ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたいのと、過去、現在を含め、HP主流の時代は、充実したHPがありましたが、ブログはないなと感じたので、自分で作ってしまえ~という想いで作りました。何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思ってくれたら、本望です。

1994年11月26日 KISS FM フィーチャーパラダイス WANDS

1994年11月26日 KISS FM フィーチャーパラダイス 

ゲスト出演 上杉昇

DJ:こんにちは。フューチャーパラダイスの時間です。サウンドクルーのホトケこと
永井隆です。今週は、11月の最終週という事で、豪華なゲストをお迎えしました。
WANDSの上杉昇さんです。こんにちは。

上杉さん:どうも、こんにちは。

DJ:よろしく。

上杉さん:よろしくお願いします。

DJ:えっと、僕は、色々CDを聞かせてもらってるんですが、今日は、色々バンドを作った頃の
話とか、最初に好きになった音楽の話とか、え~~っと、上杉君が持ってきてくれたCDも
あるんで、それを聞きながら話をしたいと思います。もうめちゃくちゃヒットした曲で、
これを耳にせんかった人は、いないのではないかと思うくらいの大ヒットです。「世界が
終わるまでは・・・」

♪世界が終わるまでは・・♪

DJ:え~~今、聞いてもらったのは、WANDSで「世界が終わるまでは・・」でした。
今日のゲストです。もう1回紹介します。WANDSの上杉くんです。

上杉さん:どうもよろしくお願いします。

DJ:僕なんか、もう20年くらい年が違うんで、何を最初に話そうかと思うんですが、
一番最初に好きになった音楽というか、僕なんか、ビートルズだったんだけど、
中学の1年くらいかな?何を、中学の時は・・・

上杉さん:最初はですね、学校で友達が聞いていた、僕らの世代って言うのは、
LAメタル全盛の頃だったんですけど、とにかくハードロック、ロックキッズで、本当に
メタリカから、ハノイロックスまで、なんでも聞く感じでしたけどね。

DJ:俺なんか、LAメタルと言われただけで、良く分からない(笑)

上杉さん:あははは(笑)

DJ:そういうのを聞きながら、バンドはやってたの?

上杉さん:そうですね。趣味でやってたんですけども、どうも進路に悩んでる時期で
考えてる時に、ある日ガンズ&ローゼスのプロモーションビデオを見せられて、
それでもう、なんていうのかなあ、今までもずっと歌は好きでやってたんですけど、
それが結局、なんていうのかなあ、本当にやろうって引き金になったというか・・

DJ:上杉くんの世代の人は多いよね。ガンズに影響受けたって人は。どこがそんなに
凄い?あのバンドの・・

上杉さん:やっぱりなんかこう、ボーカルのアクセルローズの存在感って言うのが、
当時から、ただ者じゃないなって感じがありましたね。

DJ:じゃあ、あんまりブラックミュージックとかソウルとか、リズムアンドブルースには
興味がなかったの?

上杉さん:興味がないというか、たまたま、それを聞く機会がなかったというだけで、
ただ、そのなんだろうなあ、凄い自分が精神的に滅入ってる時期があったんですけど・・

DJ:それ、高校生ぐらい?

上杉さん:そうですね。その時に、たまたま友達んちで、ジャニスジョップリンを
聴いて、なんか凄く落ち着いたんですよね。そっからジャニスジョップリンは、全部
持って聴いてるんですけど・・・

DJ:じゃあ、上杉くんが持ってきてくれた曲を聴きましょうか?
最初の頃に影響を受けたという、ガンズ&ローゼスで、「ペイシャンス」

♪ペイシャンス♪

DJ:結構、おとなしめの曲だね?

上杉さん:はい

DJ:ガンズにしては意外でした。

上杉さん:そうなんですよ。

DJ:この辺の箏は、僕もあんまり知らないんで、レクチャーして頂きたいんですが、これは、
何枚目ぐらいのアルバムなの?

上杉さん:これは、2枚目ぐらいだと思いますね。

DJ:ほんと。

上杉さん:僕がそのビデオクリップを見て、衝撃を受けたというのは、またこの曲
違うんですけど、この曲は、凄い昔から、アマチュアの頃から良く歌っていた曲で

DJ:上杉君の詞を読んでいると、なんとなく、自分が周りに誤解されていないというような
感じの曲が多いような気がするんだけど、

上杉さん:そうですか?(笑)

DJ:高校くらいの時ってあるよね。自分の思ってる事とやってる事が一致しないって事。

上杉さん:ジレンマみたいな・・・

DJ:上杉君の詞を見て、そういう事感じた。高校生ぐらいの時の箏、思い出した。

上杉さん:そうですか。

DJ:こういう感じあったなって・・・

上杉さん:なかなか、ポジティブな考え方できなくて・・・(笑)

DJ:あんまり明るいというのも、俺は好きじゃないけど・・・

上杉さん:(笑)

DJ:曲はどういう時にできるの?歌詞とか・・・

上杉さん:歌詞とかですか?

DJ:悶々と書くの?

上杉さん:悶々とですね。自分を追いつめるだけ、追いつめたれみたいな・・・

DJ:もう一つ上杉君が持ってきた曲で、これはバンドの名前だけ知っていたんだけど、
どういうバンドなんですか?

上杉さん:僕も詳しい事は知らないんですけど、FMで流れてて(笑)いいなと思って
買ったら、なんか気づいたら、アクセルローズと一緒に歌ってて、ああ・・繋がりがある
んだなって思って・・・


♪タイム♪

DJ:来年は、ツアーもやるらしいんですが、ライブはどうですか?

上杉さん:ライブですか?ライヴは・・・そうですね・・・まあ、いつもそうなんですけど
今回はこういうテーマの元にこういうものをやろうとかいうショー的なものじゃなくて、
やっぱり、ステージの上で自分という人間をどこまで表現できるかというか・・・
そういう本当にピュアな部分で、勝負できたらなって・・
そういう意味では、本当に、ライブ感のあるものっていうのをやっていきたかったんです
けどね。

DJ:今まで、大きな所ではやっているんだよね?東京とか・・

上杉さん:そうですね。

DJ:東京だけ?

上杉さん:東京だけですね。

DJ:ライヴは楽しいよ。音楽やってて、ライヴやらないって言うのはね。

上杉さん:そうですね。僕もたまたま「ON AIR」でホトケさんのライブを見させて
頂いたんですけど、本当に・・・なんて言うか・・・こうブルースシンガーってジャンルの
人の中に、こういう鋭い、突き刺さってくるような歌を歌う人がいるんだなっていう・・・
本当にお世辞とかじゃなくって、本当になんか衝撃的だったんですけど・・・

DJ:本当に(笑)

上杉さん:ええ。

DJ:さっき言ってたじゃない?声でレコード選んだりするって。

上杉さん:そうなんですよ。なんか、どうしても偏りがちだったりするんですけど。

DJ:声は凄い大事だよね。どんなに上手いとかって周りに勧められても、この声が
って言うのあるよね。

上杉さん:そうなんですよ。声が嫌だともう全部・・・

DJ:俺の友達で、女性ボーカリストが嫌いだという人がいて・・・・

上杉さん:ああ、よくいるかもしれない。

DJ:そいつは、女の人が高い声だすのが、ヒステリックに聴こえて聴いていられない
って言うんだけど

上杉さん:(笑)

DJ:ライヴの方は、僕も機会があれば、見させて頂きます。

上杉さん:あ~~~そうですか(笑)頑張ります。

DJ:ニューアルバムのレコーディング中という事で、今回はどないなものを?

上杉さん:今回は、やってる最中なので、具体的にこういうものとは言えないんですけど、
今までは、シンガーとして、自分の歌を追求してたってのが大きかったんですけど、
これからは、本当に自分のルーツ的なものも含めて、サウンド面においても、もっと
もっと、自分の可能性を追求しいていきたいなっていう感じですかね。だから、今ままでの
WANDSのアルバムの中では、僕自身のルーツに近いものになるんじゃないかなって感じ
ですかね。

DJ:そりゃ、まあ、楽しみ

上杉さん:はい。

DJ:今日は、どうもありがとうございました。

上杉さん:ありがとうございました。

DJ:レコーディングとツアー。頑張って下さい。

上杉さん:あ、ありがとうございます。


radioで、上杉さんが紹介していた、ガンズ&ローゼスの「PATIENCE」
は、上杉さんのソロのカバーアルバムでカバーされています。


d0335541_07432746.jpg
SPOILS 「PATIENCE」視聴購入できます。

http://mora.jp/package/43000011/4538182027028/

https://itunes.apple.com/jp/album/spoils/id293803759





[PR]
by sinasoba4 | 2015-11-10 06:33 | WANDS radio