ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたいのと、過去、現在を含め、HP主流の時代は、充実したHPがありましたが、ブログはないなと感じたので、自分で作ってしまえ~という想いで作りました。何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思ってくれたら、本望です。

「FLOWER」WANDS

「FLOWER」
WANDS

d0335541_22360360.jpg


1995年4月24日リリース 「PIECE OF MY SOUL」
「FLOWER」
作詞:上杉昇 作曲:柴崎浩 編曲:葉山たけし

WANDSの曲は、一旦凍結したのですが・・・この「PIECE OF MY SOUL」というアルバムは、自分が、”上杉昇”さんという
アーティストは凄いなあ~と思って、FANクラブに入ろうと思ったきっかけのアルバム。
このアルバムを聴いて本当に、鳥肌が立って、そんな思い入れのあるアルバムでもあるので、
WANDSの頃と言え、紹介しないで終わるのは寂しいなあ~~と思ったので、このアルバムの曲は、紹介させて頂きます(笑)
今の上杉さんの曲が一番だとは思いますし、この頃と、今は、またテーマにしている事が違うんだろうなあ~と
思うので、過去に戻って欲しいとかそういう事は思いませんが・・・
このアルバムは、きっと、WANDSの頃、やりたかった音楽に1歩近づけたアルバムだったんだろうなあ~~

なんとなく、このアルバムは今までの曲や歌詞もガラリと変わるので、明るいところからひんやりしたところに
移動したみたいな感覚のする歌謡曲というイメージから、ROCKを感じるアルバムで、音とか歌とかがカッコイイと思えるアルバム。

この冒頭部分の♪PUNK ROCKを聴いては~~MILKを飲む老婆~~♪という歌詞も、今までにないカッコ良さで・・・
上杉さん曰く当時は、リアルに自分を表現したい・・今回はメンタルな部分を出しているとおっしゃってたので、
この頃のメンタルな部分が、でているROCKなアルバムなんじゃないかなあ~と思います。
きっと、このアルバムは、デビュー当時からのWANDSの曲を好きだった人は、賛否両論あったんだろうなあ~~と思います。

実は、上杉さんの前に、好きな女性アーティストがいて、ホールのLIVEに友達の付き合いで行って、
そのパワーの凄さに感動して、FANクラブにも入っていたのですが・・・
そのアーティストの何が好きかと言ったら、パワフルな感じが好きだったのですが・・
ある時、今までの曲から、ガラリと変わってしまって・・・
静かな感じになってしまって・・・
それまでは、そのアーティストは、作曲や作詞はしていなくて、歌だけという感じだったのですが・・・
作曲と作詞もそのアーティストが手掛けるようになって、ガラリと変わりました。
今、考えると、きっと、そのアーティストは、本当はこういう曲をやりたかったんだろうなあ~と思えたりするのですが・・
その頃に自分が求めていた曲と違う感じになってしまって・・・結局、その後はそのアーティストの音楽を聴かなくなってしまいました。
だから、デビュー当時からのFANの方はこの「PIECE OF MY SOUL」
のアルバムがリリースされた時にあれ?・・・と思った方も多いのではないかなあ~と思ったりもするのですが・・
ただ、上杉さんの場合は、作詞も手掛けていて・・・作詞そのものが好きという方や歌声が好きという方も多いのではないかなあ~と思うので、
また、ちょっと感じ方が違うのかもしれませんが・・・



[PR]
by sinasoba4 | 2016-09-07 05:49 | 上杉昇楽曲