ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたいのと、過去、現在を含め、HP主流の時代は、充実したHPがありましたが、ブログはないなと感じたので、自分で作ってしまえ~という想いで作りました。何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思ってくれたら、本望です。

「時の扉」WANDS

「時の扉」
WANDS

d0335541_13563639.jpg
d0335541_13564605.jpg


1993年2月26日リリース「時の扉」(シングル)

1993年4月17日リリース「時の扉」(アルバム)
時の扉
作詞:上杉昇 作曲:大島康祐 編曲:赤石昌夫

「時の扉」この曲は、当時、有線などでも流れていましたし、歌番組などにも数多く出演したりされていたので、
まだ、生まれていなかった方は、別として、知らない人はあまりいないのではないかなあと思うぐらい、
認知度の高い曲じゃないのかなあと思うのですが・・・
当時、レンタル屋さんから借りて、自分で、好きな曲のBGMを作って車でかけながらドライブやウォークマンが流行していたかと思うのですが・・
自分が作成したものの中にも、しっかりと収録されていました。
個人的には、WANDSのことをよく知らないで、聴いていたので、WANDS=「時の扉」というより、
「時の扉」を歌っていたのがWANDSだったんだなあという感じだったりします。
歌詞の方は、時の扉叩いて~ここから今飛び出そう~~♪や
ふわふわと酔いしれて~~♪など、上杉さんの言葉の表現力は本当に凄いなあと思います。
上杉さんの作品は、歌詞もじっくりと詠んでみたくなる

んじゃないかなあと。

この頃、WANDSは、テレビの歌番組の出演も凄く多かったかと思うのですが・・・
上杉さんは、インタビューで
”自分達は決してテレビ向けのバンドじゃないなって感じちゃう。
テレビの中にいる人っていうのは、それなりにルックスとかもテレビ向けだなって思うし

俺達は、ただ純粋にいい曲作って、いい演奏できればいいと思う”
おっしゃっているのですが、その根っこのいい曲を作ってという部分は、きっと、今も全然変わっていなくて
現在は、WANDSという枠組み(コンセプト)から外れた環境の中で、
更なるいい曲を沢山作って歌ってらっしゃるので、是非、現在の上杉さんの曲を
聴いてみて欲しいなあと思います。

上杉さんは当時のラジオでは「時の扉」については、こんな風におっしゃっていました。

ベストヒット歌謡曲をお聴きのみなさん、こんにちは。WANDSの上杉昇です。
なんかね、人間って凄い弱い生き物で、人生において変動とか打撃とかそういうショックな
出来事があったりすると、どうしても思い出をいつまでも引きづってしまって、なかなかね、
ゼロからやり直そうって割り切れる勇気がもてなかったりすると思うんだけど、もういつまでも
時間という扉に閉じ込められていないで、明日へ行こうよみたいな歌があったら、凄い励みに
なるんじゃないかなあと思って、この、時の扉叩いて明日を一人歩こうっていう詞を作りました。
まあ、是非、落ち込んでる人は、この曲を聴いてもやもやをふっとばして下さい。
うん、まあ、とりあえず、そうだなあ・・・10年先に聴いても、20年先に聴いても
あちゃーってね・・思わないですむような今のWANDSのスタイルを形に残しておきたいなって
思ってます。・・・うん。やっぱり、俺らがね、一番課題にしていかなきゃいけないっていうのは
そこらへんにあると思うし、うん・・・まあ、そんな感じで、今でしかありえないよさって言うのを
どんどん、レコーディングにぶつけて・・・うん・・頑張っていこうと思ってます。




[PR]
by sinasoba4 | 2016-06-20 05:51 | 上杉昇楽曲