ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたいのと、過去、現在を含め、HP主流の時代は、充実したHPがありましたが、ブログはないなと感じたので、自分で作ってしまえ~という想いで作りました。何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思ってくれたら、本望です。

「世界が終るまでは・・・」WANDS

「世界が終るまでは・・・」
WANDS

d0335541_23432982.jpg


1994年6月8日リリース「世界が終るまでは・・・」
世界が終るまでは・・・
作詞:上杉昇 作曲:織田哲郎 編曲:葉山たけし

この曲は、上杉さんにとって音楽人生のターニングポイントとなった曲で、初めからそういう覚悟をもった曲という事で
とても深い意味のあった曲だったそうです。
2012年に行われたさいたまスーパーアリーナでのLIVE「Animero Summer」にて、織田哲郎さんの
ゲスト出演という事で歌われていました。
このLIVEでは本当に夢みているような感覚になって、自然と背中を押されるような、力をそそがれるような
なんとも言えない心地よい気持ちになったんだそうです。

LIVEの映像を見ると、声がよく伸びていて、そんな気持ちよさが伝わってくるのではないかなあ~~と思います。

ここ、最近思う事がありまして、WANDS時代の作品をここで紹介する事は
あまりよくないのかなあと・・・
WANDS時代の作品を聴いて貰いたいというよりは、
今の上杉さんの曲を一番に聴いて貰いたいという思いのきっかけとしてと思ったのです。
過去の曲と今の曲やWANDS後期の曲を比較すれば、

あきらかに曲の感じが違うので、
どうして、WANDSを脱退しなければならなかったのかという事が
解るのではないかなあと・・
そして、
今の上杉さんの曲は、
本当に素晴らしいという事が解るんじゃないかなあという思いだったのですが・・
逆にWANDSを再結成して欲しい、WANDS時代のような曲を
また、聴きたいという事に繋がってしまうのかなあと思うと、
今現在も、WANDSを払拭したいという、上杉さんの足枷や妨害になってしまって
よくないのかなあと・・そんな事を感じてしまい・・・
自分自身は「Pieace of my soul」を聴いて鳥肌がたってWANDSの時代にFANになったので
その頃の後期の曲で思い入れのある曲もありますが、たまに聴く事があっても、WANDSの頃に戻って欲しいとは
もちろん思った事もなくて・・・
今は、未来を突き進んでいって新たな素晴らしい音楽を作っていって
欲しいなあと、そして、そんな、今の音楽を聴きたいなあと思っております。
そして、沢山の人に、今の上杉さんの曲を聴いて欲しいという思いが強いので、
自分の本意とも、違う方向にいってしまっているのかなあ~~と
そんな事もありまして、
WANDSの曲の紹介の方は途中なのですが、ターニングポイントとなった
「世界が終るまで・・・」で、一旦凍結したいなあと思います。
今後は、上杉さんソロと「猫騙」の曲を紹介していこうと思います。

*上杉さんの雑誌のインタビューやネットの記事を読まれた方も多いかと思いますが、
決して、過去を否定しているという訳ではなく、過去は過去で、その時に精一杯のものを作られていたと
思いますし、過去に捉われる事なく
過去より、今の活動や音楽を聴いて

欲しいという意味です。


[PR]
by sinasoba4 | 2016-07-25 06:26 | 上杉昇楽曲