ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたいのと、過去、現在を含め、HP主流の時代は、充実したHPがありましたが、ブログはないなと感じたので、自分で作ってしまえ~という想いで作りました。何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思ってくれたら、本望です。

「Ball&Chain」Janis Japlin

「Ball&Chain」
Janis Japlin



この曲は、2015年5月3日に聴かれていた曲で、
”この曲を聴きながら、届かぬ情念の行く末を想う”
とおっしゃっていたのですが・・・
歌っているのは、「Janis Japlin」というブルースシンガーで、
WANDSの頃の歌の歌詞にも
でてくるので、名前を知っている方は多いんじゃないかなあ~と思うんですが・・・
27歳という若さで、亡くなられた方で、昔、この方のドキュメンタリー映画を
渋谷の小さな映画館に観に行った事があったのですが・・・
幸福な人生とは言えなかったのですが、でも、とっても繊細で、愛情深い方
だったという印象を持ちました。そんな彼女の歌声はまさに”魂の叫び”とも言える歌声で、
当時は、もちろん、現在も多くの人々の心に響いて
いるのではないかなあ~~と思います。

上杉さんは、Janis Japlinのアルバムは全部持ってるとおっしゃっていましたし、
WANDSの「Cloudy Sky」の歌詞の中でも彼女に問う歌詞があるので、
そんな彼女の歌声に癒されたりする事もあったのかなあ~~と思いました。

少し前に、ツイッターで”裏切り”ってなんだろう?というような会話があったのですが、
前にも上杉さんは、”俺は裏切られる事には慣れている”というような事をおっしゃってたんですが・・・
その時も、そうは言いつつも、裏切る事には慣れている人はいないんじゃないかなあ~~
そう思わざるをえないのかなあ~とかそんな色々な事を考えて・・
「もう自分しか愛せない」とか、「Same side」など
曲の歌詞を詠んでいても、自分なりの解釈でしかないのですが、
色々と読み取れたりします。

自分にとっての”裏切り”ってなんだろうなあ~~と考えてみました。
最近は、大人になって、色々と学んだり、成長してきたり、
年齢を重ねると、
直感的だったり、野生の勘みたいなものが働いて、
この人は深入りしない方がいいなあ~~とか自分と意見があわないかもなあ~~と思うと、
最初から、近づかなかったり信用しなかったり、できるだけ、
避けるようにしているので、プライベートでの人間関係での”裏切り”は、
あまり感じていませんが・・・
会社の人間関係は、自分では選ぶことができないので、
個人的には、本人のいない所で、批判や悪口を言っている人は、
”裏切り”かなあ~~と思います。
言いにくいかもしれないですし、
喧嘩みたいになってしまうかもしれませんが、
不満があったら本人に直接言うのが
一番じゃないかなあと思います。

何を”裏切り”とするかは、当事者の心の中にあると思いますし、
考え方は、人それぞれだとは思いますが、
個人的にはそんな風に思いました。

”類は友を呼ぶ”という言葉があるように
悪口や批判ばかりを言ってる人には
そういう人ばかりが集まるそうです。
確かに時々SNSで見かけますが、
そういう人の周りには、悪口に
同意する人が集まっているなあ~~と・・・
そういう人ばかりが周りにいたら、
バロメーターというか・・
自分を振り返る事ができるのかなあ~~なんてそんな事を思いました。
自分も気をつけたいなと思います。



[PR]
by sinasoba4 | 2016-09-28 07:12 | 再生中♪