ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたいのと、過去、現在を含め、HP主流の時代は、充実したHPがありましたが、ブログはないなと感じたので、自分で作ってしまえ~という想いで作りました。何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思ってくれたら、本望です。

カテゴリ:上杉昇( 8 )

2006年12月6日リリース
「SPOILS」
上杉昇


d0335541_07432746.jpg

#1:IT'S SO EASY 
作詞:W.AXL ROSE 作曲:W.AXL ROSE 

#2:TOY$!
作詞:上杉 昇 作曲:上杉 昇

#3:YARD OF BLONDE GIRLS
作詞:Lori Kramer 作曲:Andrey Clark

#4:SAME SIDE
作詞:上杉 昇 作曲:上杉 昇・柴崎 浩

#5:CAR SEAT(GOD'S PRESENTS)
作詞:SHANNON HOON 作曲:SHANNON HOON 

#6:RAPE ME
作詞:Kurt Cobain 作曲:Kurt Cobain 編曲:D.I.E

#7:MY MY HEY HEY(OUT OF THE BLUE)
作詞:Nial Young 作曲:Nial Young 

#8:OH ME
作詞:Curt Kirkwood 作曲:Curt Kirkwood 

#9:世情
作詞:中島みゆき 作曲:中島みゆき

#10:寂しさは秋の色
作詞:上杉 昇 作曲:栗林 誠一郎

#11:PATIENCE
作詞:W.AXL ROSE 作曲:W.AXL ROSE 


ついにリリースされた上杉さんのカバーアルバムです。
ライブなどでもカバーしていた曲もあり、15周年という事で
上杉さんがいろいろとやってみたいという事の一つで、
カバーアルバムをだしたいと言っていました。



「IT'S SO EASY」と 「PATIENCE」はGUN'Sの曲です。

「TOY$!」は、上杉さんと柴崎さんのユニット「al.ni.co」のデビュー曲


「YARD OF BLONDE GIRLS」は、Jeff Buckleyの曲です。

「SAME SIDE」はWANDSの頃の曲で、曲は上杉さんと柴崎さんの共作
この曲がリリースされた頃のインタビューの上杉さんはほんととっても嬉しそう
で、こちらにも嬉しさが伝わってきて、FANとしても嬉しいですよね。

「CAR SEAT(GOD'S PRESENTS)」BLIND MELONのシャノンフーンの曲です。
上杉さんが影響を受けたヴォーカリストの一人
コーラスに女性ヴォーカリスト「YOYOさん」を起用していますが、これがまたいい感じです。

「RAPE ME」は、NIRVANAのカートコパーンの曲ですが、上杉さんが
影響を受けたアーティストの一人。この曲だけではなく、LIVEなどでもよく
NIRVANAの曲は歌われています。


「MY MY HEY HEY(OUT OF THE BLUE)」はニールヤングの曲で
LIVEでよくカバーされていました。

「OH ME」は、Meat Puppetsの曲ですが、カートコパーンもカバーして
いるようです。

「世情」は中島みゆきさんの曲。女性の曲を上杉さんが歌うと
こんな感じなんだなあと・・
上杉さんが歌うとまた上杉さん色に染まるので、いいなあと・・・


「寂しさは秋の色」はWANDSのデビュー曲。この曲は、抑揚があまりないので、
難しい曲なんだとか・・そんな難しい曲がデビュー曲だった事が、
上杉さんの歌唱力の凄さが伺えますよね。
WANDSの頃より更にパワーアップした上杉さんの
歌唱力の凄さが聴けます。

カバーのアルバムの曲を聴いていると、上杉さんが歌うと
こんな風になるんだなあというのと、上杉さんのものになっていて、
ほんと、カッコイイです。原曲と聴き比べてみるのも
いいんじゃないかなあ~~と思います。

「SPOILS」は配信では視聴、購入できるようです。こちらCDで
リリースされているんですが、在庫切れのようです。

http://www.wesugi.net/modules/discography/index.php?cat_id=4

https://itunes.apple.com/jp/album/spoils/id293803759

http://mora.jp/package/43000011/4538182027028/



[PR]
by sinasoba4 | 2015-12-29 07:14 | 上杉昇

2006年10月25日リリース
TOY$!「scrambled mix」

d0335541_07430878.jpg


#1:TOY$!「scrambled mix」
作詞:上杉 昇 作曲:上杉 昇 編曲:D.A.I

#2:Moist Vagina
作詞:Kurt Cobain 作曲:Kurt Cobain 

TOYS$はal.ni.coのデビュー曲ですが、アレンジは、D.A.Iさん。
al.ni.coの頃とは、また違った雰囲気で
ソロの「TOY$!」もカッコイイです。
アレンジでこんなに変わるんだなあと・・・

カップリングの曲は、NIRVANAの曲です。
上杉さんとカートは声質が似てるのかなあという気がしてますが・・
NIRVANAを聴いてても、上杉さんのNIRVANAカバー曲とだぶって
ぼ~~っとして気を抜いて聴いてると
どっちを聴いてるのかわからなくなる時も。

クイズを出されたら、当たる自信はない

です(笑)


上杉さんのサイトで視聴できる&PCだと
PVも観れますよ。

http://www.wesugi.net/modules/discography/index.php?cat_id=14

al.ni.co時代の「TOY$!」の記事はコチラ

http://wesugisan.exblog.jp/22242822/


[PR]
by sinasoba4 | 2015-12-26 07:14 | 上杉昇

2006年2月8日リリース
「Blackout in the Galaxy」
上杉昇

d0335541_00494436.jpg


#1:Blackout in the Galaxy
作詞:上杉 昇 作曲:上杉 昇 編曲:上杉 昇

#2:雨音
作詞:上杉 昇 作曲:上杉 昇 編曲:堀越 信康

#3:昼の月
作詞:上杉 昇 作曲:上杉 昇 編曲:堀越 信康

#4:poo pee people
作詞:上杉 昇 作曲:上杉 昇 編曲:PATA

#5:(New shit)Tough Luck
作詞:上杉 昇 作曲:上杉 昇 編曲:Ra:IN

#6:寂寥たる荒野に
作詞:上杉 昇 作曲:上杉 昇 編曲:堀越 信康

#7:Unkown
作詞:上杉 昇 作曲:上杉 昇 編曲:堀越 信康

#8:So What
作詞:上杉 昇 作曲:上杉 昇 編曲:堀越 信康

#9:Parade
作詞:上杉 昇・J.H.BRUCE 作曲:上杉 昇 編曲:堀越 信康

#10:飛んで散れ(remix)
作詞:上杉 昇 作曲:上杉 昇 編曲:PATA

「セイレン」から「L・O・G」と、そして、「Blackout in the Galaxy」
と、ずっと続いてると上杉さんは語ってました。

日本語詞が英詞になったり、ユニットでも、ソロでも、
バンドで、表現方法が変わったとしても、

上杉昇という1人のアーティストの
世界観はめちゃくちゃ好きです。
そして、上杉さんの作る音のセンスもほんとカッコイイんですよね。
このアルバムも、ほんと、かっこよくって、上杉さんの曲ほんと大好きだあ~~


「雨音」は、al.ni.coの時からの曲で、TOY$!のカップリング
曲なのですが、そこから更に進化を遂げて、
ステージ上でできあがった曲という事で、
このアルバムでは、ライブで演奏する感覚でレコーディング
できたそうです。
「Brackout in the Galaxy」の効果音は、近所の道路工事の
音をテレコを持って録りに行ったのだとか・・
「昼の月」は、シタールっぽくして欲しいとアレンジを
頼んだそうです。
「寂寥たる荒野に」は、WANDSの「SAME SIDE」と
同じ時期に作った曲だそうです。
「The Bright Light」は、2014年の
猫騙のプロトタイプ4でもアレンジを変えて
歌っていて、こちらもカッコイイです。


「Brackout in the Galaxy」は、
上杉さんのサイトで購入できるようです。

http://www.wesugi.net/modules/discography/index.php?cat_id=9


そして、「猫騙」のプロトタイプに関しては、コチラの記事で

http://wesugisan.exblog.jp/22185423/



[PR]
by sinasoba4 | 2015-12-23 08:07 | 上杉昇

2005年11月9日リリース
Poo Pee people
上杉昇

d0335541_23034739.jpg

#1:Poo Pee people
作詞:上杉 昇 作曲:上杉 昇 編曲:PATA

#2:THE GROUND'S NAME IS 零[unplugged]
作詞:上杉 昇 作曲:上杉 昇 編曲:堀越 信康

「Poo Pee people」は当時、同時多発テロ、イラク戦争、自爆テロに
対しての叫びの曲。
この問題は、この曲のリリースから、10年も
たっていますが、いまだに続いてますね。

そして、「飛んで散れ」に続く、
PATAさんとのコラボ曲第二弾で、
アップテンポで、カッコイイ曲です。
この曲のPVは動物園で収録されているのですが・・
FANの方がエキストラとして出演されてます。
PVは、上杉さんのHPで見れるようです。
カップリング曲は、「L・O・G」ALUBM収録曲ですが、少しアレンジが違います。

購入と視聴とPVを見れます

http://www.wesugi.net/modules/discography/index.php?cat_id=3




[PR]
by sinasoba4 | 2015-12-19 09:32 | 上杉昇

2005年8月3日リリース
「飛んで散れ」
上杉昇

d0335541_00100092.jpg


#1:飛んで散れ
作詞:上杉 昇 作曲:上杉 昇 編曲:PATA

#2:カナリア [RIPPED AWAY VERSION]
作詞:上杉 昇 作曲:上杉 昇 編曲:堀越 信康

元 X JAPANのPATAさんとのコラボの曲、「飛んで散れ」上杉さんは、PATAさんとやるということも
あって、曲と同調して外に対して自分はここにいるんだということを
声だけじゃなくて、言葉で叫んで
みたかったとの事。
この「飛んで散れ」もとてもキーの高い曲ですが、
al.ni.coの「カナリア」で、キーが高くてレコーディングが
大変そうでしたが、「飛んで散れ」はどうだったんだろうなあ?
会報でも、PATAさんとの対談があります。
上杉さんは、横須賀出身という事で、
同じ、横須賀出身のX JAPANのHIDEさんの七回忌イベントに上杉さんが
出演して、その時ぐらいから、繋がりをもたれたようです。

そして、カップリングの「カナリア」は陰と陽の法則ということで、
対極に来るのがカナリアだとのこと
al.ni.coの頃の曲ですが、元々のデモテープにあった「カナリア」が
再現されてるそうです。

「飛んで散れ」に関しては、雑誌のインタビュー記事もあります。

http://wesugisan.exblog.jp/22265391/

上杉さんのHPで視聴、購入できるようです。

http://www.wesugi.net/modules/discography/index.php?cat_id=5


[PR]
by sinasoba4 | 2015-12-16 07:06 | 上杉昇

2004年11月3日リリース
「L.O.G」 A LEAF ON THE GROUND
上杉昇


d0335541_00492964.jpg

#1:THE FOREBODING 
作詞:上杉 昇 作曲:上杉 昇 G:上杉 昇

#2:LORELEI
作詞:上杉 昇 作曲:上杉 昇 編曲:宮沢 昌宏・HELLO

#3:TANGO
作詞:江戸あけみ 作曲:江戸あけみ 編曲:堀越 信康

#4:THE GrOUND'S NAME IS 零
作詞:上杉 昇 作曲:上杉 昇 編曲:堀越 信康

#5:MY SWEET FUNNY EGGS
作詞:上杉 昇 作曲:上杉 昇 編曲:堀越 信康

#6:JELLYFISH
作詞:上杉 昇 作曲:上杉 昇 編曲:堀越 信康

#7:EPILOGUE
作詞:上杉 昇 作曲:上杉昇 編曲:堀越 信康


上杉さん、ソロのファーストミニアルバムです。

このアルバムの上杉さん本人の曲の解説

M1:THE FOREBODING

上杉さん:全て自分でやった曲。ドアタマのハウリングと音色は気に入ってる。
オープニング用に作った。

M2:LORELEI

上杉さん:オーソドックスで直球系の所謂”グランジロック”「リフのカッコ良さ」に拘りたかった。
ここまでストレートにこういう音ができたという事を嬉しく思う。

M3:TANGO

上杉さん:原曲(オリジナル)の良さを殺させないように、
自分なりの解釈で作ってみたかった。
この曲は歌詞もカッコイイので、なるべく歌詞の意味や情景が伝わるように歌った。

*オリジナルは1981年リリース、じゃがたらの1stアルバム「南米渡来」に収録

じゃがたら「南米渡来」
関しての記事はこちら

http://wesugisan.exblog.jp/22578456/


M4:THE GROUND’S NAME IS 零

上杉さん:自分自身が拘っている世界観や、表現したかった事に、一番近い曲。
ここからあらゆる方向へ発展させる事のできる音楽だと思っている。
現段階では、まだベーシックなものだと思う。

M5:MY SWEET FUNNY EGGS

上杉さん:前半打ち込み、後半ドラム。デジタルを飲み込む血と肉・・・
という感じにしたかった。
ギターリフが自分で考えた割にかっこいいフレーズなのではないかと

M6:JELLYFISH

上杉さん:俺の考える「オルタナティヴロック」の解りやすいカタチ。
ロックという固定観念から、はみ出したロック。

M7:EPILOGUE

上杉さん:アレンジ的にも歌に全てが掛かっている曲なので、すごく丁寧に歌った。


「L・O・G」に関しての上杉さんの雑誌記事は、コチラ・・・

http://wesugisan.exblog.jp/22261685/

http://wesugisan.exblog.jp/22072841/


CDはpojjoレコのonlineshopにて購入できます。

http://pojjo.shop-pro.jp/?pid=68202414

配信、視聴も上杉さんのHPでできるようで、こちらではPVも観れるようですが。
(モバイル対応にはなってないかもしれません)

http://www.wesugi.net/modules/discography/

http://www.wesugi.net/modules/discography/index.php?cat_id=10

[PR]
by sinasoba4 | 2015-12-13 07:32 | 上杉昇


「友よ」岡林信康さんの曲を、上杉さんが、イベントライヴ出演時にカバーされたようです。




上杉さんの歌声は心に響きます。


[PR]
by sinasoba4 | 2015-09-30 06:21 | 上杉昇


2013年5月22日リリース(配信のみ)

上杉昇 「FROZEN WORLD」

上杉さん自身が癒されたいと思って作った曲だそうです。


d0335541_22082526.jpeg


ソロとしては久しぶりのリリース





こちらで購入できます。

https://itunes.apple.com/jp/album/frozen-world-single/id642761913


[PR]
by sinasoba4 | 2015-09-22 12:41 | 上杉昇