SIDE」
初めて聞いた時に、鳥肌が立って、魂を揺さぶられました。
なんて、色っぽい素敵な歌声なんだろう・・と
そして、「SAME SIDE」のディストーションボイスは、
聴いた時に鳥肌が立ちました。
当時、個人的に精神的に色々とあった時期だったのですが・・上杉さんの曲に救われました。
「時の扉」「恋せよ乙女」など数々のヒット曲を歌われていて、曲はもちろん知っていましたが
実は、歌ってたボーカリストの事は、顔も名前も知らなくて・・
曲に感動して、
即決で、ファンクラブ入会を決めて、すべてのリリースされているCDを買い集めました。
そんな、思い入れのある曲の1曲を今でも歌われているのは、とても嬉しくて、
生の歌声で聴けるのは、凄く嬉しくて・・
この曲を聴くと、その頃を思い出します。

「Sleeping fish」
♪そんな~~遠い日~~抱いた夢はもう
Floating in the air~~♪
の部分の上杉さんの高音がとっても綺麗で素敵な曲。

歌詞の世界観もこの曲のリリースの時は、上杉さん23歳
19歳で、「寂しさは秋の色」のような歌詞を書けるのも本当に凄いなあと思いますが
この曲の世界観も凄いです。
歌詞も是非読んで欲しいと思う1曲


[PR]
by sinasoba4 | 2016-05-18 06:24 | 上杉昇楽曲