ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたい。そんな想いを伝えたくてブログを始めました。あまり目立ったり、FAN仲間を作る目的ではなく、自分がいいと思う上杉さんの楽曲を沢山の人に聴いてもらいたい、知ってもらいたい。純粋によい音楽を聴いてもらいたいという思いだけですので、何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思って頂けたら、本望です。

2018年 08月 06日 ( 2 )

「Survivor's Guilt」
上杉昇



d0335541_20535781.jpeg

2018年8月1日リリース
「Survivor's Guilt」

M1:Survivor's Guilt
作詞・作曲/上杉昇 編曲/KASHIWA Daisuke

M2:赤い花の咲く頃には
作詞・作曲/上杉昇 編曲/SUPERBEST KASHIWA Daisuke

M3:FROZEN WORLD 35MIX
作詞・作曲/上杉昇

新宿LOFTのLIVEにて先行販売され、
8月1日に、待望のニューシングルがリリースされました。
秋にリリース予定のソロでは
12年ぶりのアルバムの方も
8割ぐらいできあがってるそうで、
このニューシングルを聴いていると
いったいアルバムはどんだけ凄い作品が
できあがるのだろうと
あれやこれや考えてると、
本当に待ち遠しいですね。

ニューシングルもアルバムも
含めてなのだと思いますが・・
"個人的に今回伝えたいと思っているのは
ロックとはディストーションがなってれば
ロックというものではなく、
エレクトロニカというジャンルの中でも
ロックはできると思っているし、
表面的なサウンドとか云々じゃなく、
うちからこみ上げるものだったり、
前に突き進む感じとかそういうものが
上杉さんにとってのロック"
とトークショーの時に
おっしゃってました。
このニューシングルも上杉さんの
ロック魂と大和魂が、
伝わってくるような気がします。


「Survivor's Guilt」
棘と吹雪ともそうなのですが、
最近は上杉さんは、LIVEで歌われていた曲が
リリースされる事もあるのですが、
この曲は、LIVEでも歌われなかった新曲で、
歌詞の方は、この「Survivor's Guilt」という言葉は
造語ではなく、実際にある言葉で
兵士達が戦争で戦って、仲間はみんな死んでしまったのに
自分だけが生き残った時に生き残った事に対する
罪悪感という現象の事を
意味する言葉で、この言葉を聞いた時に
ピンとくるものがあって、
これは歌にしたいなあと思って作ってみました
とおっしゃっていました。

「赤い花の咲く頃には」
この曲は、25周年記念LIVEで、歌われていた曲で
確か、歌詞は、英詞だったような気がしています。
(違っていたらすみません)
一人の戦士が
海底で亡くなっていった事を歌っていて
昔の人って、オレンジもピンクも赤
赤しかなかったんじゃないかと・・
それで赤い花となったというような事を
MCでは、おっしゃっていました。


「FROZEN WORLD 35 MIX」
2013年の5月24日に配信のみで
リリースされている曲なのですが、
今回、35MIXという事で、
アレンジが少し変わって、
更に世界観が素敵になってます。
この曲は、いい曲だと思うんで、
寝かしておくのはもったいない
沢山の人に知ってもらいたい
女性シンガーとかにも歌って貰いたいと
おっしゃていました。

邦楽ではなかなかない世界観で
唯一無二のアーティストだと思ってます。
高い音も低い声も本当に
いい声質で、声質だけではなく、表現力も素敵なボーカリストでもあり、
アーティストだと思います。
是非、聴いてみて下さい。




公式HPがリニューアルされたようですので
こちらの方も是非~~







[PR]
by sinasoba4 | 2018-08-06 20:18 | 上杉昇楽曲

ラジオ出演のお知らせです。

仙台を始め、北海道、金沢等のラジオに出演されるそうですので、お近くの方
もしくは、聴く事のできる環境の方は、是非、聴いてみて下さい。
仙台いずみfmは、スマホのアプリで聴けるようなので、
(すみません。詳しくは調べていません)
聴ける環境の方は是非~~
詳しくは、PojjoさんのTwitterにて・・・






仙台は、この日は、花火大会で
とても街がにぎわっていたのですが・・・
夕方近くになって雨がぱらついていて、
LIVE前は、雨が止んだり、降ったりしておりましたが・・
LIVE終了後は、強い雨が降っており、
花火大会の方は、どうだったのでしょうかね。
LIVE終了後は、沢山の花火大会の観光客の方が
駅に向かっておりました。

仙台のLIVEの方は、
チケットが完売になっていなかったので
会場に余裕があるかなあ~~
と思ってたのですが、
後ろの方までいっぱいでした。

そして、上杉さんは、MCで、
「普段、緊張しない主義なのですが、
今日は、緊張しています」とおっしゃっていたのですが・・
最初に「今日はいい夜にしましょう」
とおっしゃっていたのですが・・・
最後、退場される時には、
「素敵な夜をありがとう」と
おっしゃっていました。
気持ちよく歌えたのかなあと思いました。
それがオーディエンスにも伝わってきました。

東京の時は、曲の紹介はされていなかったのですが、
仙台では、カヴァー曲などは
歌う前に、次の曲は~と説明されていました。
LIVEをする度にどんどん変化していくのかなあと思いました。

そして、グッズの紹介が
今回は、ギターの平田さんが
担当(笑)という事であったのですが・・
新宿LOFTの時は、上杉さんが、マフラータオルの紹介を
されていたのですが・・・
今回は、トートバックを肩から下げて
上杉さんがウォーキングするシーンがあり、
似合っておりました。
これから行かれる方、グッズの方も是非~~
トートバックは、平田さん曰く、赤は血の色
黒は炭の色なんだそうです。
2泊3日ぐらいなら大丈夫だそうです。
上杉さんがもっていたのは、黒の炭の色でした。
ちなみに、黒か赤か迷って赤い血の色のバックを
購入したのですが・・・
上杉さんが肩から下げてるのをみて
黒もカッコイイなあと思いました。

次のLIVEは「金沢もっきりや」ですね。
チケットは完売しておりますが・・・
どんなステージングを見せてくれるのでしょう。
毎回、違う感動があるのだろうなあと思いました。
行かれる方は楽しみですね。

d0335541_01430465.jpg







[PR]
by sinasoba4 | 2018-08-06 07:05 | 最新情報

by 支那そば