ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたい。そんな想いを伝えたくてブログを始めました。あまり目立ったり、FAN仲間を作る目的ではなく、自分がいいと思う上杉さんの楽曲を沢山の人に聴いてもらいたい、知ってもらいたい。純粋によい音楽を聴いてもらいたいという思いだけですので、何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思って頂けたら、本望です。

カテゴリ:上杉昇Other( 7 )

2018年10月24日(水)
タワレコ秋葉原店 上杉昇 パネル展


もう終了してしまいましたが、全国のタワレコ各店で
「The Mortal」のリリースと同時に
パネル展が開催されました。
(各店すでに終了しているようです。)
秋葉原店は、
最初、見つけられず、暫く、行ったり、来たりして
しまいました(笑)
天井から吊り下げてありました。
新宿店の方は、今回は諸事情でいけなかったので、
秋葉原店のみになりますが
展示されている写真は、全店一緒のようです。
残念ながら当選しませんでしたが(泣)
どれも渋くてかっこいいです。

d0335541_19495287.jpeg
d0335541_19493847.jpeg
d0335541_19492415.jpeg
d0335541_19500542.jpeg
d0335541_19502076.jpeg
d0335541_19503229.jpeg




[PR]
by sinasoba4 | 2018-11-07 21:53 | 上杉昇Other
2018年6月23日(土)「上杉昇 25周年BOX発売記念トーク第2弾新曲試聴&サイン会」福岡会場


d0335541_00102262.jpeg

会場:福岡天神VIVREホール
開場:11:30 開演:12:30
(ファッションビルの中にあるLIVEハウスという事で、普段のLIVEハウスとちょっと違う
一番下の注意書きの”タムロ行為”に笑ってしまいました)

司会進行役の方は、WANDSのB-PASSで編集されていた田中さんという方で、
上杉さんとは誕生日が同じ日だそうです。
今年の1月から、始めたトークショーですが、5回ともなると顔馴染みの方もいて
これはいかんぞ、喋る内容を変えなければと・・おっしゃってました(笑)

田中さんに紹介されて、al.ni.coの「TOY$!」の曲と共に上杉さん登場します。
今回も服装は、CDショップ周りをされてますので、そちらにて確認下さい(笑)

いつも、上杉さんは、登場時に色々なポーズで登場されるのですが、今回もかわいらしい登場の仕方で
みなさんの笑いをとってました。

田中さんが、今回、仙台、名古屋とせっかく来たんだからと、その土地のレコードショップに行ったんですが、
店長さんが昔FANでしたとか、店長さんの目がきらきらしていたとおっしゃってました。
上杉さんに、レコードショップなんかは
行かれた事はあるんですか?と質問すると、
レコード屋さんには、デビュー当時ちらっとは行ったんですけども、地方とかは行った事はなくて
都内と都内の電車で行ける範囲とおっしゃってました。

前回の名古屋では、ライブハウス近くにパンケーキ屋さんがあって、司会の田中さんが「あとで行きましょう」
と、おっしゃっていたんですが、名古屋は、時間がなくて、行かれなかったそうです。
名古屋では、タクシーの中で、マックシェイクを飲まれていたそうですが、喉が気持ちいいそうで、
Sサイズではだめだそうです。

そして、上杉さんは、福岡には前日の夜にはいられたそうですが、飛行機の中でお弁当を食べたそうで
田中さんが「昨日のお弁当の中はなんだったんですか?」と質問されていたのですが・・
「ん~~なんだっけな~~」とおっしゃっていて、思い出せないようでした。


自伝の中の曲を聴くのコーナーでは、中島みゆきさんの曲があったのですが・・・
「今のガチャガチャした世の中、インターネットとか、そういうのに
疲れた時に聴く」とおっしゃっていました。

トークショーでは、自伝本で使用された写真や使用されなかった写真を観ながら
色々とトークをすすめていくコーナーがあるんですが、自伝本の中に、幼少の上杉さんが
綺麗な女性にだっこされて乗り物に乗っている写真があるのですが、このトークショーに参加する前は
上杉さんのお母さんだとずっと思っていたのですが、この方は、上杉さんのお母さんのお姉さんで
叔母さんだそう、自伝の中にもでてくる方なのですが・・・
凄く上品で綺麗な方なのですが、上杉さんのお母さんも似ているそうで、上杉さんのお母さんも綺麗な
方なんだなあと思います。
そして、ツアーグッズで、もしかしたら、上杉さんの写真が沢山掲載されているもの、
ツアーパンフのようなものと兼ねた写真集でしょうか?
今、ツアーグッズとして、そういうものを、田中さんが考えているそうです。どんなものになるか?
楽しみですね。

そして、新曲試聴のコーナーでは、3曲目から視聴するのですが・・・
「FROZEN WORLD」では、田中さんに
「なんでこの曲を、リミックスしようと思ったんですか?」という質問に、
「この曲はいい曲だと思うんで、寝かしておくのももったいないし、
チャンスがあれば、女性シンガーとかにも歌って欲しい曲、リミックスやったら、
どうなるのかなあという興味もあったので」とおっしゃってました。
個人的には、ふんわりした優しい感じの歌声の女性シンガーが歌ったら、素敵だろうなあと思いました。上杉さんの歌声が1番ですが、女性シンガーの歌うこの曲も聴いてみたいなあと思いました。





「赤い花咲く頃には」では、田中さんが、「今、こういう曲を歌っている人っていないと思うんだよね、
唯一彼しかいない」とおっしゃっていました。

「Survivor's Guilt」では、田中さんは、「多くは語りません。よくないですか?」とおっしゃっていました。
上杉さんが、「個人的に、今回伝えたいと思っているのは、自分がボーカリストとして人生を考えた時に
ロックを追いかけて、ロックというものに翻弄されて、裏切られながらも追ってきたと思うんですね。
だけど、だんだん愛想が尽きてきた所もあったりして
俺の中でロックというものはディストーションがなってれば、ロックというもんではないんですよね。今はね。
エレクトロニカというジャンルの中でもロックはできると思ってるし、表面的なサウンドとか云々じゃなく
うちから込みあげるものだったりとか、前に突き進む感じとかそういうのが俺の中ではロックなので
それがだせたらいいなと思って・・・」
田中さんは、「上杉さんがやればロックですよね。曲に奥行というか、こんな広がっていくような、映像が
頭の中に広がっていくような・・・今、アルバムとっているんですけどね。ヤバイっすよ。
あんなのないよね」とおっしゃっておりました。
歌詞は、♪もういいだろう? 目を覚ませ 叫び乞う 声砕ける Survivor's with the Guilt♪
こんな感じでした。アルバムのリリースも、とても素晴らしい作品が聴けそうで、本当に楽しみですね。

FANからの質問コーナーでは・・・

FAN:メタボの解決策は?
上杉さん:糖質をやめる

FAN:今日のぱんつの色は?
上杉さん:(ズボンの中を覗いて)
チェックですね。

FAN :髪の毛は、今後切る予定はありますか?
上杉さん:フィーリングで・・・

FAN :シャンプーは何を使ってますか?
上杉さん:シャンプーなんだっけなあ~~なんだっけなあ~

FAN :女性の好きな部位
上杉さん:ん~~別に巨乳が好きとかそんなのはない。
敢えて言うと、肘ですね。
梅干し化してない肘

FAN:嫌いな食べ物は?
上杉さん:嫌いな食べ物は、沢山あるんですけど、
ピクルスと玉ねぎ

FAN:好きな色は?
上杉さん:赤、青、黒、白、原色が好きです。
田中さん:着るものは違いますね。
上杉さん:洋服は好きな色とは、また違いますよね。

FAN:広島の名物で好きな食べ物は?
上杉さん:ん~~よく知らないので・・・
田中さん:広島というと、お好み焼とか、牡蛎とか・・・
上杉さん:牡蛎は好きですね。

FAN:体調管理で気をつけてる事は?
上杉さん:せざるを得ないというのはありますね。
禁酒。
LIVEで歌う日は、なるべく、たばこの本数を減らします。いっぱいバンドがでてて、とりの時は
吸っちゃう事が多い。

FAN:部屋はどんな感じですか?
田中さん:熱帯魚飼ってたんだっけ?
上杉さん:水族館みたいになってましたけど、今さすがに大変で、できないですけど
水槽一本だけあるんですけど、いずれできたらいいなあっていう・・
田中さん:部屋の特徴はありますか?
上杉さん:空き巣に入られたような感じの汚さですね。

FAN:癒される事はなんですか?
上杉さん:音楽じゃないですか?
田中さん:本当に音楽ばっかりなんですよ。
今までは取材の時ぐらいしか会わなかったんですけど、
ここ最近、トークショーや、アルバム等一緒にいるようになって
ず~~っと音楽聴いてるよね。

FAN:リリース予定のアルバムはどんなアルバムか?
上杉さん:口で言うのは難しいんですけど、エレクトロ系の曲とインダスとリアルの狭間で
歌は生々しい感じっていう、すでにもうあるものをやってもしょうがないので、自分が聴きたいものを
やってる感じですね。

7月27日(金)より始まる、LIVEツアーの方の演奏は、ギターとピアノのシンプルなものだそうで、
若いけれども、経験を積まれたどちらの奏者も素晴らしい方達のようで、そこに上杉さんの生歌が加わると
どうなるのだろうと想像すると、本当に楽しみです。

帰りの飛行機までに時間があったので、上杉さんの行かれたCDショップに寄り道して帰りました。
写真の方は両CDショップともチェキなので、小さくて、拡大して撮影してみましたが、ぼけた感じになって
しまいました(泣)なので、近くの方は、現物を。。
遠方の方はCDショップのTwitterで、見て頂いた方がいいかと思います(笑)


福岡以外は、行かれなかったのですが、仙台、名古屋、のCDショップには、写真等が展示されてると思いますので、
お近くの方は、是非、行かれてみて下さいね。8月1日の「Surviver’s Guilt」予約を受け付けしてるそうなので
予約の方も是非・・・

8月1日に先行リリースされる曲は、どの曲も言葉では説明できないぐらい上杉さんならではの、
いい曲ばかりなので、是非、買って聴いてみてほしいなあと思います。
ツアーも各地でありますので、お近くのLIVEハウスがあれば、是非~こちらも行かれてみて下さい。
一般発売は、6月27日(水)からで、いよいよ明日です。
すでに先行販売で、SOLD OUTになってるLIVE会場もあるそうなので、行きたいLIVEがあるようでしたら
早めの方がいいかと思います。トークショーでは、確か「京都MOJO」とおっしゃっていたような気がします。
明日からですので、早めにチェックしてゲットして下さいね。
ローソンチケットなどでも販売されてるようですので、是非~~

http://l-tike.com/



タワーレコード アミュプラザ博多店さん


d0335541_00103928.jpeg
d0335541_00105440.jpeg
新星堂キャナルシティ博多店様


d0335541_00111963.jpeg
d0335541_00110638.jpeg



[PR]
by sinasoba4 | 2018-06-23 16:55 | 上杉昇Other
2018年6月17日(日)
「上杉昇 25周年BOX発売記念トーク第2弾新曲試聴
&サイン会」名古屋会場
d0335541_20181615.jpeg

d0335541_20183188.jpeg
会場:名古屋新栄SPAD BOX
開場:11:30 開演:12:30

開場は、11:30からだったのですが、何かの手違いで自伝本の受け取りができずに、
そのせいもあってなのか、開場時間が、11:30過ぎてからのような気がしました。
自伝本の方は、住所を明記して、後日、サインがされて送られてくるとの事で、
サインは、会場で用意して頂いた色紙に頂けました。
こんな事もあるのですね。
手違いとは言え、色紙にもサインを頂けて、自伝本にもサインを頂けて、得したような気持ちと
貴重な経験だなあと思いました。
スタッフの方や、上杉さんは、大変なのじゃないかなあと思いますが、ありがとうございました。

名古屋会場の入りの方は、やはり、都市という事もあり、会場は、いっぱいで、
関東、関西方面からも中間地点にあって、アクセスしやすいのもあるのだと思いますが、
名古屋以外の方も沢山見えられているような感じでした。

司会進行役の方は、上杉さんが、WANDSの頃からのおつきあいのB-PASSの編集をされていた、田中さんとおっしゃる方で、
トークショーの内容は、初回から、司会の田中さんの方から、ずっと口外禁止という事だったのですが、仙台のトークショーで、Twitterでの投稿が少なく、それはそれで、田中さんは、寂しかったそうで(笑)
名古屋では、メモ等を取って、じゃんじゃん拡散して下さいとおっしゃってました(笑)
とは言え・・・トークショーの内容は、メモ取るのは、追いつきそうもないのと、
やはり、ネタバレになってしまったりして、まだ、自伝本を読まれていない方も
いらっしゃるかと思うので、これは口外しない方がいいのじゃないかなあと思う事もあり、
判断も難しいので・・・
レポというか、自伝本の内容以外で、記憶に残っている事を綴れたらと思います。

いつもトークショーの時は、上杉さんの隣席で田中さんが、インタビューのような形で、
お話しされて進んでいくのですが・・・
今回は、会場の関係か?上杉さんのみがステージで、田中さんは、向かいにある、DJルームのような場所からの
スタイルとなりました。

開演時間になって、田中さんの紹介で、上杉さんが、登場されます。
登場のBGMは、仙台もですが、al.ni.coの「TOY$!」
今聴いてもカッコイイ曲で、いまだに鳥肌立ちます。
上杉さんの服装は、CDショップに行かれた時の写真や公式Twitterにて、ご確認下さい(笑)

最初に、FANの方からの質問を書いて提出するのですが、今回は食べ物に関する質問が多かったようで、
田中さんより、名古屋名物のひつまぶしのお話しがありました。
上杉さんは、ひつまぶしをご存知ないようで、ひつまぶしは、まだ食べた事がないそうです。
前回の仙台で、トークショー終了後のご褒美?として、サンマルクのバナナチョコデニッシュを召し上がって
らしたのですが、田中さんがライブハウスの近くにある、オレンジハウスというところのパンケーキや
コメダ珈琲のシロノワールを紹介されてました。

第一弾の初回から、猫騙のメンバーの自撮りで、テーマに沿ってメンバーが上杉さんの印象を語る
動画を流すコーナーがあるのですが・・・
初回から、ずっと、内容は変わらなかったのですが、今回から、新しいバージョンとなりました。
猫騙のメンバー、peaさん、JEDOさん、minzokuさん、それぞれ個性がでている動画でした。
上杉さんも初めて観られるそうで、笑いながら観られていました。

上杉さんの自伝本にでてくる音楽を聴くというコーナーでは、仙台でもそうですが、
毎回、少しづつ違う曲になっていました。

そして、新曲の視聴のコーナーは、名古屋会場では、歌詞が画面にでるような形になっておりました。
(仙台の時はありませんでした)
歌詞を詠みながら聴くと、より上杉さんの世界観が伝わってくるような気がします。
CDを手にしてじっくり聴ける日が待ち遠しいです。
歌詞については「今の時代の事を歌詞にするのは難しい」というような事をおっしゃってました。

「Survivor's Guilt」は、今回の第二弾のサイン会で初めて聴いたのですが、切なく、そして哀しげなメロディは
記憶に残るメロディーで、そのメロディーと歌詞に、個人的には、永遠の0や知覧、鹿屋の特攻隊の遺書などが
思い浮かんで、色々な事が思い浮かんで聴いていると自然と涙がでてきそうになります。

「赤い花の咲く頃には」に関しては、LIVEでも歌われていましたが、歌詞に関しては、完成したものを
試聴してもらうのは今回の試聴会が初めてのようでした。この歌詞の内容に関しては、自伝本や
LIVEのMCでもおっしゃっていました。

「FROZEN WORLD 35 MIX」こちらの「FROZEN WORLD」は、2013年のDLのみのリリースで、
この時の演奏は、Suns OwlのGOさんというメタル系のドラムの方がドラムを担当されていて、
こちらのFROZEN WORLDもとてもよくて、好きなのですが、35 MIXは、シガーロスの要素を感じるような気が
して、ちょっと違う雰囲気に・・どちらの世界観もそれぞれに凄くいいです。
上杉さんの創る曲は、本当いいですね。心に染みわたります。
試聴会では、GOさんの演奏の「FROZEN WORLD」と35 MIXと聞き比べをしました。
司会の田中さんも「いい曲ですね」とおっしゃっておりました。



そして、アコースティックのLIVEの奏者のオーディションをしたそうなのですが、
ピアノ等、凄くいい方がいらっしゃったそうで、アコースティックLIVEツアーの方も
LIVEでの新曲や曲は、どんな風に演奏されるのだろうなあ~と考えると今から、楽しみです。
そして、新曲の映像も上杉さんが手掛けるそうで、インスタではよく動画をあげて下さるのですが、
なんだか素敵な映像が多いので、インスタだけではもったいないと思っていたので、凄く楽しみです。
「棘と吹雪と」のCDジャケットもそうですが、上杉さんは、絵や映像のセンスがとてもよくて、
色使い等も凄く素敵で、好きなので、音楽だけでなく、絵や映像まで上杉さんが手掛けられるのは嬉しいです。

それから、自伝本の中では幼少期の写真があるのですが、その写真を観ながら幼少期の事や中学生の頃など
デビューされる前の事を話されたりするのですが、幼少期の頃の写真は、「心ここにあらず・・・」という
表情の写真が多いそうです。

FANからの質問コーナーでは、好きな家庭料理は?で「カレーライス」と答えられていました。
そして、FANにして欲しい事の質問には、「CDを買って聴いて欲しい」とおっしゃってました。
怖いものは、地震とゴキブリだそうです。あしなが蜘蛛も怖いそうです。
「地震は、どうする事もできないから」とおっしゃってました。
あとは、最近購入したもので、これはよかったと思うものは?の質問に「頂きものが多いので・・」とちょっと
悩んでらしたのですが「ipad pro」と答えてらっしゃいました。

そんな上杉さんが、地震が怖いと話されていたあとに、大阪の方で、6月18日(月)に、
凄く大きな地震があったようで、被害状況や震度などをテレビで観ていると、
東日本大震災の時の東京の揺れと同じぐらいだったのではないかなあと感じるのですが、
かなり怖かったのではないかなあと思います。
東日本大震災の時は、今まで経験した事ない地震に地球が壊れるんじゃないかなあというぐらいの強い揺れと
このまま死んでしまうのかなあというぐらい怖かったので、大阪の方も怖かったのではないかなあと思います。
しばらく、余震なども続くかと思いますので、気をつけて下さいね。
上杉さんが地震が怖いとおっしゃっていたばかりだったので、朝、ニュースを観て驚きました。






d0335541_00323165.jpg



d0335541_06402625.jpg

今回の色紙に頂いたサインです。
d0335541_07241111.jpeg






サイン会&トークショー&試聴会の6月23日(土)で、第2弾は、最後となってしまいました。
毎回、微妙に内容が違いますので、一度行かれてる方でも是非~~





[PR]
by sinasoba4 | 2018-06-19 19:55 | 上杉昇Other
2018年6月9日(土)
「上杉昇 25周年BOX発売記念トーク第2弾新曲試聴
&サイン会」仙台会場

d0335541_21580692.jpeg

会場:enn 2nd
開場:11:30 開演:12:30

第1弾の初回から、司会、進行役の方はシンコーミュージックの田中さんとおっしゃる方で、WANDSの頃に、B-PASSで編集などされていた方で、上杉さんとはその頃からのお付き合いだそうです。
自伝本のインタビューをされた舟見さんは、今回は出演されていませんでした。

enn 2ndの会場のチケットはSOLD OUTという事で、会場内は、FANの方でいっぱいだったのですが、
椅子を並べるからというのもありますが・・ちょっと小さいLIVE会場という印象を受けました。

このイベントの内容は、口外してはいけないような内容も含まれますので、口外禁止という事を司会進行役の田中さんが初回より、ずっと、公演前におっしゃっていたのですが。
→本日の名古屋会場にて、仙台会場の時に、あまりにも、Twitterのつぶやきが、少なく寂しかったとの事で、レポをして、拡散して下さいとの事でした。(自伝本のネタバレになってしまったり、拡散するのは・・ちょっとという内容もあるので、そこは控えますが・・)
Twitterは、個人的には、公式Twitterの閲覧と保存用なので、今は、つぶやくことはないので、
ブログにてまとめたいと思います。
このイベントは初回から、口外禁止との事だったので、メモをあまり、とってないので(笑)
いきなり、レポはできないので、様子ぐらいしか書けませんが(笑)

開演時間になると、上杉さんが紹介されて
登場されました。
服装の方は、CDショップのTwitterの写真にて・・・

イベント当日は、インスタでも眠れていない事をおっしゃっていたのですが・・
結局、一睡もできないままイベントに出演されたようで、
「寝てしまったら、そのまま目が覚めないような気がして、聴きたい音楽を聴いたり、色々とやっているうちに
眠れなくなってしまう」というような事をおっしゃっていました。

ちょっとまた痩せてしまったかなあと思ったのですが・・・
眠れていないからなのかもしれませんが、少し疲れているのかなあという印象でした。
イベント終わったあとに、ずっと熟睡されたかなあと気になっていたのですが、
名古屋会場にて、仙台の帰りの新幹線で、熟睡されていたとの事が解ったので、一安心です。

トークショーの方は、前回同様に各コーナーごとに話が進んでいき、
自伝本の写真や曲を聴くコーナーがあり・・・今までと違うのは、
新曲を視聴するコーナーがありました。
LIVEハウスに響きわたる音と歌声が・・・
上杉さんの創る曲は、切なげで、優しくて、人間の温かみがあって・・
心に染みわたるんですよね。メロディと歌に会場のみなさんも、じっと聞き入っていました。
もう、本当にいいです。
素晴らしいです。
CDやLIVEで聴ける日が待ち遠しいです。
自伝本やライブのMCでも、新曲に関して、触れていて、上杉さんの曲は情景が浮かんでくる曲が多いのですが、
その事を知っていると、より情景が鮮明に浮かんでくるような気がしました。

新曲についてのコーナーでは、色々と曲の今後の
活動について、お話しを伺う事もできたのですが、エレクトロニカ、インダストリアルな音を目指されていて、
インスタを観れる方はご存知だと思いますが、レディオヘッドやシガー・ロスなどが、あがっていました。
今回のCDの曲のアレンジはKashiwa Daisukeさんとおっしゃる方で、この方は、エレクトロニカのアレンジを
されている方で、田中さんのお知り合いの方だそうで、上杉さんが、エレクトロニカを目指しているという事で、
田中さんの紹介で、一緒に制作活動をされる事になったそうです。

質問コーナーでは、FANとはどういう存在かと聴かれて、「運命共同体、宝物」という事をおっしゃっていたのですが、昔、上杉さんのソロの会報でも、インタビューで、運命共同体とおっしゃられていて、その頃から、変わらずに、ずっと、そう思い続けてくれているのだなあと、ファンとしても、嬉しいなあと思いました。
WANDSの頃の作詞に関しての質問もあって、「歌詞の意味について言うのは、好きじゃないけれど・・・」と言いながらも、優しく質問に答えられてました。
好きな女性のタイプなども、「意外にも古風な女性」と答えられていました。
al.ni.coの頃に会報か何かで、答えられていた事があったのですが、その頃におっしゃていた
答えと変わってなかったです。

普段、上杉さんは、遠征の夜は、ホテルでゆっくりされてる事が多いそうなのですが、
前日の夜は、田中さんのお誘いで、お通しでカレーがでてくる居酒屋に行かれたそうで、
上杉さんは、ライスを注文してカレーライスを食べられたとおっしゃっていたのですが・・・
お店の名前はおっしゃってなかったのですが、ちょっと、行ってみたい気がしました。
8月5日(日)LIVEが決定しておりますので、日曜日泊まりの方は、
LIVEの後にでも探して行かれるのもいいかもしれませんが、
この日は、仙台の花火大会があるようで・・・ちょうど、LIVEの終了と花火大会の終了と重なるのかなあと
思うと、前日の夜に行かれる方がいいのかなあと思いますが・・・

そして、トークショーの中で、LIVEのツアーの告知があり、そのまま入場できる仙台公演のチケットも販売されました。
そして、リリースされるCDとLIVEの告知のチラシを貰いました。

d0335541_00323165.jpg

イベント終了後、CDショップにも行かれたようで、Twitterには、こんな風にあがっておりました。



[PR]
by sinasoba4 | 2018-06-18 00:46 | 上杉昇Other

2018年2月3日(土)
「SHOW WESUGI 25th ANNIVERSARY BOX世界が終るまでは・・・」
発売記念
トーク&サイン会 東京会場


d0335541_21315567.jpeg
d0335541_21321398.jpeg

d0335541_21322526.jpeg



会場/東京 下北沢440
開場:11:30 開演12:30

東京会場の方のイベントも終了しました。
東京会場は、e+など、即日SOLD OUTだったようで・・・
会場は、後ろの方まで、立ち見の方でいっぱいでした。

大阪会場の方は、最低、飲み物500円以上のオーダーで、終了後の清算
途中、食べ物なども、注文を聞きにきてくれて、
オーダーできたりしたんですが・・
東京会場は、LIVE形式と一緒で、最初にドリンク代を支払って、交換するという形でした。

前回、同様トークの内容に関しては、
自伝本でも、掲載できないような内容になっておりますので、
口外禁止という事で、レポはできませんが・・・
両会場終了しましたので、構成ぐらいはお伝えできたらなあと思います。

舟見佳子さん(今回、自伝本をまとめたライターの方)の追加取材と、
恥ずかしい写真コーナー(自伝本に掲載されていない写真)、
猫騙のメンバーからのメッセージ自伝本にでてくる音楽を聴くコーナーと
FANからの質問コーナー
(こちらの質問は、自伝本と一緒に質問用紙をくれますので、
記入して、回収するという形で、その中から何名かの質問が読まれて、上杉さんが答えるという形です)と、
大阪も東京も構成は一緒でしたが、
東京会場の方は、San-go☆さん(SHOYAのギターの方)がシークレットゲストとして、
登場したのもあり、休憩はなしの2時間。
その分各コーナーの一つ一つの項目が短めだったような気がしますので
大阪でしか語られなかった事もありました。
自伝本の曲を聴くのコーナーでは、大阪と東京は、曲が若干違っていました。

そして、上杉さんの登場シーンですが、東京会場でも司会の方から、
紹介されると、舞台袖の方から頭だけだして、手を振りながら登場されました。
服装は、ワイン色のニット帽にグレーの絵とロゴマークのようなものが書いてある
トレーナーに下は、カーキ色のパンツでした。

大阪会場はどうでしたの質問に、リラックスしてできたような事をおっしゃってたのですが、
今回は、ipadは楽屋でお留守番だったようで、ステージにはもって来ませんでした。
司会の方は、WANDS時代にB-PASSで取材された方、
自伝本は、会報や雑誌などのインタビューを手掛けた方で
「舟見佳子さん」という方で、長くから慣れ親しんだ方達という事で
リラックスされているような印象でした。(大阪も東京も・・)

San-go☆さんが登場された時に、初めて会った時の印象や
上杉さんの印象などをお話しする場面があるんですが、
上杉さんは、聴き入る反面、ちょっと恥ずかしそうな、テレているような印象を受けて
シャイなのだなあという事が凄くよく解りました。
上杉さんは、サンゴ―姐さんと呼んでましたが、
上杉さんの身体を気遣った事をおっしゃったりもしてくれるようで、
凄く良い人柄が伺えました。
san-go☆さん、お料理が得意だそうで、そんなお話しだったり、
上杉さんといつか共演をしたいという話の時には、
「人間何があるか解らないので、生きてる間に」
なんて事をおっしゃって、共感できる部分が沢山ありました。
サンゴ姐さまは、san-go☆さんという名前の由来などをお話しされていました。
少し、サンゴ―姐さんと話すのは、緊張されるのかなあ~~
なんとなく、上杉さん緊張されてるような印象でした。
お二人は、Ja-paloozaという上杉さん主催のイベントで、
「新日本プロレスバンド」というバンドを組んで
共演されていました。
わたしもそのバンドは見れていないので、
近いうちに共演が実現できるといいなあと思いました。

猫騙のメンバーのコーナーは一人一人自撮りで、
いくつかの質問に答えるという形だったのですが、
一人一人、個性がありつつも、上杉さんを支えるような感じで、
人柄が滲みでていて、今のメンバーは
凄くバランスも取れてて、音もクオリティが高くて、
人間的にも素晴らしいメンバーなんじゃないかなあと改めて思いました。

25周年記念LIVEのあるLIVEの帰りに、
偶然にも帰りの公共交通機関が一緒になった事があるのですが・・・
本当に凄く近くに上杉さんがいらっしゃって・・・
ですが、疲れているのに申し訳ないなあとか最後まで、色々と考えて、
結局、勇気もなくて話しかける事ができなかったのです。
だから、サインも握手もしてもらえる機会は、ないだろうなあとずっと思っていたのですが・・・
そんなチャンスが突然2回もやってきて(笑)
サインを書いて貰っている間は、夢か現実か解らないような状態で・・・
あとからじわじわと上杉さんの瞳だったり、サインを書いてる様子や
握手した時の手のぬくもりを思い出すような・・・
ステージ上や雑誌、会報でしか拝見した事なかった方が
目の前で、サイン書いてくれて、書き終わったら顔をあげて、目を見てくれて、
握手の手を差しだしてくれるって、そうそうないですよね(笑)
ほんと、夢のようなでき事だったなあと思います。
そして、みなさんおっしゃってますが、目が凄く綺麗で、キラキラ瞳で、
こちらを見てくれるので、眩しすぎました。
オーラも半端ないと思いました。

2回のトークショー&サイン会を通じて改めて思った事は、
上杉さんは、昔から、音楽に対して真っすぐで、
誠実で、そして、FANに対しても、一人一人にサインを書いたあと、
必ず、目を見て丁重に対応されていて
FANを大切にしてくれているのだなあという事が凄くよく伝わってきました。

きっと、昔から上杉さんを知っている方も、最近FANになられた方も
本当に素敵なイベントだったのじゃないかなあと思いました。
次の音楽活動の方も、猫騙にしても、ソロにしてもとても楽しみです。

次は、3月10日のLIVEイベントで、猫騙での「MIYA THE WORLD」の出演が決まっておりますので、是非~~

上杉さん、ありがとうございました。
Thank you!!

d0335541_11012855.jpeg



[PR]
by sinasoba4 | 2018-02-04 10:58 | 上杉昇Other

2018年1月27日(土)
「SHOW WESUGI 25th ANNIVERSARY BOX世界が終るまでは…」発売記念
トーク&サイン会 大阪会場

d0335541_22031082.jpeg

会場/大阪 Loft Plus One West
開場/18:00 開演/19:00

今回は、トークショーという事で、自伝本の内容に関してもお話しされていた事とトークショーの内容を
口外禁止なので、LIVEのようなレポはできませんが、会場の様子だけお伝えしておきます。

上杉さんの服装は、カーキ色のニット帽にカーキ色のジャンパーに、中は白黒の太めのボーダーという服装でした。

司会の方が少しお話しをしたあとに、上杉昇さんの登場です。と紹介されるとお茶目に最初は、顔をだして・・
ipadを手にもって登場されました。
ステージに着席されて、トークが始まると、FANクラブの会場に来られなかった、FANの方にLIVE配信を設定されて
いました。
ipadは常に肌身離さず持っていられるようで、楽屋でも音楽をずっと聴かれていたようです。


トークの方は、司会の方(WANDS時代にB-PASSで取材を担当されていた方)
と、自伝本のライターの舟見佳子さんとで、
いくつかの構成に基づいて
進行していきました。
舟見佳子さんの追加取材と、
恥ずかしい写真コーナー(自伝本に掲載されていない写真)、
猫騙のメンバーからの自撮りメッセージ
自伝本にでてくる音楽を聴くコーナー
FANからの質問コーナー
(こちらの質問は、自伝本と一緒に質問を書く用紙をくれますので、
記入して、回収するという形で、その中から何名かの質問が読まれて、上杉さんが答えるという形です)

自伝本の内容にある歌詞についてが書かれているのですが・・
今後、どんな歌詞を書いて行こうというような・・
歌詞について色々と語られていました。
これは東京では語られませんでした。


とても、楽しいイベントで、面白いお話しや自伝本に書かれていなかった事や
エピソードなども聞く事ができて、
参加されたFANのみなさんも楽しそうで、
和やかなムード
だったなあと思いました。
今後の、上杉さんが制作する音楽の歌詞の話などにも触れられていました。


大阪というと、FANクラブのFANの中では、
かなり有名なのですが・・・
上杉さんの大好きなりくろーおじさんのチーズケーキのお店があって・・・
最初は、FANの方からの贈り物で召し上がったようなのですが、
凄く絶賛されていて、それ以来、大阪にLIVEに行くと
必ず召し上がられてるようで、
チーズケーキの話しにも少し触れていました。

その後、トークショーが終ると、一人一人に順番にサインをするのですが、サインをし終わったあとに、
顔を上げて、必ず一人一人の目を見て下さっていたのですが・・
その瞳がキラキラしていて、本当に綺麗な目をされていました。
自分にとっては、ずっとずっと、雲の上の存在で、目の前でサインを書いて貰えて、
目を合わせる機会はないと思っていたので、
感動と緊張とで、上の空で、
どうやってホテルまで帰ったのか、
覚えてないぐらい(笑)
何か一言言えたらなあと思いましたが
緊張して、お礼の言葉しか言えませんでした。
本当にありがとうございました。


*LIVEとは違って、初めてのイベントだったのと、気持ちが舞い上がってしまい、
お花とか黒板など、撮影するのを忘れてしまいました。
他のFANの方があげて下さっていますので、そちらでご確認下さい(笑)


[PR]
by sinasoba4 | 2018-01-27 22:01 | 上杉昇Other


2018年1月9日(火)~15日(月)
「上杉昇パネル展」
タワレコ新宿店8F

タワレコ新宿店8Fで開催されていた、パネル展、
本日までとの事で、
展示されたパネルは、抽選でプレゼントという事で、
開催期間終了と共に見納めという事で、
ブログにアップしておこうと思います。
照明が反射していたり、パネルの前に商品が陳列されていたりで、
なかなか、思う様に撮影できてなくて、スミマセン!!

ですが・・WANDS時代、al.ni.co時代、現在(猫騙、ソロ)と
上杉さんが、ずっと見ていたいと思うほどに
ふとした感じの表情の写真ばかりで、
どのパネルが当たっても当たったら

嬉しいなあ~~なんて思いました。
そして、あの曲を歌っていた頃かなあ~~

なんて思う懐かしい写真もあって、

感慨深いものがありました。


d0335541_19202605.jpeg
d0335541_19205046.jpeg
d0335541_19210763.jpeg
d0335541_19212300.jpeg
d0335541_19214919.jpeg
d0335541_19220260.jpeg
d0335541_19221406.jpeg
d0335541_19222554.jpeg
d0335541_19225250.jpeg
d0335541_19230488.jpeg
d0335541_19232036.jpeg
d0335541_19235093.jpeg


パネルの当選発表は、1月19日(金)12時より、
新宿タワレコのTwitterもしくは、HPにて発表だそうです。
店舗受け取りで、受け取りも期間内になっていますので、
抽選券をお持ちの方は、確認を忘れないようにして下さいね。




[PR]
by sinasoba4 | 2018-01-15 20:03 | 上杉昇Other

by 支那そば