ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたいのと、過去、現在を含め、HP主流の時代は、充実したHPがありましたが、ブログはないなと感じたので、自分で作ってしまえ~という想いで作りました。何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思ってくれたら、本望です。

「I’m Here」猫騙

「I’m Here」
猫騙

d0335541_22063104.jpg


2016年8月3日リリース「Megalomania」
I’m Here
作詞:Show 作曲:JEDO 編曲:猫騙

アルバム「Megalomania」からの曲の紹介も最後になってしまいました。この「I'm Here」も「PROTOTYPE CD4」
ちょうど、8月13日(土)のLIVEまでに間に合いました。セットリストには、「Megalomania」のアルバムからの
曲が何曲歌われるかは、解らないですが・・・1曲目から4曲目までは、絶対じゃないかなあ~~なんて
勝手に思っております。
「Epic Fraud」はすでに聴いてますが・・・
個人的には、「The Bright Light」以外は、生で聴いた事がないので、どの曲でも楽しみです。

この曲もどちらかというと、曲はノリのいい曲ではないかなあ~~と思うのですが・・・
すでにリリースされている曲なので、歌詞の方は、今というより
少し前の心情かなあ~なんて思うのですが・・
「それだけのことさ」と「I'm Here」などを聴くと
神戸チキンジョージの時の上杉さんのMCの
”上杉昇”に興味が持てなくなって音楽をすべて絶ってみようと思って
音楽を聴かないようにしてみた。というのと
色々と聴いてみて、俺みたいなヴォ―カリストってあんまりいないんだよね。
で、やっぱ、歌わないとダメだなと思って・・という言葉を
思い出して、泣いてしまいそうになるのですが・・・
もちろん、歌声も素敵なのですが・・・
上杉さんみたいな心に響く歌詞を書けるアーティストって邦楽ではなかなかいないと思います。
ダメなんですよね。上杉さんじゃなきゃ・・
他のアーティストの歌詞では・・
心に入ってこないんですよね。

そんな、自分にとっては、
唯一無二のアーティストだから、歌い続けて欲しいなあ~~とそんな風に思います。

これで、「Megalomania」の曲の紹介が終りました。
個人的には、聴けば聴くほど、味のでてくる味わい深い良いアルバムだと
思うのですが・・・みなさんはどう感じましたでしょうか?

本日は、上杉さん、ラジオ出演になります。
どんな内容をお話ししてくれますでしょうか?
楽しみにしてる方も多いのではないかなあ~^
ラジオに関しての詳細は、昨日の記事にアップしましたので、
そちらにて・・・

話は変わりますが・・思う事があり、FANってなんだろうなあ~という事に
ついて考えてみました。
fanって調べてみるとfanatic「狂信者」の略。
この言葉から解る通り、盲信=fanなのだと思います。
だから、どんな内容であっても、

好きなアーティストの事を悪く言われて
嫌な思いをしない人なんていないと思います。

上杉さんは、会報などでも、fanが一番大切で、fanクラブ会員は運命共同体とおっしゃているのですが・・・
上杉さんの大切にするという意味と
fanが受け取る大切にするという意味に時々
思い違いがあるのかなあ~と思う事があるのですが・・・
個人的には、fanに対して誠実でありたいのだろうなあ~と
だから、時々、それは違うんじゃないかなあ~と言う事に対して
それは違うんだよという事もおっしゃって下さいますし・・・
違うと言う事を正直に言う事が、
誠実であるという事なのだと思います。
だから、時々キツイ言い方になってしまう時もあるかもしれませんけど、
一番大切にしているfanには、自分がやりたい音楽を
理解して欲しいのではないかなあ~と思いますし、
そのfanに理解してもらえない、理解しようとして貰えない事に
一番心を痛めているんじゃないかなあ~と思います。
上杉さんは、俺は裏切られる事に慣れているという事を
以前、おっしゃっていた事があるんですが・・・
慣れる事なんてないと思いますし、
その都度、きっと、深い傷を負われているんじゃないかなと思います。
それは、きっと、上杉さんの作詞にも表れているんじゃないかなあ~~と思います。
そういう思いをしているからこそ書けるリアリティのある歌詞なのではないかなと思います。
WANDS時代にも会報で誤解されているという事に対して
上杉さんと柴崎さんがお二人で、答えていらっしゃった事がありました。
その頃もfan、音楽に対して誠実でありたいとおっしゃっていました。
ファンクラブ限定でのTwitterに関しても、
この場所では誠実でありたいとおっしゃっていました。

アーティストのすべてを理解するというのは、人それぞれ考え方も違うので
何を誠実とするか何を大切にするかという事の価値観も違うと思いますので、
難しいかもしれませんが・・・
Twitter上での今聴いている曲の紹介の中には、一旦吸収して、生み出されるこれからの楽曲の
参考だったりするのもあるのだろうなあと思いますし・・
言葉の中でもどういう音楽をやりたいのかなあ~~
とかテーマだったりを話したりしていらっしゃいますし、
思想も歌詞や言葉でお話しして下さっているので、
少しでも理解しようと歩み寄っていきたいと思いますし、
WANDSを何故脱退したかというと、やはり、音楽に誠実でありたい、fanに対しても
自分のやりたい音楽を歌うという事で誠実でありたいんじゃないかなあ~と
思うので、上杉さんのいいと思える素晴らしい作品をこれからも作っていって欲しいなあ~と思いますし、
fanとしてもそのリリースされた楽曲を買って聴いて、生の歌声を聴きに行く
というシンプルな形でありたいなあ~~と思います。

LIVEが近いので、精神面も影響してくるんじゃないかなあ~~と
思うので、身体的にも精神的にも万全で気持ちよく歌って欲しいなあ~~と一人のファンとして思います。



[PR]
by sinasoba4 | 2016-08-12 07:36 | 上杉昇楽曲