ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたいのと、過去、現在を含め、HP主流の時代は、充実したHPがありましたが、ブログはないなと感じたので、自分で作ってしまえ~という想いで作りました。何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思ってくれたら、本望です。

<   2016年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧

「Virtual Insanity」
Jamiroquai

d0335541_20183783.jpg


上杉さんが、沖縄旅行の時に聴かれていた曲という事で、「海」がテーマで、
この「Virtual Insanity」を上杉さんが選曲されていたのですが・・
「何も考えない」という事を考えた結果、空っぽになるのはこの曲という事で
選曲したそうです。
聴いた事あると思う曲なんじゃないかなあと・・・

「Virtual Insanity」
Jamiroquai




[PR]
by sinasoba4 | 2016-01-31 07:51 | 上杉昇影響された曲、他


2016年3月5日(土)に「猫騙」がLIVEに出演されます。
「猫騙」のFANクラブに入会してる方は、
予約受付のメールが来てますので、
1月20日(日)までに予約申し込み受付
です。

一般発売の方も、本日、1月30日(土)
より始まりました。
詳細は猫騙の公式HPにて・・・

http://nekodamashi.net/

LIVE会場 下北沢ReG
こちらから、一般販売(eプラス)での
チケット購入できるようです。

http://www.reg-r2.com/?page_id=7368


[PR]
by sinasoba4 | 2016-01-30 23:17 | 最新情報

strobila Vol.22
2008 Summer

d0335541_23570345.jpg


会報22号は、「猫騙」のミニアルバム「WARP」について
猫騙のShowさんとして語っています。
このアルバムは、元々上杉さんは、「猫騙」という
バンドにはコンセプトがあるそうで・・・
そのコンセプトを形にできそうという事でアルバムをリリース
されたそうです。
そんな、アルバムの1曲、1曲解説されているのですが・・
上杉さんは、al.ni.coの頃も詞の部分で
悩まれていましたが、猫騙でも、ソロと差別化したいそうなのですが・・
作詞を15年やってて、上杉さんのスタイルが出来上がって
いる部分もあるという事で、悩んでいるのが伺えました。
作曲の部分では、上杉さんの作曲もありますが、
miya38さん、Billyさんなど、猫騙のメンバ―も作曲されてるのですが・・
”Billyの曲はずっとキーが高くて(笑)
最初から、最後までずっと高いっていうのがあって。
ちょっと、殺す気かよ、みたいな感じになって(笑)”
とはおっしゃっているものの、一人でやってるのと違う楽しさが
あるそうで、楽しそうにお話しされてました。
WARPの中の「Shame Shame」がBillyさんの作曲です。



キーが高い曲と言えば、
al.ni.coの頃の「カナリア」もかなりレコーディング
苦労されていたのが印象的なのですが・・
裸足になったり、だっちゅうのポーズ(笑)を
したりして、やっとでたかなあなんて、大変さを話されていました。
「Shame Shame」はどうだったんでしょうか・・

「WARP」の歌詞に関しては、日本語の方がいいなという部分も
あるそうですが・・・
曲が日本語だと合わないという事で、英詞にしたりする事もあったそうです。
スタイルも今までは、「自分はこうなんだ」という歌が多かったそうですが、
このアルバムでは、気持ち的に外に向かってるんだそうです。

ギタリストの涼祐さんが、活動休止という事で、
上杉さんが、涼祐さんの世界観に期待していただけに残念という事を
話されていました。

他には、「猫騙」のレコーディングの様子の写真もあって・・・
この頃のメンバー SHOWさん、miya38さん、涼祐さん、Billyさん、minzokuさん
5人のレコーディングの様子がアップされています。

そして、「NEKOVAVA UNDERCOVER」というLIVEイベントのレポも
あります。大阪と東京で行われましたが、両会場共、盛り上がって
いる様子で、上杉さん出演時は、やっぱり、満員電車状態
そして、上杉さんの羽飾りがパワーアップ
しています。

「WARP」に関してはコチラの記事に・・

http://wesugisan.exblog.jp/22189584/


[PR]
by sinasoba4 | 2016-01-30 08:12 | 上杉昇会報

「Angel Down」
Sebastan Bach

d0335541_23045438.jpg


上杉さんが10代の頃、ガンズと同じぐらい影響力を誇っていたバンド
スキッドロウのヴォーカルをされていた方。
上杉さんが、頭からつま先まで鳥肌が立ったPVは、
このスキッドロウのPVだったそうです。
このアルバムは、2011年に音楽で興奮していないなあと思って購入したら、
忘れていた感覚を蘇らせてくれたんだそうです。
このアルバムの収録曲は、ガンズのヴォーカルアクセルローズが
ゲストヴォーカルとして3曲歌っているのですが、
上杉さんが、10代の頃、影響を受けたバンドのヴォーカルが
ツインコーラスで歌っているってなんか凄いですね。
このアルバムから特に好きな曲という事で、
3曲紹介しているのですが・・・あと1曲
「St-ruck Inside」はYoutubeで、探せませんでした。

「Angel Down」
Sebastian Back


「Ne-gative Light」
Sebastian Back




[PR]
by sinasoba4 | 2016-01-29 07:00 | 上杉昇影響された曲、他

strobila Vol.21
2008 Spring

d0335541_18451911.jpg


会報21号は、「猫騙」結成から、猫騙のメンバーのSHOWさんとして、
会報のインタビューに答えてるのかなあという事が多かったのですが・・・
この会報では、「上杉昇」さんとしてお話しされています。

桜の中にたたずむ上杉さんの写真が数枚あるのですが・・・
その姿を見ていると、心の奥の感情を
動かされるような感じで
言葉では言い表す事のできない感覚になってしまう
印象的な写真
会報の上杉さんの写真は印象深い写真が多いのですが、
その中でも、この写真は、目を閉じると、
真っ先に浮かんでくる写真です。

そして、上杉さんのロングインタビューが
あるんですが、上杉さんソロの立場から、
客観的に見た「猫騙」を語られているのかなあと・・・

上杉さん曰く「猫騙」は、静か動かというと「動」の部分なんだそうですが、
まだこの時点では、化けきれていないと感じるところがあるそうで、
成長過程という風におっしゃっていました。
「猫騙」は、上杉さんの中で、バンド像や理想がはっきりしてるとも
おっしゃっていたのですが、このあとも勢力的に活動されているので、
現在は、理想にだいぶ近づいているのかなあ?
今も、まだ、まだ、進化し続けているバンドというイメージで、
ちょうど今年は、結成10周年で、
新しいギタリストも決まって、本格的始動するようで
今年の活動が楽しみです。

予測不能なバンドともおっしゃっていたので、
いい意味でこちらの予測をどんどん裏切っていって欲しいな(笑)
と思っています。

その他にも、プライベートの事などもお話しされています。

スペシャル対談で、NARASAKIさん、堀越さんとも対談もあるのですが・・・
ここでは、上杉さんソロとしてのやりたい事を中心に語られているのですが・・
ソロはソロで、ソロの視点から音楽の話をされてます。

NARASAKIさんとは、D.I.Eさんがきっかけで出会ったそうです。





[PR]
by sinasoba4 | 2016-01-28 07:20 | 上杉昇会報

「BLUNDERBUSS」
JACK WHITE

d0335541_19303781.jpg


このアルバムに収録されている「Freedom At 21」という曲を紹介されているんですが、
上杉さんは、普段はヴォーカリストの方にしか耳がいかないそうなのですが、
HRやHMを聴く時だけは、ギターにも耳が行くそうで・・・
上杉さんは、LOUDNESSのギタリストの高崎晃さんが好きなそうなのですが・・
偶然有線で耳にした曲のギタリストが高崎晃さんだと当てたそうです。
このJACK WHITEというギタリストも個性的なので、
瞬時に解るようになる気がしてるそうです。

「Freedom At 21」
JACK WHITE




[PR]
by sinasoba4 | 2016-01-27 06:57 | 上杉昇影響された曲、他

strobila Vol.20
2008 Winter

d0335541_16351374.jpg


会報20号は、「Ja-palooza07」のLIVEレポで、この頃から、「猫騙」の活動が
本格始動という形で・・・凄く勢力的で熱いLIVEのレポが・・・
レポからは「猫騙」のパワーを感じられるのですが、大阪、東京でのLIVE
なのですが、大阪は2Daysだったり、東京も何回かやってて、勢力的にLIVE
活動されてました。オーディエンスも楽しそうで、「猫騙」からFANになった方も
多いのかなあという印象を受けました。
回を重ねるごとに羽飾りとメイクと衣装の武装も進化して、かっこよくなってます。

2007年10月16日の「新宿LOFT」でのLIVEでは
「SPOILS」に収録されている「Car Seat」のコーラスを歌っている「葉」さんも出演
されたそうで・・

この「葉」さんが出演した時に、上杉さんが「珍しく惚れ込んだ女性ボーカルです」
と言って紹介したそうですが、上杉さんが惚れ込んだだけあって、「SPOILS」
に収録されている「Car Seat」をCDで聴くのもとってもいいのですが・・・
「葉」さんのコーラス生で聴いてみたかったなあと思います。

上杉さんは、今年(2016年)12月4日で、デビュー25周年という事で、
その事ばかり気になっていたんですが・・・
「猫騙」の方も、今年は、結成、10周年
2006年12月25日のLIVEで初登場なので、
その日で、いいのかなあ?
新しいギタリストも決まったようで、Pea(大槻隆)さん。
遂に本格始動のようです。

新メンバーが加わって
「Devil's Hooligan」
♪洒落た夢の続きがまた始まる♪
のでしょうね。
楽しみです。

「Pea」さんは猫騙のメンバーのminzokuさんの
お友達だそうで、ブログでも猫騙加入の報告をされています。

http://blog.maniacnet/

「猫騙」の活動の詳細は、公式HPにて、ご確認下さい。

http://nekodamashi.net/


[PR]
by sinasoba4 | 2016-01-26 07:20 | 上杉昇会報

遂に「猫騙」が始動するようです。
詳細は、「猫騙」公式HPにて・・・

http://nekodamashi.net/

Pojjoさんの公式のTwitterにも情報が
ツイートされてますので、
こちらの方もチェックしてみて下さい。


https://twitter.com/neko_pojjo

「猫騙」新しいギタリストの方は
リングネーム、
「Pea」(大槻隆)さん
ブログで報告されています。
とっても楽しみ。


http://blog.maniacstudio.net/


[PR]
by sinasoba4 | 2016-01-25 18:29 | 最新情報

「USE YOUR ILLUSION Ⅰ」
GUNS N' ROSES

d0335541_12440167.jpg


このアルバムの中の「Dont' Cry」は、LIVEで選曲されて、歌われた曲なのですが、
GUNS N' ROSESのヴォーカルのW.アクセルローズは、
上杉さんにとって、永遠のアイドル&ロックスターなんだそうです。
上杉さんが歌の道に進むきっかけにもなった、上杉さんの人生にも多大な影響を
与えたヴォーカリストでもあります。
このヴォーカリストに出会ってなかったら、上杉さんは、歌を歌っていなかったかも
しれないとも考える事もあるのですが・・・

個人的に考えている事ですが・・
人間は、それぞれ何か役割をもって生まれてくるんじゃないかなあと
思っているのですが・・・
上杉さんのように歌を歌ってる方は、その歌を聴いた人が、癒されたり、救いになったり
すると思うのですが・・・
そんな役割をもって生まれてきたのかなあと・・
そう考えると、W.アクセルローズとの出会いは、必然
だったのじゃないかなあと思ってます。

上杉さんの単独LIVEでも、カバー曲など、歌詞の内容が解らなくても
知らず知らずに上杉さんの曲を聴いて、涙がでてきてしまったりする事も
ありますし・・
「miya38 The World」など、
イベントLIVEなどは、他のBANDと比較すると
よく解るんですが、やはり、声量や声質もそうですが、
上杉さんの持つオーラは、全然違うという気がしてます。

また、きっと上杉さんがW.アクセルローズに出会って、
音楽の道に進んだように、上杉さんの歌を聴いて
「トムソー13世」のように音楽の道を目指す方もいるのかなあと
思うと、心から応援したいなあと思います。

「トムソー13世」現在も活動されてます。HPはコチラ

http://tomsawthe13th.com/site/

「DON'T CRY」
GUNS N' ROSES





[PR]
by sinasoba4 | 2016-01-25 07:01 | 上杉昇影響された曲、他

strobila Vol.19
2007 Summer

d0335541_15054562.jpg


会報19号は、上杉さんのバンドのメンバー「猫騙」のギタリストとの対談で、この時は
ギタリスト二人という事で、ツインギターなのですが、初期のギタリストは
脱退してしまい、次のギタリストが、このお二人。
「猫騙」は上杉さん、曰く、バンドの人数とかも特に決めていないようで、
まさしく予測不能なバンドで、どんな風になっていくのだろうと活動が楽しみなバンド。
2016年1月現在は、まだ、ギタリリストの方が決まってないようなので、
休止中のようですが、2015年の3月8日の「猫騙」のベーシストのmiya38さん(宮沢昌宏)のイベントミヤザワールドには、「猫騙」として出演されてたり、2014年10月には初の「猫騙」単独LIVEや「PROTOTYPE CD4」のリリースなどもされています。

現在は、ギタリストの方は、サポートという形ではいっているようです。
バンドの継続は、他のバンドでも、音楽性の違いなどで
メンバーが入れ替わったり、事情があって
脱退で解散したりしてしまうバンドも多いので、難しいんだろうなあと思いますが、
「猫騙」にとっていいギタリストが、見つかって、本格的始動が
できるといいなあと思います。
そして、これからの活動もどんな風になっていくのか楽しみだなあと思います。

そんな、二人のギタリストとの対談という事で、貴重な対談。
Billyさんと涼祐さんというギタリストで、Billyさんの方は、現在は、別のバンドで
活躍されてますが
上杉さんから見た、Billyさんの第一印象とか、Billyさんから見た、上杉さんの第一印象
などが語られていたり、バンドとしての方向性だったり、それぞれの想いも語られています。
そして、涼祐さんとの対談。Billyさんとはまた違った音の出し方をするギタリストで
上杉さんは、「猫騙」に必要な人材だと思ったそうです。
このツインギターは、二人のギタリストのそれぞれの良い部分、得意な部分を引き出す形
だったような感じだったのかなあと思います。

この頃の「猫騙」は「Ja-palooza」という上杉さん主催のLIVEイベントに
出演されていたのですが、他のバンドを観にきたFANもいらっしゃるので
「猫騙」に心奪われた方も多いのではないのかなあ?
と思います。
上杉さんのお話しから、LIVEで「猫騙」を聴いてというFANも増えているのかなあと
思えました。

そして、LIVEのレポもあるのですが、アマチュアの頃に上杉さんがバンド活動していた
横浜でのLIVEなどもあって・・「猫騙」の酋長スタイルも初期より、またまた
進化していて、スタイルだけではなく、LIVEの盛り上がり具合もレポを見る度に
進化しているバンドだなあと思います。
外見的な事ではなく、「猫騙」での
上杉さんの世界観だったりとか、内面的なものが、外見に通じてると
思っているので、そういうのが、ほんと、カッコイイなあと思います。

上杉さんは、WANDSでも、al.ni.coでも、猫騙でも、ソロでも
どんなスタイルでも一人のアーティストとして、
ヴォーカリストとして
やっぱり、いいなあと思います。




[PR]
by sinasoba4 | 2016-01-24 10:01 | 上杉昇会報