ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたいのと、過去、現在を含め、HP主流の時代は、充実したHPがありましたが、ブログはないなと感じたので、自分で作ってしまえ~という想いで作りました。何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思ってくれたら、本望です。

「Love&Hate」WANDS

「Love&Hate」
WANDS

d0335541_22360360.jpg


1995年4月24日リリース「PIECE OF MY SOUL」
「Love&Hate」
作詞:上杉昇 作曲:柴崎浩 編曲:葉山たけし

この「PIECE OF MY SOUL」のアルバムの作曲はほとんどが柴崎さんが手掛けていて・・・柴崎さんの作曲のセンスみたいなものは
本当、幅広くて、凄いなあ~~なんて思うのですが・・・al.ni.coの頃は編曲を手掛けていましたが・・・作曲のセンスがあるので
編曲もとてもセンスがよくて・・・沢山の素晴らしい曲ができてましたね。

作詞に関しては「PIECE OF MY SOUL」は、上杉さん曰く、人に触れられたくないくらいメンタルな部分をだしているという事で・・・
当時、自分自身に置き換えて色々な事を考えたりしました。
それまで、曲をBGM的にしか聴いてなかったというか・・あまり歌詞について深く考える事なく、聴いてたりしたのですが・・
このアルバムを聴いてから、自分の音楽に対しての向き合い方みたいなものが一変したような感じがします。
歌詞の♪誰も永遠に自分自身に出会えないから~当たり前なんだけど♪の部分などは・・・
上杉さんは、初期の頃に、作詞をする時に自分自身を見つめるとおっしゃっていたので、この曲も例外なく
自分自身を見つめて書かれたんだろうなあ~~と思うのですが・・・
なかなか、自分を知るというのは、客観的に見るというのができないとなかなか難しいのかなあ~~と思うのですが・・・
実社会でも、他人の事はよく気が付いて、他人の事は言うのですが、実は、言ってるその人も同じだったという事があるように、
自分の事が一番理解するのが難しいのかなあ~~なんて思ったりするんですが・・・
どうでしょうか・・・人のふり見て我がふりなおせという言葉もありますもんね。
そんな事をこの曲を聴いて考えたりしました。
上杉さんは誰よりも自分の事を常に常に見つめている方なんだろうなあ~と・・・思ったりするのです。

そして、このアルバムができた時に、上杉さんは”アルバム全体に夢とか希望とかを持たせるような前向きの曲は少ないけど、
ストイックな感じのするアルバムなのかもしれないけど、個人的には凄くストレスが溜まった時やむしゃくしゃ
した時とかに大音量でかけて一緒に喚き散らしたり、泣き叫んだりして聴いてほしいけど・・・”とおっしゃってました。

この曲は、日本語で訳すと、愛と憎しみという事で・・・つい最近Twitterで、
このテーマに上杉さんが触れていたなあ~~なんて思いました。



[PR]
by sinasoba4 | 2016-09-08 07:36 | 上杉昇楽曲