ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたいのと、過去、現在を含め、HP主流の時代は、充実したHPがありましたが、ブログはないなと感じたので、自分で作ってしまえ~という想いで作りました。何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思ってくれたら、本望です。

「棘と吹雪と」上杉昇

「棘と吹雪と」
上杉昇

d0335541_22141213.jpg


2017年6月17日リリース
「棘と吹雪と」
上杉昇

M1:棘と吹雪と
作詞・作曲/上杉昇 編曲/友森昭一・武藤祐生・真藤敬利

M2:アンダルシアに憧れて
作詞・作曲/真島昌利 編曲/友森昭一・武藤祐生・真藤敬利

M3:TANGO(Bossa Nova)
作詞・作曲/江戸アケミ 編曲/友森昭一・武藤祐生・真藤敬利

まだ、LIVE会場でですが、遂にリリースされました。
ジャケ写のアートワークは、上杉さん作です。
Twitterでも、インスタでも、色々なものを加工した
アートワークを見せて頂いたのですが・・・
ジャケ写にしたらカッコイイんじゃないかなあと
思う作品が、結構あって・・・
個人的には、Twitter時代に、
勝手にiTuensのアートワークにさせて頂いていたんですが、
遂に、上杉さんの作品がジャケットのアートワークになって
嬉しいです。

いいですね。
やっぱり・・・
こういう影のある色合いは、
草間彌生さんの初期の作品にもあるのですが、
何か絵を見た時に心の奥にある深い情念を

感じるようなそんな気がします。

このアートワークは、
「棘と吹雪と」だけではなく・・・
インナージャケットとして、
他の2曲にも上杉さん作のアートワークが使用されていて
アートワークがこれまた、2曲とも曲の雰囲気に

ぴったりな気がします。
まだ、手にされていない方もいらっしゃるので、
お楽しみという事で・・・・
アップはしませんが・・・

3枚ともカラーコピーをして、

小さな額縁に入れて

壁に飾っておこうかなあと

密かに考えております。


「棘と吹雪と」は
LIVEでは、福岡を合わせて3回ほど歌われているのですが・・・
1回目は、まだ歌詞が英語だったような気がします。
2回目、3回目は、日本語詞でしたが、ところどころしか聴き取りできなかったのと
2回目の時から歌詞が少し変わったような気も・・
完成形を改めて聴いて・・・
心に突き刺さる歌詞だと

思いました。
リリックの意味を色々な出来事と

重ね合わせて
泣いてしまいました。
自分は、人に弱い部分を見せたくないというか
見せられない方なのですが・・・
上杉さんの曲はそんな自分を

唯一解放できる場所だったりします。
この曲を聴いていると
そんな重ね合わせた気持ちが
聴いてるうちに
ほぐされていって、凄く救われるようなそんな気がしました。

この曲の最初の演奏部分は、シェンムーというゲーム

で流れていた二胡の演奏が気に入って

演奏している方を探して

吹いて貰ったそうです。

最初から凄くいい感じなので、

そちらも聴いてみて欲しいなあと思いました。


上杉さんの歌詞は、al.ni.coの頃だったと思うのですが・・・
月だったら、月と表現するのではなく、
まあるくて黄色いものという風な表現もされたりするという事を
おっしゃってたり、
わりと最近では、長く聴いて貰いたいから、
流行りの言葉を使わないようにするとおっしゃっていたりしたのですが・・・

リリックを書かれる時も色々と考えながら

作られているのだろうなあという事が

詠みとれます。
この曲にも、そんな表現があったりするのですが、
そんな表現は、聴き手側の想像を

掻き立てるものがあります。

個人的には、直接的な歌詞より、

大好きです。
そして、この曲には「夢」という歌詞がでてくるのですが・・
その夢についての歌詞が、
色々と自分なりに思う事があり、
胸にきゅんときます。
個人的には、美しくて、暖かい感じのする曲だなあという印象なのですが、
上杉さんの曲は耳に残る曲が多いのですが、
この曲も耳に残る曲なのじゃないかなあ~~
そして、やっぱり、上杉さんの創る曲は、理屈抜きで、
本当にいいです。
歌詞も歌声も曲も・・・凄く拘りをもって創ってて・・・
綺麗で、芸術的という言葉がよく似合う!!
とにかく、理屈抜きで、
声が好き、曲も好き、歌詞も好きです。


「アンダルシアに憧れて」
この曲は、カヴァー曲ですが、個人的には近藤真彦さんが
カヴァーしていたイメージが強いのですが、
真島昌利さんの曲だそうで、
確か、再生中でもこの方の曲を紹介されていたと思います。
歌詞は、マフィアの事を歌ったものだと思うのですが・・
なんか、こういう歌詞は、渋い男性が歌ってこそカッコイイというか
男性の強さを強調してるような感じで、
上杉さんは
繊細な方だなあと思ってますが、
女性的な繊細さというより、
男性的な繊細さで、凄く硬派なイメージがあるのですが・・
この歌には、そんな、内面の男性的なカッコ良さがでているような気がします。
ライブのMCでは、この曲は気合い入れないと歌えないとおっしゃってましたが・・
ライブでも、組長姿がまさにぴったりで、渋くカッコよく歌われていました。


「TANGO(Bossa Nova)」
この曲は、江戸アケミさんという方のカヴァー曲なのですが、
ソロの「L.O.G」には別ヴァージョンで収録されています。
アレンジでここまで変わるんだなあと思うので
是非、気になる方は聴き比べて欲しいと思うのですが・・
上杉さんのソロの曲は沢山あるのですが、
ソロのLIVEでは、ソロの曲より、al.ni.coやカヴァー曲も多いのですが・・
個人的には、オリジナル曲とかカヴァー曲とか、そんな事はどうでもよくて
上杉さんが歌うと上杉さんの歌になってしまうと思うのです。
そして、カヴァー、オリジナル問わず、選曲にも
今は、この曲など、拘られているのだろうなあと、そんな気がしています。
TANGOという曲は自分の中では、もはや、江戸アケミさんの原曲よりも
上杉さんの歌声の曲が、原曲と脳内記憶されておりますが・・・
このBossa Nova風のアレンジは、洗練された感じで、
おしゃれな感じがします。
江戸アケミさんが、30年ぐらい前に作られた曲ですが・・・
何年聴いても色褪せない曲と歌詞だなあと思います。

へっぽこですが、

自分なりのレビューを書いてみましたが、
このCDは、上杉さんの公式の通販でしか販売されないようです。
まだ、通販のリリース日は決定してないようですが・・・
手にされていない方も沢山いらっしゃるようですが
やっぱり、ええなあ~~と
思うので、心待ちにしている人は
本当に早く聴いて欲しいなあと思います。
通販のリリース発表は公式Twitterなのか
公式HPなのか、解らないですが・・・
まめにチェックしてみて下さい。
情報が入りましたら、ブログでも発表したいなと思います。




最近、周囲で、ネットの中傷の事が

話題になってるようですが、

先日、松本人志さんが出演している番組で、夏菜さんが、ネットの中傷の言葉がトラウマになった
というような事を番組で言っていて、それに対して松本人志さんが
「あんなもん何も耳を傾ける必要ない」とおっしゃってたのですが・・・
沢山の芸能人の方が中傷されて傷ついて心を痛めているのを聞きますが、
それをなんとも思わずに、
芸能人は中傷されるのが普通という考え方そのものが
すでに腐ってるなあって思ってますが、
松本人志さんのおっしゃる通りだなあと思いました。
上杉さんも、耳を傾ける事なく、
上杉さんの創りたい音楽をどうか作って欲しい
とFANとして、純粋に思います。

最近では、一般人も中傷されたりしているのを見かけますが・・
本名も顔も解らない人が
本名も顔も性格も解らない人の事を
中傷している人も、人間的資質を疑うのですが・・・
愚痴の多い人や無神経に悪口を言う人を見かけると
この人こういう人なんだなあと、
人間的にがっかりしてしまうので、
そんな本性が見えてしまう
SNSは本当、苦手だなあと思うのですが・・・
そういう方達に伝えてもそもそもの価値観が違うのかなと
思うので、心に届かないかもしれないですが・・・
心あたりのある方がいたら、
自分の人間的質を落としてるだけだという事に
早く気が付いて脱して欲しいとそんな思いです。


[PR]
by sinasoba4 | 2017-06-21 06:55 | 上杉昇楽曲