ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたいのと、過去、現在を含め、HP主流の時代は、充実したHPがありましたが、ブログはないなと感じたので、自分で作ってしまえ~という想いで作りました。何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思ってくれたら、本望です。

「Prologue」al.ni.co

「Prologue」
al.ni.co

d0335541_19224269.jpg


1999年3月3日リリース「セイレン」
Prologue
作詞:上杉昇 作曲:上杉昇 編曲:柴崎浩

この曲は、al.ni.coの「セイレン」の一番最初の曲なのですが、こういうアルバムの曲順にも、WANDSの頃から、
上杉さんは拘っているんだろうなあというのが凄くよく解るんですが・・・
LIVE開演前のBGMもal.ni.co時代も、上杉さんが考えていたような気がします。
「神戸チキンジョージ」でのLIVEの開演前のBGMも、曲も曲順も上杉さんが拘って、作成されています。

al.ni.coのLIVEでもこの曲は、1曲目だったりするのですが、この曲のイントロと共に上杉さんが登場してくるのが印象的でした。

この曲に関してはこんな風におっしゃってました。

「Prologue」

上杉さん:オープニングだから、期待感をそそる曲にしたいなと思いました。詞は長生きしたいな、という(笑)
人間として、それがネガティブだったり自虐的だったり、それだけじゃ生きていけないっていう

柴崎さん:この曲に関してだけ、リスナーをつかまえようと思った。陽に陰をぶつけた新しいアプローチ


6月12日の「Black sunshine」のLIVEのMCで、年齢的な事もあるし、最初から、みたいな事をおっしゃっていたのですが、
al.ni.co時代の「Prologue」がふと浮かんできました。

そして、個人的には、上杉さんが、年齢を重ねていく事で、聴く音楽だったり、伝えたい事だったりに変化があって、
根本的なものは変わらないにしても、そんな、若い時とは違う、奥行だったり、味わい深さがでる作品や
こういう曲を歌いたいというのもあるんじゃないかなあと思っていて・・・
ずっと、ずっといくつになっても歌い続けて欲しいなあなんて(草間彌生さんみたいにいくつになっても

ずっと現役で)・・願っていますし、
そんな、歳を重ねていく上杉さんの作品も聴いてみたいなあと思います。
そして、ずっと、ずっと、応援し続けたいなあと思います。

(FANの勝手なお願いです。)

それにしても、Pojjoさんは、なかなかのんびりで(笑)
7月に猫騙の新曲リリース、8月に猫騙のアルバムリリースなどで、忙しいのかもしれないなあと思いますが・・・
上杉さんのソロLIVEも終わりましたし・・
なかなか、公式に猫騙のLIVEの発表されないので、
代わりに宣伝してしまいます(笑)
次のLIVEは、猫騙で8月13日(土)です。
場所はいよいよ東京の渋谷のtsutaya o-crest
お盆の時期なので、帰省される方も多いかとも思いますが・・
地方から、東京に帰省なんて方もいらっしゃるかと思いますので、
そんな方も是非・・前売り一般販売は、こちらで買えます。(e+)

http://eplus.jp/sys/T1U14P002192381P0050001



[PR]
by sinasoba4 | 2016-06-15 05:16 | 上杉昇楽曲