ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたいのと、過去、現在を含め、HP主流の時代は、充実したHPがありましたが、ブログはないなと感じたので、自分で作ってしまえ~という想いで作りました。何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思ってくれたら、本望です。

「The Ground's Name is 零」上杉昇

「The Ground's Name is 零」
上杉昇

d0335541_05315152.jpg
d0335541_09451823.jpg

d0335541_07100922.jpg


2004年11月3日リリース「L.O.G」
The Ground's Name is 零
作詞:上杉昇 作曲:上杉昇 編曲:堀越信康

2005年11月9日リリース
The Ground's Name is 零(unplugged)
作詞:上杉昇 作曲:上杉昇 編曲:堀越信康


この曲も上杉さん作曲なのですが、ソロの作品になります。
このアルバム「L.O.G」は、「セイレン」からやってきた流れの完結と当時おっしゃっていました。
この曲に関しては、ゆったりしたテンポの曲で滅茶苦茶へヴィな曲があってもいいのになあと思っていた
ところからなんとなくできたとの事で・・
曲のタイトルは、直感で”GROUND”という言葉をどこかに使いたかったという事で
歌詞の方もこの頃、事件(911テロ)があったので、リンクしているところがあったとおっしゃっていました。
PATAさんとのコラボ作品「Poo pee people」のマキシシングルでは、unpluggedとしてリリースされています。

先日、長野県の「松本市美術館」まで、草間彌生さんの作品展を観に行ってきました。
草間彌生さんは長野県の松本市出身の現代アート芸術家
上杉さんは「猫騙」のLIVEのMCで、草間彌生さんの「マンハッタン自殺未遂常習犯の歌」
を歌われていたりと、リスペクトされているというのもあって
ずっと気になっていました。
草間彌生さんは、現在、87歳なのですが、現役で絵を描かれているようで、
そんなパワーももの凄いものを感じて

自分もパワーを貰える気がします。
現代アートというと、若手の方には、他には奈良美智さんや村上隆さんなども有名です。

「松本市美術館」の方は2015年7月7日(火)~2016年10月10日(月)
まで展示されているようです。そのあと作品が入れ替わるのか詳しくは解らないのですが・
詳細はこちらのHPで・・

http://matsumoto-artmuse.jp/exhibition/permanent/4813/

d0335541_20584237.jpeg


こちらは、オブジェのみなのですが・・
新潟県の「松代駅」の前にあります。
この松代では、3年に1度「大地の芸術祭」という里山を歩いて、
芸術品を観て巡るイベントを開催していまして、
その一つのようです。
草間彌生さんのオブジェは、常に展示されていて、無料で見学することができます。
他の方の作品も一部展示されていて、歩いて見学する事ができて、
綺麗な空気を吸ってきました。

d0335541_20573820.jpeg


上杉さんは、音楽も沢山の音楽を聴かれていらっしゃいますが、
こういう芸術なども吸収して、素敵な作品が生み出されていくのだろうなあ・・と・・

個人的には、上杉さんはどんなものに影響を受けているのだろうとか、
そういうものを感じてみたい
という事もありますが、
音楽もそうですが・・・こういう芸術作品や昔のものだったり、
自分の感性を磨くのにも、鑑賞する事はいい事だなあと
思うので、博物館だったり、芸術など鑑賞するのも好きだったりします。
是非、興味のある方は観にいってみて下さい。

それから、「プレイボーイ」昨日、コンビニに寄ったら
完売していました。
沢山読んでくれて、あらたなFANが増えるといいなあ~

草間彌生さんの面白い
動画があったので、アップしておきます。
興味のある方はどうぞ・・・






[PR]
by sinasoba4 | 2016-06-01 06:04 | 上杉昇楽曲