人気ブログランキング |
ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたい。そんな想いを伝えたくてブログを始めました。あまり目立ったり、FAN仲間を作る目的ではなく、自分がいいと思う上杉さんの楽曲を沢山の人に聴いてもらいたい、知ってもらいたい。純粋によい音楽を聴いてもらいたいという思いだけですので、何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思って頂けたら、本望です。

2019年11月4日(月・祝)「SHOW WESUGI MIXTURE TOUR 2019 防空壕 」in 名古屋

2019年11月4日(月・祝)
「SHOW WESUGI MIXTURE TOUR 2019 防空壕 」
in 名古屋


2019年11月4日(月・祝)「SHOW WESUGI MIXTURE TOUR 2019 防空壕 」in 名古屋_d0335541_09282594.jpeg
2019年11月4日(月・祝)「SHOW WESUGI MIXTURE TOUR 2019 防空壕 」in 名古屋_d0335541_09284644.jpeg
2019年11月4日(月・祝)「SHOW WESUGI MIXTURE TOUR 2019 防空壕 」in 名古屋_d0335541_09290334.jpeg

会場:名古屋SPADE BOX
開場:16:30
開演:17:00

1.Blindman's Buff(al.ni.co)アコースティックVer

2.赤い花咲く頃には

-MC-

3.prayer(al.ni.co)

4.Tango(じゃがたら)

5.Survivor's Guilt

6.愚か者よ(萩原健一)

-MC-

7.THE MORTAL

上杉さん、平田さん、森美香さん一旦退場

「Chrysanthemum north pole」

上杉さん、平田さん、森美香さん再び登場
バンド構成になり、マニピ横山さん、ドラム白根さん登場

8.Blindman's Buff(al.ni.co)BAND Ver

9.防空壕(新曲)

-MC-

10.桜舞い錯乱

11.絶望

12.I am a pig(Two)

13.カワラコジキ(未発売新曲)

-MC-

14.火山灰

15.青き前夜に

-MC-

16.消滅(未発売新曲)

一旦退場

グッズ紹介コーナー

En1.I don't care(猫騙)

En2.Seacret Night(WANDS)


-MC-

最初の挨拶
「ここは、名古屋?普通地方に行くと、そこの美味しいもの食べるじゃないですか?
食べないから土地勘があまりなくて・・・
名古屋とか大阪は都会っていうのだけはインプットされてる
中国とかもっと凄い・・・上海のどことかまでわかってない(笑)」


「寝られへんってインスタにアップした途端、眠くなって寝ちゃった」

表現の自由について
「日本人は、表現の自由、自由と好き勝手を理解できてない人が
大すぎなんですよ。ずっと論争になってて、水掛け論になってる」

「今の世の中には言い知れぬ怖さを感じてる。
独特の空気感を感じて、最初、それを歌にしようと思った。
原因は解らなくて、昔に戻って温故知新。
昔の暮らしの歩みの中にヒントがあると思って、「THE MORTAL」
というアルバムにした。
コンプライアンスが厳しい。
政治家とか社長とかが追い込まれて退陣させられたりする人が
やたら多い。
昔は、子供達の遊びとか怪我しても自分のせい。
間違えてさせられても追及するみたいな
ネットで虐めるとか・・
「THE MORTAL」は、大好きなアルバムで、目次のようなアルバム
そこから広がっていく・・・
色々な感情を表現するにはいい題材
自分の中ではやりやすい状況。
詞から書いてあとから曲ができるという曲もある」


「今の世の中は、変な世の中、ずっと監視されてるみたいなイメージ
俺と同じ年齢か、近い人はこの感覚が解ると思います」

「猫騙でロックはやりきった感じがあって、病気もしたし
飽和状態になった。
ラウドネスの樋口さんは「こういう音楽は(激しめのロック)は身体に悪い」
と言われてまさにそれだなと思って、これからはバラードをやっていくんだ
と思っていたけど、ロラパルーザに出演していた方と仕事をする事になり
(プロデューサーの岡野さん)そういう曲の方がカッコイイだろうなと思った。
音楽的思考が上杉昇に近い人」


「自然よりも爆発する方が良いと思った」

女性スタッフの方の話で・・・
「自殺する人以外で亡くなった方は多分自分が亡くなったという事を
認識しないで亡くなっていく」
人生というのは何が起こるか解らない。
明日がある確証はない。
いつ何時そういう事が来たとしても悔いのないように日々を生きる」
泥沼であったとしても前のめりになって死んでいきたいと
言って死んだ先人がいます。
自分もそれに感銘を受けた」

「不平不満を聞いてくれる人(亡くなった女性スタッフ)の方だったので、
彼女が亡くなって、彼女に依存していた事を思い知らせれています。」



大阪の次は名古屋でしたが・・・
最近、大阪はアグレッシブなイメージがありましたが・・・
最近、大阪はおとなしめな気がしてますが・・
このLIVE回数を重ねるごとにヒートアップしてきていて名古屋でも
盛り上がってました。
花道というアイデアも後方の方達にも
熱さが伝わって、盛り上がりも増すような気がします。

この女性スタッフの方は、とても温厚そうな優しい方で、
個人的には、お話しをした事がなかったのですが・・・
最後にお見掛けしたのは、沖縄のLIVEで、上杉さんの飲み物などを
ステージで用意されてりしているのをお見掛けしたのが
最後でした。
個人的には、姿は見えなくても、上杉さんのそばでずっと見守られているのでは
ないかなあと思っています。
霊感が強い方ではないのですが、LIVE会場にそのスタッフの方が
いるようないつもそんな気がします。

9月にMBAのバスケのイベントにて、「世界が終るまでは・・」を
埼玉スーパーアリーナで歌われたのですが・・・
当日まで、声のコンディションが最悪だったようなのですが・・・
当日、歌う前に会場の埼玉スーパーアリーナで、女性スタッフの方に似てる方が
いるなあと思ったら、すぐにいなくなってしまったそうです。
そして、歌が始まると、声のコンディションがよくなり、
会場にいた沢山の方達を圧巻させるような歌声が響き渡りました。
女性スタッフの方が心配して、何かパワーを送られたのかなと思います。



by sinasoba4 | 2019-12-03 08:25 | LIVE