ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたいのと、過去、現在を含め、HP主流の時代は、充実したHPがありましたが、ブログはないなと感じたので、自分で作ってしまえ~という想いで作りました。何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思ってくれたら、本望です。

<   2016年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

本日、9月30日(金)タワーレコード渋谷店
B1F「CUTUP STUDIO」
「猫騙」インストアLIVE

d0335541_22063104.jpg

本日、19:00~スタートです。
集合時間は、開始30分前で1F階段前で、インストアLIVEですので、
ライブ入場券がないと入れません。
皆さま、ライブ入場券をお忘れなく。
「Megalomania」を購入した頃は、まだまだ、先だなあと思っておりましたが・・・
あっという間だったような気がします。

仕事帰りに行くので、集合時間にちょっと間に合わないかもなので、
今回は、あまり前の方に行けないかもしれませんが・・・
会社、ちょっとだけフライングできればフライングします(笑)
参戦されるみなさん、盛り上がっていきましょ~~!!

「タワーレコード渋谷店」
18時30分に1F階段前に集合です。

d0335541_06451508.jpg

詳細はこちらのタワーレコード渋谷店のHPで

http://tower.jp/store/event/2016/09/003012

カクテルの3種類 「猫騙」「Megalomania」「The naked dumb main thief」
どんな味なのか・・・とても楽しみです。


[PR]
by sinasoba4 | 2016-09-30 06:15 | 最新情報

「Chandelier」
Sia

d0335541_05364440.jpg





この曲は、2016年1月頃に聴かれていた曲なのですが・・・曲というより、このMVの踊りに惹かれたようで、
”この娘が本人なら、最高、最強なんだけどな。別人なんだよね”とおっしゃってました。
個人的には、なんか、ちょっと人形のような動きの踊りが一見不気味なようにも感じましたが・・
逆に無表情に人形のような踊りだったりが、

シュールな感じで、
アートな作品だなあとも思います。
上杉さんも、草間彌生さんなど、音楽以外の芸術にも
アンテナを張り巡らせてる感じがするので、
そんなアートな部分にも惹かれる
んだろうなあ~と思いました。

実際のこの歌のボーカリストはどんな方なのかなあ~と
「sia」という方の事を調べてみたら、1975年生まれの
オーストラリア出身のシンガーソングライターで、病気などもされたようで、
ここ最近は、顔を一切ださない音楽活動をされてるようです。
この、MVで踊っているのは、10代の天才ダンサーの
「マディ・ジーグラー」という女の子で
マディのダンスだけで「シャンデリア」という曲を
表現されてますが、「Sia」は、このビデオの中では
”顔を見せたくない”という事で壁に向かって歌っているのだそう。
色々と、調べてみると、紙袋を被っている写真だったり、うつ伏せになってる写真だったり
顔の部分を帽子で隠していたり、ライブ撮影などでも
”顔を見せない”という条件下での撮影だそうです。

現在は、顔を出さない音楽活動を

されてるみたいです。

検索していたら、「ALIVE」という曲では、

日本人の空手の少女を使ったMVや
土屋太鳳さんが踊っているMVもあって
こちらもシュールでアートな作品になっているので、
興味のある方は探してみて下さいね。


[PR]
by sinasoba4 | 2016-09-29 06:31 | 再生中♪

「Ball&Chain」
Janis Japlin



この曲は、2015年5月3日に聴かれていた曲で、
”この曲を聴きながら、届かぬ情念の行く末を想う”
とおっしゃっていたのですが・・・
歌っているのは、「Janis Japlin」というブルースシンガーで、
WANDSの頃の歌の歌詞にも
でてくるので、名前を知っている方は多いんじゃないかなあ~と思うんですが・・・
27歳という若さで、亡くなられた方で、昔、この方のドキュメンタリー映画を
渋谷の小さな映画館に観に行った事があったのですが・・・
幸福な人生とは言えなかったのですが、でも、とっても繊細で、愛情深い方
だったという印象を持ちました。そんな彼女の歌声はまさに”魂の叫び”とも言える歌声で、
当時は、もちろん、現在も多くの人々の心に響いて
いるのではないかなあ~~と思います。

上杉さんは、Janis Japlinのアルバムは全部持ってるとおっしゃっていましたし、
WANDSの「Cloudy Sky」の歌詞の中でも彼女に問う歌詞があるので、
そんな彼女の歌声に癒されたりする事もあったのかなあ~~と思いました。

少し前に、ツイッターで”裏切り”ってなんだろう?というような会話があったのですが、
前にも上杉さんは、”俺は裏切られる事には慣れている”というような事をおっしゃってたんですが・・・
その時も、そうは言いつつも、裏切る事には慣れている人はいないんじゃないかなあ~~
そう思わざるをえないのかなあ~とかそんな色々な事を考えて・・
「もう自分しか愛せない」とか、「Same side」など
曲の歌詞を詠んでいても、自分なりの解釈でしかないのですが、
色々と読み取れたりします。

自分にとっての”裏切り”ってなんだろうなあ~~と考えてみました。
最近は、大人になって、色々と学んだり、成長してきたり、
年齢を重ねると、
直感的だったり、野生の勘みたいなものが働いて、
この人は深入りしない方がいいなあ~~とか自分と意見があわないかもなあ~~と思うと、
最初から、近づかなかったり信用しなかったり、できるだけ、
避けるようにしているので、プライベートでの人間関係での”裏切り”は、
あまり感じていませんが・・・
会社の人間関係は、自分では選ぶことができないので、
個人的には、本人のいない所で、批判や悪口を言っている人は、
”裏切り”かなあ~~と思います。
言いにくいかもしれないですし、
喧嘩みたいになってしまうかもしれませんが、
不満があったら本人に直接言うのが
一番じゃないかなあと思います。

何を”裏切り”とするかは、当事者の心の中にあると思いますし、
考え方は、人それぞれだとは思いますが、
個人的にはそんな風に思いました。

”類は友を呼ぶ”という言葉があるように
悪口や批判ばかりを言ってる人には
そういう人ばかりが集まるそうです。
確かに時々SNSで見かけますが、
そういう人の周りには、悪口に
同意する人が集まっているなあ~~と・・・
そういう人ばかりが周りにいたら、
バロメーターというか・・
自分を振り返る事ができるのかなあ~~なんてそんな事を思いました。
自分も気をつけたいなと思います。



[PR]
by sinasoba4 | 2016-09-28 07:12 | 再生中♪

「Stan」
EMINEM feat.Dido



2015年8月18日に聴かれていた曲で、この曲は、”少しだけ涼しくなる”とおっしゃってたんですが・・・
夏に聴くといいかもなあ~と思う曲です。
結構、ラジオからも流れていたりするので、流行だったのかなあ~~
この曲、覚えやすいというのもあって、個人的には好みです。
自分の好みは、なんとなく、底抜けに明るい曲より、
少し、ひんやりとした曲で
まさに涼しいと感じるような曲かなあ~~と思います。

むか~~し上杉さんは、季節であんまり曲を聴かないとはおっしゃってたのを
思い出しましたが、2015年は、暑い夏だったもんなあ~~なんて思いました。

このDido(ダイド)さんという方は、イギリスロンドン市出身の歌手の方で
エミネムの曲の「Stan」と「Thank you」を
サンプリングに使い彼女を紹介するという形になったそうで、
PVにも共演しています。

いよいよ、9月30日(金)の「猫騙」のインストアライブも今週末になりました。
CDを購入した頃は、まだまだ先だなあと思っていましたが・・・
楽しみを待つ時間ってあっという間ですね。
メンバーが考えてくれたカクテルも3種類あって
どんな味がするんだろうなあ~~
アルコールの入っているのはもちろん・・・
ノンアルコールもあるようで・・・
とっても楽しみです。
会社帰りに行くので、ぎりぎりかなあ~~
もしかしたら、後ろの方になってしまいますが・・・

参戦する方、盛り上がって、楽しみましょ~~!!
猫騙のファンクラブ会員専用インスタグラムでは、
カクテルの3種がアップされてました。
昨日は、リハも行われたようで、
リハの様子の写真もアップされていましたので
猫騙ファンクラブ会員の方はインスタグラムもチェックです。



[PR]
by sinasoba4 | 2016-09-27 06:49 | 再生中♪

「ゲゲゲの鬼太郎」





2015年6月20日には、こんな曲を聴かれていましたけど・・・この頃、暑かったからかなあ~~
曲に関しては、”子供の頃はこれも主題歌も不気味で、若干怖く感じてたけれど、それがよかった”
”吉幾三さんも良いけど、やっぱコレでしょ。コレは今でも不気味に感じる”なんて事をおっしゃってました。

今年(2016年)の夏は、上杉さんがtwitterで「納涼大会」と称して、フォロワーさん(FANクラブ会員)が
恐怖体験を語るというので、盛り上がりました。
上杉さんの恐怖体験も少し聞く事ができたのですが、
そのお話しに木村さん(WANDS)が
でてきて、怖いけど、楽しいお話しが聞けました。
今年はLIVEも、夏前ぐらいから続けてありましたし・・
2016年の夏は、いい思い出ができた方も多かったのじゃないかなあ~~
Twitter、あんまり得意じゃなかったのですが・・・
こんな楽しみ方もあるんだなあ~~と・・
また来年もやって欲しいなあ~~個人的には、どうも鈍感な感じなので(笑)
恐怖体験ネタはないのですが・・・
友達は凄くて、背筋がぞっとするような話を
よく聞かせてくれたりしましたが・・・


[PR]
by sinasoba4 | 2016-09-26 06:28 | 再生中♪

「Just give me a reason」
P!nk ft Nate Ruess



上杉さんが、この曲を聴かれていたのは、2015年4月21日で、
”ハイトーン部分がエフェクティヴなのが気になるけど、
なかなかやるじゃん ネイトルイスと思った”とおっしゃってました。
この頃、ネイトルイスの曲を聴かれていたのかなあ~~と・・ネイトルイスと他のシンガーとの
コラボ作品という繋がりの曲が多い気かします。

このネイトルイスという人は、「Fun」というアメリカのインディーロックバンドの
ボーカルの人で、クイーンのフレディマーキュリーの再来として高く評価されてる方だそうです。
そして、P!nkという人は、
アメリカのシンガーソングライターでソロで活動されてる方のようです、そんな二人のコラボ作品。



[PR]
by sinasoba4 | 2016-09-25 07:06 | 再生中♪

「The wild one 」
Suzi Quatro



この曲は2015年7月27日に聴かれていた曲で、”名曲だね”とおっしゃってました。
個人的には、知らなかったのですが・・・調べてみたら、アメリカのロックミュージシャンで、女性ロッカーの先駆者だそうで・・・
活動は、上杉さんが、1972年生まれなので、上杉さんの生まれた年の翌年1973年ぐらいから、
2006年までの活動までは、解りましたが・・・
現在は、年齢が66歳という事で、活動されてるのかなあ~~今の活動は探せなかったです(泣)
2006年4月に放送された「アテンションプリーズ」というドラマで、上戸彩さんがアマチュアバンドという設定て
スージークワトロをリスペクトしていて「The wild one」をリスペクトされていて歌唱されるシーンがあったそうですが・・・
知っている人いるかな~~最近は、ドラマを見る習慣があまりないので、知らなかったのですが・・・
ドラマが大好きな人は知ってるかもしれないなあ~~
ドラマの主題歌になったり、使われていたりすると、流行ったりするので、ドラマの影響って凄いですよね。
WANDSのデビュー曲の「寂しさは秋の色」もホテルウーマンというドラマで起用されていたので、
それを聴いてFANになった方も多かったんじゃないかなあ~~
「寂しさは秋の色」は、ソロのカバーアルバム「SPOILS」でも
歌われているので、秋になると聴きたくなる方も多いんじゃないかなあ~~
なんて思います。
上杉さんの曲は、あまり季節に関係なく聴きたくなりますが・・・
この曲だけは、秋になると心の中を流れてる気がします。
寂しさは秋の色~~♪って寂しさを”秋の色”って比喩表現が
上杉さんって、ほんと凄いなと思うのです。


[PR]
by sinasoba4 | 2016-09-24 06:25 | 再生中♪

「青年は荒野をめざす」
Phew



この曲は、2015年4月19日頃で、”今日の気分”という事で聴かれていましたが・・・
ツイートしてくれる、この曲を今、聴いてるよ~~という音楽は、
上杉さんの気分によっても変わるのかなあ~~と思ったりしているのですが・・・

そんなツイートを見ていると、曲によっては何かあったのかなあ~~
なんて思ったりする事も多いのですが・・・
洋楽のメロディーでも、なんとなく、哀しい気分なのかなあ~~とか・・・そんな風に思ったり・・
邦楽は、歌詞が詠めてしまう分、同じような関連の曲がツイートされる時は、
何かあったんかなあ~~と考えてしまうのですが・・・
アーティストってやっぱり繊細な方が多いから、
一般の自分が気にならない事でも気にされたりする事もあるんだろうなあ・・
繊細だから、こういう作品に込められるものが凡人と違うという
印象を受けますし、人前にでる職業だから、それだけ辛辣な意見もありますし・・・
できれば、そういう事に惑わされずに、
上杉さんの作りたい作品に注いで欲しいなあ~~なんて思ったりもするのですが・・
FANとしても、アーティスト活動の妨げにならないように心掛けたいと思います。
余計な事に気を遣わせたり、惑わせたり・・・
Twitterなども、鍵付きの方の方が多かったりするので、どのくらいの方がリプライしてるのかなあ~~
なんていうのは解らなかったりするのですが・・・
相当な数のリブライが来てると思うのですが、
その一つ一つに目を通して、”いいね”をして下さって、
自分は、フォローしている数が、少ない方だと思うのですが・・・
それだけでも目を通すのが大変で、
見落としてしまったりパニックになっていて
(フォロワーさん、ごめんなさい。
リプライに対して、なんの反応もない時は、
見落としています(笑))
上杉さんは、200人強いらっしゃって、
更にお返事までくれたり、質問にも答えてくれてたり・・・
自分にとっての上杉さんは、本当に、雲の上の存在で、目を通してくれるだけで
嬉しいのに更に”いいね”までしてくれて、感謝です。
時々、考えてもみなかった、返事までくれると、もう、緊張で、心臓がバクバクしてしまって、
とっても嬉しいですけど、体には悪いです(笑)
上杉さんは、Twitterは考えてしまうので、
自分には向かないというような事を、前におっしゃってた事があるんですが、
人に対して、真面目な方なので、ツイッター特有の緩い繋がりとか軽い発言とかが
できないという事なんだろうなあ~~
昔は、上杉さんとTwitter上で会話ができるなんて思いもしなかったですし、
最近でも”ここ(twitter)を見てくれる人は別格だと思っている”
というような事をおっしゃってたのもありますし、
会報や掲示板で、上杉さんは、今、どんな事を考えてるとか、
どんな音楽を聴いてるかとか・・・
レコーディングや体調なども解らなかったりしたので、
そんな風な事も解るTwitterはありがたい環境で、
上杉さんと繋がりや近況が解る環境を大切にする為にも、
マナーやモラルを守っていく事だったり、
感謝の気持ちと敬愛する気持ちは、
常に持ち続けていきたいなあ~~と思います。

*Twitterの不具合か何かで、上杉さんのTwitter申請してても
閲覧ができない方が
多数いらっしゃったようなのですが・・・
閲覧できるようになったようで・・・
よかったです。


[PR]
by sinasoba4 | 2016-09-23 07:13 | 再生中♪

「Headlight」
EMINEM ft ネイトルイス

d0335541_10232562.jpg


このアルバムに収録の曲 「Headlight」という曲をEMINEMとネイトルイスが歌っているのですが、
この二人の組み合わせは
面白いという事を上杉さんは、おっしゃっていました。
この曲を紹介されていたのは、2015年の4月頃に
この組み合わせは面白い。”不良っぽい、ギャング的なイメージのエミネムと
真面目で優しいイメージのネイトルイス
音楽はそういうイメージの壁をも打開する”
という事をおっしゃってました。

この二人は、正反対とはいえ、何か一つ共通点があることに
よって、いい関係性が築けているのかなあ~~
現実の人間関係でも、正反対同士でも、お互い、その事を認め合っていると
お互いにないものを補いあっていい関係性が築けたりというのはあるんじゃないかなあ~~と
そんな事を思いました。



「Headlight」
EMINEM ft ネイトルイス



[PR]
by sinasoba4 | 2016-09-22 07:45 | 再生中♪

「Killing Time」(frat.Perry Farrell)
Shawarme

d0335541_22113326.jpg

上杉さんは、ここ最近、音楽を、凄く、聴かれていて、今、こんなのを聴いているよ~~
という音楽をツイートしてしてくれるんですが・・・
個人的には、上杉さんが、どんな音楽を聴いているのかなあ~~とか、
WANDSの頃のNIRVANAなど、上杉さんが聴いている、音楽を聴いたりするのも好きだったので、
現在も、ツイートしてくれる音楽を聴いたりしております。
Twitter上だけだと、過去ログから、探すのも大変になってきてしまったので、
まとめるという意味でも、過去の再生中♪の音楽から、このブログにあげて行こうかなあ~~なんて思います。
邦楽、洋楽、問わず聴かれているようですが、音楽を聴くのが好きな音楽FANは、
楽しいんじゃないかなあ~~と思いますし、
あまり、他の音楽は聴いてないなあ~~という方も
本当に、幅広く、沢山の音楽を聴かれているので、
そんな中からお気に入りも見つかったりするんじゃないかなあ~
なんて思いますし、お気に入りを探すのも楽しいんじゃないかなあ~~って思ったりもします。
ですが・・きっと、最終的には、上杉さんのFANの方は、
上杉さんの曲が1番いいという事は、変わらないのではないのかなあ~~なんて思ったりするんですが・・・

このアルバムは、Infected Mushroomというバンドのアルバムなのですが、
このアルバムに収録曲の「Killing Time」は、”Perrey Farell”も歌っているので
それもあって聴かれていたのだと思いますが・・
「Perrey Farell」と言えば、オルタナ界のカリスマとも言われてるアーティストで、
上杉さんのお気に入りのアーティストの1人で、
天からおりてくるようなハイトーン
そんな、感じの歌声なんですが・・・
前に、「Perrey Farell」はあまり低い声の曲を聴かないなあ、聴いてみたいなあと
と記事にした事があるのですが、この曲は比較的「Perry Farell」の歌声は、
低めなんじゃないかなあと思いました。
個人的にも昔、「Perry Farell」のCDは、沢山買ってお気に入りだったりしたので、
この曲も、気に入りました、


この曲は、「andar errante2016」の開演前に
上杉さんがセレクトしてくれた曲が流れていたのですが・・・
その中の1曲でもあって、この曲はすぐにPerryが歌っていた曲だと気が付きました。
詳しい曲と曲順は、LIVEの後にTwitterにて上杉さんがアップして
くれて、曲順にも拘って作成されてました。
自分もItunesに、プレイリストを作成して、聴いて
LIVE前のあのなんとも言えない緊張感を味わったりしてます。

LIVEは、基本的には、ソロ参戦が好きなのですが、
ソロだと、開演前に流れている曲をじっくり聴きながら、
上杉さんが一生懸命、選曲して作成してくれたんだなあ~~とか
この曲は、ツイッターで再生中♪の中にあって聴いた事ある気がするとか、
楽屋には上杉さんがいるんだなあ~~とか・・・
そんな色々な思いや開演前の緊張感と共に、音楽を聴きながら、開演を
待つというのも一つの楽しみになっております。
そんな事もソロ参戦の魅力なんじゃないかなあ~と思っております。

そんな事を考えていたら、このLIVEのPVを観たくなってきました。





[PR]
by sinasoba4 | 2016-09-21 07:05 | 再生中♪