ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたいのと、過去、現在を含め、HP主流の時代は、充実したHPがありましたが、ブログはないなと感じたので、自分で作ってしまえ~という想いで作りました。何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思ってくれたら、本望です。

2016年12月4日(日)「black sunshine 0(ZERO)」LIVE 上杉昇 レポ

2016年12月4日(日)
上杉昇 25th ANNIVERSARY LIVE
「black sunshine 0(ZERO)」

d0335541_20134337.jpg

d0335541_20135712.jpg


会場 神戸チキンジョージ
開場:17:00 開演:18:00

開演前に流れているSEは、上杉さん曰く、安らげない暗さの曲を集めたとの事で
いつもとは違うただならない空気が漂うような怖い感じの曲でした。
ホラー映画の曲などに使われているような怖くて、暗い感じの曲だったり、効果音のような音がはいっていて、
SWANS 「Sex,God,Sex」「Blackmail」など流れていました。
(個人的には普段暗い曲を聴いてるので、大丈夫な気がしました)


「浜辺の歌」Phewが流れる
演奏者と上杉さん登場

1Blind To My Heart(WANDS)

2:雨音(上杉昇)

3:Chains(Matt Erriott)

-MC-

上杉さん:今日は、年末の忙しい時期に俺の為にこんなに集まって頂いて、
嬉しく思っています。どうもありがとう。
まあ、色々、色んな事があった1年ですが、あんな事そんな事思いながら歌いたいなと、最後まで歌いきれるように
頑張りたいと思います。みんなよろしくお願いします。
BGMで怖い思いした人いたかな?どう怖かった?

オーディエンス:怖い

上杉さん:ほんと?
ちょっと、チビっちゃった?
ちょっと尿漏れ(笑)
OK。
まあ、尿漏れもすぐ乾くからね(笑)


4:Sleeping Fish(WANDS)

5:TANGO(上杉昇)

6:Player(al.ni.co)

7:Living For Myself(al.ni.co)

8:Life In A Glasshouse(Rediohead)

‐MC‐
上杉さん:もう多分、Twitterを見てくれてる人はもう知ってる人もいると思うんだけど
Twitter見てくれてる人どれぐらいいる?半数ぐらいかな?だいたい?
この上杉昇、今年、俳優デビューをしました(笑)
とは言ってもちょい役なんですけど、
なんでそういう経緯に至ったかと言うとですね、
オレ出身地が横須賀なんですが、横須賀は未だに大好きな街で思い返せば
いい思い出しかなく、自分の一番多感な時期になんていうのかなあ~成長させてくれた街でもあり
夢を抱いたのも横須賀だったし、横須賀の時代がなかったら、
今の自分は多分存在してないと思うし
人間もねえ、気さくっていうのとは違うんだけど、
純粋な人が多くて凄く今でも大好きな街なんですが、
その街、横須賀が全国のランキングにおいて横須賀離れをする人が
全国で一番になっているという事態で、
監督の方から横須賀出身者だけで映画ができないかという事を考えてるという
話をされまして、是非ともなんか出て頂きたいという事で、
ちょっと聞いてみたら、セリフもそんなに多くないというかワンシーンで
ちょい役なんで、しかも役柄がこれ言っちゃっていいかわからないんですけど、
新藤組って言うヤクザ組織の組長です(笑)
それでですね、40ちょっと過ぎの青年を捕まえてですね、
50歳の役です(笑)
そこに凄い拘った。
あっ・・でも、50歳ですよねって言ったら、
そこは気にしなくていいよ。なんて言われて(笑)
主役が、窪塚兄弟、次男の窪塚俊介くん、三男のルイ―ド君”マンジライン”というレゲエのバンドをやってる
窪塚兄弟とにらみ合うようなシーンもあったり、組長という事で、
あんまりまともに子供相手にあんまり本気になっても大人げないという、
微妙さ加減が難しかったんですけど、ワンシーンという事だったんですけど、
結構、セリフが多くて、俺、物覚えがダメなタイプなんで、
風呂場とかで自分のセリフを毎日毎日練習して・・・
それでようやく覚えていたんですが、本番行ったら、アドリブがはいったりして、
もう訳わかんなくなって
でも、とっくに終わってるんですけど、
風呂場に行くとそのセリフがでてくる。
役者って大変なんだなって事を身にしみました。
そんなこんなで引き受けた訳ですが、
基本的には上杉昇って言うのは、ボーカリストだし、
歌うたいなんで、歌をメインにこれからも頑張っていきたいな
と思っております。歌を歌う事においてプラスになるような事とか、
自分でなんかそういう直感が閃いたものには
挑戦していけたらいいなとは思っていますが、
基本的にはボーカリストで、猫騙があったり、ソロがあったりそれが今の
上杉昇だと思いますんで、今後ともよろしくお願い致します。
それでですね。スカブロって映画来年の春公開という事らしいので、
どの程度の映画館で上映されるかわからないんですけど、
機会があったら、上杉昇が組長やってるところ観て下さい(笑)
ちなみにこの恰好ででてます(組長スタイル)で、
次の曲なんですけど組長が歌うような曲じゃないんですけど
いってみたいと思います(笑)

9:sucide Solution(al.ni.co)

10:Tough Luck(al.ni.co)

11:OH ME(Meat puppets 上杉昇SPOILS収録)

12:晴れた終わり(al.ni.co)

‐MC‐

上杉さん:え~~本当に今日はみなさん、
お・・お忙しいところ集まってくれて
どうもありがとうございます。
なんだっけなあ~~
あっとりあえず、オープニングの恐怖感は取れましたか?

オーディエンス:とれた

上杉さん:とれた?

オーディエンス:ありがとう

上杉さん:助けにきてよかったです(笑)
来年、来年の話すると鬼が笑うって奴だよね。
今年のうちにね。
返事ぐらいしてくれていいじゃん(笑)
知らない?
このことわざっていうか・・・知ってる?

オーディエンス:知ってるよ

上杉さん:よかった。
知らないんだ。
君が代歌える?
君が代今学校で教えてないんでしょ?
教わってない人?
君が代。
あーそうなんだね。
君が代は千代の富士、ゆっくり回り込みって歌なんだけど・・・
そうなんだ~~え~~あははは~~

♪君が~~よは~~千代の富士ゆっくり~~回り込んで~~♪
庭のそこから~~千代のす~~く~まああ~~で♪(歌う)

(ココちょっと聞き取れなかったです(泣))

そういう歌だからちゃんと覚えて下さい。
日本国家なんでね・・・

なんの話しようと思ったか忘れちゃったじゃん。
そう来年ね、
今年は色々あって、ちょっと病との闘い的な事もあったりで、
歌えない時期もあって
なんか、声もね、でにくくなったりしたんだけどもね。
でも、徐々に回復してきて、
来年はですね・・
もう凄いですよ。
またこれが、中国でLIVEします。
チャイニーズデモクラシーが発売禁止の国で
LIVEします。
日本の文化を紹介するっていうイベントがあるらしく、
それにお招きいただいたんですが
日本の文化を紹介するべく、
ネイティブアメリカンの恰好をしてでます。
ソロの制作期間中でもあるんですが、
本当は25周年記念にだしたかったんですけど、
病気だったりなんだり、色々な事がかさなって
思うようにいかなかった部分もあるので、
別に26周年だろうが、27周年だろうが、
25周年記念でだしてもいいんじゃないかなと思って
いいよね。
だからちゃんとした、ミニアルバムとかじゃなくて、
ちゃんとフルでね。
聴いて貰えるような
いいアルバムを作れたらと思ってますんで、
待ってて下さい。
チャイニーズデモクラシーを中国でカバーしようかなと思ったんですが、
中国で発禁になってるんで
撃たれそうなんで、ちょっとやめとこうかなと思ってますけど、
猫騙と”世界が終るまでは・・”も歌って欲しいようなんで
日本の文化という事で、バスケットボールだったり、
ネイティブアメリカンの恰好だったり。。ちょっとくどくなってきたんで
次行きます(笑)


13:FROZEN WORLD(上杉昇)

(1回目、遠く~~かなたに~~♪ぐらいまで、
もう1回最初から、やりなおす)
なんかこの辺にチカチカするものが見えたんで(笑)と言ってました)

14:Blindman's Buff(al.ni.co)

15:新曲(タイトル未定)
*英詞の優しい日差しの中で聴くような、癒されるような感じ

‐MC‐

上杉さん:thank you!!
新曲を聴いて頂きました。まだ、リリックが完全じゃないんで
途中の段階なんですけど、そういう意味では、ある意味貴重かなという気がするんですけど
そういう訳で一回はける段取りになってるんで・・・
段取りなんで(笑)

一回はける
再登場

‐MC‐

上杉さん:ここででてくる段取りになってるんで(笑)
あのでてきました。すいません。
話したい事話したんで、
とりあえず、ここでまたBlind To My Heartをちょっとね
最初と若干違う感じでやる段取りになってるんですけど・・・
あははは~~
よろしいでしょうか?
ありがとうございます。優しくてほんとに、
涙がでてきます。
ええやんなその方がね、恰好つけないでね。
すいません。高田純次好きなんで(笑)

E1:Blind To My Heart(WANDS)

最後のBGMでは、Guns N' Rosesの
Madagascarが流れていました。
最後のBGMまで、ちゃんと考えられているのだなあと
思いました。
そんな選曲のセンスも素敵です。

*MCはできるだけ、忠実にしたつもりなのですが、
聴きとりづらかったり、メモ書きが違ってるかもなので
間違っていたらすみません。
だいたいこんな感じだと思います。

曲の方は、「Blind to my heart」は歌詞の
♪赤い花の方がまだいいから~♪の部分が
♪赤い花咲き乱れる日々♪に変わっていました。
「TANGO」の演奏がちょっとステップを踏みたくなるような
たったたた~~みたいな感じ(笑)

ボサノバ風のアレンジだそうです。
なんの曲だか忘れてしまったのですが、
動物の鳴き声のような音の演奏があったりと、
演奏の方も、クラッシックでは聴けない
ロックならではの演奏で、
それを聴くのも楽しかったです。
また、「Blindman's Buff」では、立って歌われていたのですが
モニターに足をかけて歌ったりしていたのですが、
al.ni.coの頃にも、足をかけて歌っていましたが、
久しぶりで、そんなパフォーマンスも
素敵でしたよ。。
最近のソロで立って歌うのは珍しいのではないかなと
思いました。
上杉さん曰く、時々、声が掠れてしまった部分が
3か所ぐらいあったそうで
おっしゃられていた通り、
でにくそうだなあと思う箇所もありましたが・・・・
それ以外は、声の調子がよかったようで、
上杉昇さんのボーカリストの実力を見せつけられたような
生の歌声はCDで聴いてるかと同じ、

いや、それ以上の
クオリティの高さと安定性でした。
時折、上杉さんの高い声のシャウト”あ~~~っ”て言うのが
もう、これがまた鳥肌ものです。
今回もal.ni.coの曲が多いのですが、
このal.ni.co時代にできた曲は、凄くクオリティが高くて
「PLAYER」以外は
上杉さん作曲がなのですが、
本当にいつ聴いても
何回聴いても良く、
上杉さんの作曲のセンスの良さも感じられます。
個人的に中国でも本当に「black sunshine」を
日本の文化として伝えて欲しいなあと思うのですが・・
上杉さんは、前に長く聴いて欲しいから、
作詞にあまり流行りの言葉などは、いれないように
しているとおっしゃってたんですが・・・
まさに上杉さんのリリックはそんな歌詞が多く、
曲も何年も何年も聴き続けられる色褪せない曲だなあと思います。
新曲は、小さな小川が流れるような場所に、
優しい暖かい日差しが差してるような、
癒し系の曲でした。
ソロの曲で言うと、
"FROZEN WORLD"の系統に近い感じなのかなあ~~
歌詞は英詞でした。上杉さんの作曲かなあ~~
初めて聴いていいなあ~と思いました。
早く音源化されないかなあ~~
きっと好きな人、多いんじゃないかなあ~~

今回のLIVEでは、映画出演の事だったり、
アルバムリリースの事だったりと、猫騙もそうですが、
25周年という事もあって、
来年は、上杉さんのソロの活動の方も多くなりそうなので、
嬉しくもあり、楽しみでもあります。
毎日、毎日、お風呂でセリフの練習をするという
上杉さんを想像したりもしますが・・・
音楽だけでなく、やると決めたら、
ストイックにやり遂げる上杉さんの姿が浮かんできて、
またまた尊敬してしまいました。
体調を崩されていたのだと思うのですが、
2014年、2015年と猫騙もソロも活動が少なかったので、
心配でもあり、寂しくもあったのですが・・・
久しぶりにソロ活動の最初の頃の事の活動があった頃を
思い出したりして、ちょっと泣きそうにもなってしまいました。
そして、この会場で25周年のデビュー記念日を上杉さんとともにお祝いする事ができた事を、
本当に、本当に嬉しく思いました。
参戦したFANにとっても素敵な夜になりましたが・・・
上杉さんにとっても素敵な夜になったそうで、
会場で、FANとアーティストが一体になったような25周年記念のLIVEになったんじゃないかな?
MCも沢山話して、笑いも多かったような気がします。
今回、泣く泣く参戦できなかった方も、
沢山の念を送り、その念が上杉さんにも届いたのではないかな?
と思っています。
とても声も伸びていて、調子よさそうでした。
来年の仙台のLIVEのチラシもさりげなく入っており、
今回、行かれなかった方は、是非、是非、
足を運んで、生でしか味わう事のできない
神がかり的な歌声を聴いてみて欲しいなあと思います。
このLIVEだけではなく、来年は、仙台皮切りにLIVEが行われるようで、
どこか行かれるLIVEがあったら
絶対、行って下さい(笑)
オススメします。
行かなかったら、後悔します。きっと(笑)
演奏の方もロックでしか味わう事のできない音で聴く事ができるので、
そんな言葉では伝える事のできない
素晴らしい演奏と上杉さんの歌声のコラボを是非、是非会場で・・・
なんで、こんなに薦めるかというと、上杉さんの歌声が素晴らしいのは
もちろんなんですけど
個人的にLIVEに行きたくても家の事情や仕事で行かれない時期が多く
今、やっと行ける環境になって、
無理したら行けたのかもと凄く後悔してるのです。
だから、できるだけ自分も行きたいし、上杉さんの生の歌声は本当に
素晴らしいし・・上杉さんの歌声をじっくり聴くには、猫騙の活動ももちろん
素敵なのですが、歌声をじっくり聴きたい方には、
ソロの方が断然いいと思うのです。
だから、行ける環境だけども迷ってる方には
是非、是非、行って欲しいと思います。
来年は、上杉さん、猫騙に、ソロにと
中国でのLIVEなどの活動などと活発になりそうなので、
大変な事だと思いますが、色々な事に惑わされる事なく、
上杉さんの歌いたい曲、音楽の為にプラスになるような
やりたい事だったりをやって欲しいなあと、
これから忙しくなりそうですが、体調の方にも気をつけて・・
日々そんな事を願いながら・・・・
FANとしては、上杉さんの基本に音楽があるのが解っているので
上杉さんのやりたいと思う事に
ただただ、ついていくだけです。

長々と語ってしまってすみませんでした。
ブログでは歌声までは伝えきれないので、
本当に、本当に、生の歌声を聴いてみて下さいね。


[PR]
by sinasoba4 | 2016-12-07 07:12 | LIVE