ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたいのと、過去、現在を含め、HP主流の時代は、充実したHPがありましたが、ブログはないなと感じたので、自分で作ってしまえ~という想いで作りました。何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思ってくれたら、本望です。

<   2016年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧

「コンコルド」
猫騙

d0335541_21552088.jpg


2010年8月25日リリース「miya38tributesongs」
コンコルド
作詞:宮沢昌宏 作曲:The fantastic design 編曲:猫騙

この曲は、病気で亡くなってしまった、猫騙のベーシストmiya38さんのバンド、”The fantastic design”の曲を猫騙がアレンジして
上杉さんが歌っています。このmiya38さんのバンドの方は、miya38さんが歌を歌っています。
この「miya38tributesongs」の売上金の一部は寄付という事で、購入すると一部が寄付されていました。
このマキシシングルの中の「隼」も収録されているのですが、
こちらは、PVになりました。

「隼」
猫騙


miya38さんの歌は、The fantastic designの「シケモクガイ」に
収録されています。

d0335541_06032920.jpg



[PR]
by sinasoba4 | 2016-06-30 06:10 | 上杉昇楽曲

「星のない空の下で」
WANDS

d0335541_13564605.jpg


1993年4月17日リリース「時の扉」
星のない空の下で
作詞:上杉昇 作曲:柴崎浩 編曲:WANDS

この曲は、柴崎さんの作曲の曲なのですが、柴崎さん曰くレコーディングは始まって、一番最初にやった曲だそうで、
8ビートのアメリカンロックで、自分でつくっておきながら、最初はあまり好きじゃなかったそうなのですが、
詞がついてアレンジしていくうちに一番好きになった曲だそう。
上杉さんは、WANDSとして、一番理想型の楽曲で、この曲に思い入れが一番はいっているとおっしゃっていました。
歌詞に関しては、親友が病気で亡くなられたそうで、その親友が何が一番喜ぶかって考えた時にそいつの事を忘れない事で
あって、曲に残しておけばいつまでも忘れないって思って書いたんだそうです。

その親友も今でも天国から暖かく見守ってくれていて、上杉さんの事を忘れていないんじゃないかなあと思います。


[PR]
by sinasoba4 | 2016-06-29 06:12 | 上杉昇楽曲

「Blindman's Buff」
al.ni.co

d0335541_19224269.jpg


1999年3月3日リリース「セイレン」
Blindman's Buff
作詞:上杉昇 作曲:上杉昇 編曲:柴崎浩

この曲は、凄く重くて、重厚な曲なのですが、al.ni.co結成当時に、上杉さんが、柴崎さんにデモテープを渡して、アレンジを頼むのに
”インドの葬式っぽくしておいて”など、イメージで頼んだりしていたようなのですが・・・
当時、FANの間では、とっても有名だったのですが・・・確か、これそうじゃないかなあと・・・

お二人はインタビューでは、この曲に関してはこんな風におっしゃってました。

「Blindman's Buff」

上杉さん:これも相当古い。ふたりでユニットとしてやりだして最初の方の曲ですね。

柴崎さん:これが出来た時は相当喜びましたね。コードがたった2コでも素晴らしいものが出来るんだって
上杉に教わりました。

この「セイレン」というアルバムに関して上杉さんは、インタビューで、

●まず、作り終えてみての手応えはどうですか?

上杉さん:もう10年・・・10年かかってやっと作れた作品です。
自分がロックキッズだった頃に、こういうアルバムを作れたらいいなあと思っていたんですよね。
自分にとってのパーフェクトなロックアルバムを作れたらいいなあと思い描いていた頃から10年たって、
やっと実現できた。もっとも近いモノがね

とおっしゃっていて、当時本当にこのアルバムの完成後は、嬉しそうで、
会報の写真も穏やかで、優しい笑顔の写真がありました。
そんな風にして、作られた作品は、今聴いても、全く色褪せる事なく、本当に、素晴らしい曲ばかりだなあと・・・
現在も、「猫騙」やソロで素晴らしい作品を作り続けていらっしゃいます。
新曲とアルバムのリリースが発表になっています。

7月6日は、「猫騙」新曲「EPIC FRAUD」がリリースされます。
曲の方は、キャッチ―な感じのテンポのよいメロディで

♪EPIC FRAUD~EPIC FRAUD~OH WOW OH WOW~♪
みたいな感じだったと思います。

木枯らしの中〜♪っていうのが歌詞に

あったような気もしています。

8月3日にリリースされる「Megalomania」のジャケットは、象形文字のようなものが使われていて
どちらかというと、エスニックのような感じですが、
「EPIC FRAUD」は、近代的な感じですね。上杉さんがちらっとTwitterにて新曲のテーマを
お話しされていたのですが、テーマに沿っているのかなあ~と思いました。

空が使われているジャケットというと

「飛んで散れ」を思い出します。
配信、リリースが楽しみです。

d0335541_18495601.jpg
d0335541_20365914.jpg


[PR]
by sinasoba4 | 2016-06-28 06:02 | 上杉昇楽曲

2016年7月6日先行配信リリース「EPIC FRAUD」
神戸チキンジョージのLIVEにて、初披露された猫騙の
新曲が先行配信されます。

d0335541_18495601.jpg



配信のみだそうなので、itunestore及び、レコチョクなどで・・・

2016年7月6日リリース
上杉昇ライブアルバム「black sunshine」(現在予約受付中)
こちらはCDになります。
amazonだと一日早く受け取れるようです。

d0335541_07100922.jpg
2016年8月3日リリース
猫騙のアルバム「Megalomania」(予約受付中)
amazonだと一日早く受け取れるようです。
d0335541_20365914.jpg
2016年8月13日(土)
渋谷TUTAYA O-Crest猫騙ワンマンLIVE
「andarerrane2016」
一般販売もe+などで受付中です。
詳細は、pojjoさんのtwitterにて・・

https://twitter.com/neko_pojjo




[PR]
by sinasoba4 | 2016-06-27 19:02 | 最新情報

「Bongo-Bango」
猫騙

d0335541_06145701.jpg


2012年9月12日リリース「知恵の輪と殺意」
Bongo-Bango
作詞:SHOW 作曲:Billy 編曲:猫騙

この曲の作曲は、当時の猫騙のギタリストのBillyさんの曲なのですが、ちょっと面白い感じの曲で、
この「知恵の輪と殺意」のアルバムは、一般販売用のジャケットの写真が裏に鉄線のようなものがあったり
表面は、ナイフがあったりして、一瞬、どんな曲が収録されているのだろうなあ~~重い重厚な曲かなあと、
ジャケットだけ見ると、そんな風に思えたりもするのですが・・・
当時のメンバーが作曲した曲が1曲は収録されていて、
全体的に、ノリの良い、テンポのよい曲で、クオリティーも
凄く高いアルバムで、何回聴いても、いつ聴いても飽きる事のないアルバムだなあと思います。

そんな中の1曲なのですが・・・この曲は、英語でも、日本語でもない言語が使われているのですが、
スペイン語とも言われているようですが・・
上杉さん独自の言語という話も・・・

昔、上杉さんが、メロディで表現したい事ができてしまうと、
歌詞が難しいとおっしゃってたので、
そんな感じなのかなあ~Billさんの作曲ではあるのですが・・・
リスナーが曲の雰囲気から、想像するというような感じなのかなあ~
リスナーも聴く時の気分に寄って受け止め方も変わりそうな曲ですね。
みなさんは、どんな風に聴こえますでしょうか?

Bongo-Bango
猫騙



[PR]
by sinasoba4 | 2016-06-27 06:12 | 上杉昇楽曲

「Keep My Rock'n Road」
WANDS

d0335541_13564605.jpg


1993年4月17日リリース「時の扉」
Keep My Rock'n Road
作詞:上杉昇 作曲:上杉昇 編曲:葉山たけし

この曲は、上杉さん初の作曲の曲で、上杉さん曰く、これはタイトルの通りのイメージで、今までのWANDSとはまた違った世界が
聴けるんではないかと、割とカントリーっぽい、土臭いとおっしゃってました。
歌詞のテーマはこの頃の今現在のWANDSを歌っているそうで、ノリでわーっとレコーディングしたそうです。
柴崎さんもコーラスで参加してるそうです。
最初は、アコースティック1本で、その場のノリで作ったそうなのですが、気がついたら、ドラムがはいっていたそうです。


[PR]
by sinasoba4 | 2016-06-26 07:27 | 上杉昇楽曲

「Poo Pee People」
上杉昇

d0335541_08042213.jpg


2005年11月9日リリース「Poo Pee People」
Poo Pee People
作詞:上杉昇 作曲:上杉昇 編曲:PATA

この曲は、PATAさん(X JAPANの方)とのコラボの曲、第二弾で、この曲もとてもテンポのよくてノリのいい
曲です。第一弾は、「飛んで散れ」でした。2曲ともテンポがよくてノリのいい曲だなあと思います。
このお二人の出会いのきっかけは、向山テツさんの"TETSU NIGHT"というイベントだそうです。
PATAさんの方は、”WANDS”"al.ni.co"(al.ni.coの頃はレコード会社がPATAさんと一緒だったそう)で上杉さんの事は知っていたそうですが
話したり、歌番組などで一緒になったりはなかったそうですが、
会報で対談をされてました。
上杉さんの印象は、向山テツさんなどからは、”無口”と言われていたそうです。


「Poo Pee Peaple」のテーマは、同時多発テロ、イラク戦争などの尋常ではない現状の不安に対する叫び
というような事をおっしゃってました。
この曲は、PVのテーマが「人間動物園」という事で、PVの方も当時かなりの反響があったそうで
面白いPVになっています。

PVは上杉さんの公式HPで観る事ができます。

スマホに対応は、してなさそうなので、

スマホからは無理かもしれません。

http://www.wesugi.net/modules/discography/index.php?cat_id=3



[PR]
by sinasoba4 | 2016-06-25 08:39 | 上杉昇楽曲

「BLACK BUTTERFLY」
猫騙

d0335541_17193350.jpg
d0335541_06281243.jpg



2008年6月18日リリース 「WARP」
BLACK BUTTERFLY
作詞:SHOW 作曲:SHOW 編曲:猫騙

このBLACK BUTTERFLYは、「WARP」にも収録されているのですが、「知恵の輪と殺意」のLIVE会場限定版のBONUS TRACKとしても
収録されています。

この曲は、はじめてMacで打ち込んで作ったんだそうですが、インターフェンスを認識してくれなくて、どうしようもない状態で
作ったそうで・・デモの段階では、しょぼかったそうなんですが・・・・al.ni.coの時の曲「雨音」のようにライブをやりながらどんどん進化して
いって良くなっていけばいいなあと思ってる曲とおっしゃってましたが・・・この時点でも十分素敵だなあと思いますが・・・

「猫騙」は、今現在の上杉さんの活動の中で、一番活動が活発で、何度も書いてますが、告知された情報だけでも、8月3日にはアルバム「Megalomania」
8月13日には、渋谷での「猫騙」ワンマンLIVEが決定しております。「Megalomania」のアルバムのジャケットの下の方にある文字も
象形文字のような文字が使われてて・・
どんな曲で、どんな歌なのだろうと、とっても楽しみです。
収録されている曲名をTwitterにて、上杉さんが、
テーマや歌い方についても、ちょこちょこおっしゃってます。
7月に新曲が配信されるらしいのですが、
詳細の告知はまだです。

d0335541_20365914.jpg






[PR]
by sinasoba4 | 2016-06-24 05:50 | 上杉昇楽曲

「このまま君だけを奪い去りたい」
WANDS

d0335541_13564605.jpg



1993年4月17日リリース「時の扉」
このまま君だけを奪い去りたい
作詞:上杉昇 作曲:織田哲郎 編曲:葉山たけし

この曲は、DEENも歌っている曲で、DEENバージョンで聴いた事がある方も多いのでは
ないかなあと思うのですが・・・
作曲は、織田哲郎さんです。2012年8月26日に埼玉スーパーアリーナ
で開催されたイベントで、一緒に織田哲郎さんとステージに立っています。
ステージに一緒に立つのはこの時が初めてなんだとか・・・
会報でも2011年の秋頃に織田哲郎さんと対談されていました。

そして、この曲の歌詞は、片思いの気分で書いたとおっしゃってました。
歌詞の”懐かしいブルーの雨傘”
傘の色もブルーという色も心の中の気持ちを表現して
いるようで、懐かしくて、きゅんとするような感覚。
上杉さんの作詞は、歌詞を詠みたくなります。



[PR]
by sinasoba4 | 2016-06-23 07:11 | 上杉昇楽曲

「Providence of nature」
al.ni.co

d0335541_05132167.jpg


1998年11月11日リリース「晴れた終わり」
作詞:上杉昇 作曲:上杉昇 編曲:鈴木ミチアキ

al.ni.coでの作品作りは、上杉さんが曲を作って、編曲を柴崎さんが担当するというスタイルの曲が多いのですが、この曲だけは、al.ni.co結成前の
上杉さんのソロプロジェクトの時にできていたようで、鈴木ミチアキさんの編曲の曲です。al.ni.coのLIVEは、発散型の
LIVEで、どちらかというと聴き込みたい曲が多い印象ですが、この曲は、テンポが良くてノリの良い発散したくなる曲

雑誌のインタビューでは、こんな風におっしゃってました。

●では、「Providence of nature」について

上杉さん:これはちょっと変則的な作り方をした曲なんです。実はal.ni.coを結成する前、
俺が一人だった時に録音したもの

●それを録り直した?

上杉さん:歌もベースもドラムもその時のままで、ギターだけ改めて柴崎に弾き直してもらったという

柴崎さん:だから、この曲に関してはゲスト参加という感じ「TOY$!」でal.ni.coのことを気に入って
くれた人は好きになってくれると思う

●「Providence of nature」に関しては?

上杉さん:これはal.ni.co以前からあった曲で、僕のソロ・プロジェクトをやろうと思っていたころに
作って出来上がっていた曲なんです。それで永久にお蔵入りさせるのももったいないなと思っていて
柴崎にお願いして上からギターを弾き直してもらってるんです。今出しておかないと曲も古くなると
思ったから

●ずっとバンドのテンションが高いカッコいい曲ですよね?

上杉さん:僕のキャリアの中で、そういう曲があまりなかったので、ちょっとやってみたかったんですけど。
はじけたものが欲しかったんです。

柴崎さん:他人の作品としてかっこいいと思えたから、入れたくなかったんですけど(笑)
勢いで一日でやって。自分で言うのも何ですけど、結構よくなってると思います(笑)





[PR]
by sinasoba4 | 2016-06-22 05:40 | 上杉昇楽曲