ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたいのと、過去、現在を含め、HP主流の時代は、充実したHPがありましたが、ブログはないなと感じたので、自分で作ってしまえ~という想いで作りました。何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思ってくれたら、本望です。

1998始動

al.ni.co始動時のフリーペーパー


d0335541_20002510.jpg
d0335541_20004687.jpg

1998始動
上杉 昇(Vo)、柴崎 浩(G)、WANDSを正式脱退

上杉 昇と柴崎 浩はWANDSを正式に脱退しました。
今まで応援してくれた人、ありがとう
今後ふたりは新しい音楽活動をスタートさせます。
期待して待っていてください。


SHOW WESUGI

●WANDS時代の最大の転機は?

上杉さん:「世界が終わるまでは」を書く前は、アーティストとしての意識よりも
いちヴォーカリストとしての意識が強かったです。詞にしても自分の中にあるいろいろな感情
の片寄った部分だけを書いていたような気がします。

●「世界が終わるまでは」の後は?

上杉さん:あの曲の後、上杉昇という人間の考えていること、プラスもマイナスもすべて含んだ大げさに
言えば、人生観を歌いたくなった。で、そういう言葉にふさわしいメロディーが必要になって、
歌の作り方が大きく変わりました。

●そうした変化を代表する歌は?

上杉さん:「Same Side」です。だからこの歌を発表するときは、正直言って怖かった。
すべてを見せることで嫌われることも怖かったし、ひとつひとつの言葉をゆがんた形でとらえられることも
怖かった。でも発表した後、聴いてくれた人達から多くの反響があって嬉しかったです。

●どんな反響だったんですか?

上杉さん:それまで得られなかったようなズシリと重い反響。それに対して、もっといい歌を書こうと思った。

●いいキャッチボールがファンと始まったわけですね。

上杉さん:そうですね。僕はこの重くてやりがいのあるキャッチボールを続けたいと思ったんですが、
当時の音楽制作の環境とぼくの価値観が違っていた。
結果、WANDSを離れることになったんです。

●今、振り返って、WANDS時代の作品は?

上杉さん:どの作品もかわいい。特に「世界が終わるまでは」以降の歌は、自分の血を分けた子供
みたいですね。
「世界が終わるまでは」以前の歌は前に出たベスト・アルバムでけじめをつけたつもりだったんです。
ぼくにとってアーティストとは、言動も含め、すべてにおいて表現するものだと思っているので、
自分の意に反してあたかもぼくが表現しているかのように作品を発表されるのは本意ではありません。
今回のベストアルバムは選曲にも曲順にもぼくは参加していません。
これを読んでくれた人には、そのことを知っていてほしいと思います。

●今後は?

上杉さん:ただありのままの自分を表現したい。それがどういう作品になるか、ぼく自身楽しみです。

●柴崎さんについては?

上杉さん:柴崎が自由に表現した作品をバックアップしたい。彼も同じ気持ちでいてくれると思います。

●最後にファンの人達にメッセージを

上杉さん:今後の上杉 昇を信じて下さい。見ていて下さい。


HIROSHI SHIBASAKI

●WANDSをスタートした頃は?

柴崎さん:そんなに立派なことを考えていたわけではないです。
プロのギタリストとしてキャリアを積もうとしていた時に、バンドの一員となって
プレーが出来るのはいいなと思って始めました。

●活動を初めてからは?

柴崎さん:曲を書く楽しみも覚えたし、やっている音楽そのものに対してもっと追求したいと
思うようになりました。それから上杉とやることで、バンドとしてのヴィジョンを
はっきり持つことができました。自分を表現することと、プロとして活動することの
ジレンマはあったけれど、俺はそれをうまくブレンドできると思っていました。

●バンドとしての実感が出てきたということですか?

柴崎さん:そうです。でも、その頃、上杉が所属事務所を離れると聞きました。上杉は自分を
100%表現したかったんでしょうね。俺のヴィジョンには上杉抜きのWANDSも、自分の価値観を
抑えてバンドをやることもありませんでした。
バンドとして活動していくビジョンが消えた後で、俺は自分のことを考えた。
WANDSの中にはいろいろ勉強させてもらったけど、勉強だけじゃイヤだな、と。
ひとりのアーティストとして立場をニュートラルに戻したとき、自分の未知の
可能性を探したくなった。それで俺は所属事務所をやめようと思いました。

●そのとき思ったことは?

柴崎さん:アーティストとして持つべきファンに対する責任というものはあるけれど、
それを勘違いしやすいということ。いい作品を作り、興味があればそれを買う。
アーティストとファンの関係はもっとシンプルなものだと思う。

●今後は?

柴崎さん:そのシンプルな関係の中で、自分の考えている音楽を忠実に再現したい。
それでアーティストと呼ばれるのか、ミュージシャンと呼ばれるのか、俺にはわかりません。
ギターもヴォーカルも作曲もアレンジも、自分の作品についてはトータルでやっていきたいと
思っています。今回のベストアルバムはびっくりしましたけど。

●上杉さんについては?

柴崎さん:同じバンドにいて、同じことを感じたりしていた。今もお互いの作品作りに関しては
それぞれサポートし合ってます。

●最後に読者にメッセージを。

柴崎さん:今まで応援してくれてきた人にも、俺のことを知らない人にも
作品を早く届けたいと思ってます。





[PR]
by sinasoba4 | 2015-09-27 17:54 | al.ni.co