ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたい。そんな想いを伝えたくてブログを始めました。あまり目立ったり、FAN仲間を作る目的ではなく、自分がいいと思う上杉さんの楽曲を沢山の人に聴いてもらいたい、知ってもらいたい。純粋によい音楽を聴いてもらいたいという思いだけですので、何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思って頂けたら、本望です。

<   2018年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「ACOUSTIC TOUR2018 Survivor's Guilt」
7月27日(金)よりスタートとなりました~~

d0335541_01432493.jpg
d0335541_01430465.jpg


いよいよツアーが新宿LOFTよりスタートしました。
会場は、椅子席は、椅子の並べ方に余裕がありましたが、
満席で、立ち見席の方も
いっぱいになっておりました。
今年は、異常気象で、猛暑の夏になってしまい
(本日は、台風で凄い事になっておりますが
また、台風が過ぎ去った後は暑さが戻るようです(泣))
毎週末、移動の伴なうLIVEで、
ハードなスケジュールとなっておりますので、
上杉さんの体調も心配です。
今回のLIVEでは、曲の間に
鼻をかまれていたので、風邪ひかれてるのかなあと感じましたが、
LIVE終わったら、次のLIVEまで、
ゆっくりと休んで欲しいなあと思います。
参戦する方達も熱中症などに気をつけて、
楽しんで欲しいなあと思います。

今回、グッズ販売では、「コレクタブル・カード」というものがありまして、
30種類のうち三枚が同封されているのですが、
当たりがあるようで・・・
VIPが当たると、
滅多にない経験ができますし、
子供の頃に経験したような
遊び心のあるものになっていて
トークショーの際に田中さんがおっしゃっていたグッズは
この事だったのだなあと思いました。
全種類コンプリートするのも楽しそうです。

9月2日(日)までの残り5公演
毎週末のようにどこかで行われるLIVEは、
きっと参戦されるFANの方達を魅了するだろうなあと思います。
LIVEレポの方ですが、一旦アップしましたが、
POJJOさんの方のTwitterより
”ネタバレ自粛のお知らせ”があり、
今回のツアーが終了するまで、
当ブログでも
自粛という事で、
新宿LOFTのLIVEレポは、
一旦、非公開とさせて頂き
9月2日(日)以降に、以後、参戦するLIVEと合わせて
記事をあげたいと思います。


LIVEの方は、今までとは、
また、少し違った素晴らしいLIVEで、
シンプルな演奏と上杉さんの歌声が一体になってるような感じと
曲目も今までになかった曲もあり、
2時間弱ぐらいでしょうか。
上杉さんの曲に聴き入って、感動している間に
あっという間に終わってしまいました。
選曲も普段は聴く事のできない
LIVEならではの曲もあって
若い方も年配の方もどちらも
楽しめるLIVEではないかと
思います。

舟見佳子さんのレポは、上杉さんのLIVEの良さを言葉で
見事にまとめられています。
こんな風に自分もまとめられたらいいのですが・・・
舟見さんは、上杉さんがWANDSの頃からの付き合いで
CDデータという雑誌をやられていたのですが、
会報や自伝本などのインタビューなどもされてる方ですが、
舟見さんのレポは、やはり、凄いなあと思いました。
このレポを詠んだら、LIVEに行きたいという気持ちに
なるかと思いますし、是非読んでみて下さい。



以前、上杉さんと一緒にツインボーカルをされた方の
ブログに感想が掲載されています。



今からでも、仙台と北海道は、
まだ、チケット販売してるようなので、
もし、今からでも都合がつくようでしたら、
参戦して欲しいと思いました。

8月1日(水)リリースの「Survivor's Guilt」も一足先に
会場でゲットできまして・・・
すでに何度も歌詞を詠みながら、
聴き入っておりますが、
素晴らしいものとなっております。
上杉さんもカップリングの方も
”相当気合いがはいっていて
購入して聴いてみてもらえたら嬉しい”と
「Survivor's Guilt」の意味は、
造語とかではなく、実際にある言葉で、
兵士達が戦争とかで戦って
仲間みんな死んじゃったのに生き残って、
生き残った事に対する罪悪感という現象の事だそうです。
上杉さんは、この言葉を聞いた時にピンとくるものがあって
歌にしたいなあと思って作られたそうで
詞を詠みながら聴いて欲しいとおっしゃってました。

こちらの方も是非、聴いてみて欲しいなあと思います。
「FROZEN WORLD」の方は
今回、35MIXでこちらとは違いますが・・
CDでは、更に素敵になっておりますので・・・
是非・・

お近くのCDショップに行かれない方は、
通販などでも購入できるので、是非~






演奏されるキーボードの方とギターの方のプロフィールです。


d0335541_08534950.jpg
d0335541_08540361.jpg



次回の仙台のチケット購入や詳細はPojjoさんの
Twitterにて・・・


[PR]
by sinasoba4 | 2018-07-28 14:12 | 最新情報

2018年7月27日(金)
上杉昇 ACOUSTIC TOUR2018 Survivor's Guilt 新宿LOFT



d0335541_23085066.jpeg
d0335541_23090378.jpeg


会場:新宿LOFT
開場:19:00
開演:20:00

BGMは「シガーロス」や「Agnes Obel」などがかかっていました。

1:世界が終るまでは・・・(WANDS)

2:寂寥たる荒野に(上杉昇)
「Blackout in the Galaxy」に収録
ーMCー

上杉さん:「寂寥たる荒野に」でした。
LOFTでは、何度も猫騙というBANDでやらして頂いてるんですが、
こういう形では今回が始めてなので、若干緊張しております。
自分の歌が歌えればいいかなって思っていて、自分が気持ちよくなる事で、みなさんに伝われば
いいかなって思っております。よろしく・・・

3:セントジェームス病院(浅川マキ)

4:Blindman's Buff(al.ni.co)
「セイレン」に収録
(出だし部分で曲を静止して)
上杉さん:もう一回。
この辺をWifiが飛んでて、気になっちゃったので(笑)

5:Marigold(NIRVANA)


ーMCー

上杉さん:みんなお酒とかって飲めるの?

(上杉さん飲み物を飲む)

オーディエンス:蛇の生き血ですか?

上杉さん:蛇の生き血はもはや昔の話。何年前?
(昔、LIVEで冗談で、”蛇の生き血を飲んでる”と
おっしゃっていた事があります)
LIVE中は、青信号?今、気づいて(LOFTにある信号を観て)
打ち上げの時は赤信号なんで・・
まあ、ど~でもいいですけど(笑)

6:Sleeping Fish(WANDS)


ーMCー

上杉さん:アーティストとしてもそうですけど、作詞家としてもとても
尊敬している方、30年ぐらいは昔だと思うんですけど、
今聴いても染みる曲なので、選びました。

7:狼になりたい(中島みゆき)

8:Subzero(上杉昇)
(リリースされていない曲です)

ーMCー

上杉さん:もう25年もやっていると色々な曲があって
タイムトラベラーみたいな気持でやっている訳ですけど
また、ちょっとタイムトラベルしてみます(笑)

9:Don't Try So Hard(WANDS)

10:それはスポットライトではない(浅川マキ)

ーMCー

上杉さん:え~~次は、「Survivor's Guilt」を歌います。
みんなSurvivor's Guiltという言葉の意味はご存知でしょうか?
造語とかではなく実際にある言葉で兵士たちが戦争とかで戦って、
仲間みんな死んじゃったのに自分だけ生き残った時に、生き残った事に対する
罪悪感というのが生まれてしまうっていう現象があって、その現象の事を「Survivor's Guilt」
って言うんですが・・・この言葉を聴いた時に
ちょっとピンとくるものがあって、これは歌にしたいなあと思って作ってみました。
是非ともご購入頂いて(笑)聴いて頂けると嬉しい次第です。
カップリングも相当気合い入っているので、聴いてみてもらえたら嬉しいです。
CDが売れない時代ですが、おしゃれな作りになってるので、部屋に飾る事もできるし、
是非とも買って、詞を読みながら聴いて欲しいなと思ってます。よろしくお願いします。

11:Survivor's Guilt(上杉昇)



ーMCー

上杉さん:次の曲は、中学の多感な時期によく聴いていた曲なんで
リハーサルではいい感じで歌えたんだけど、若干緊張しています。

12:Maybe Tomorrow(レベッカ)

13:Never Come Again(JAZZNEKO)
(「Confusion The Live」に収録
JAZZNEKOのボーカルのJeasusさんと上杉さんが
ツインボーカルで歌わている曲)

ーMCー

上杉さん:次の曲は「赤い花咲く頃には」という新曲ですが、
色々自分の中で、感慨深いものがあって、強烈な人がいたんだなと
知った時にいつか歌ってみたいと思っていて
やっと歌う事ができました。とにかく聴いて貰えれば・・・


14:赤い花咲く頃には(上杉昇)

15:With Tomorrow(This Mortal Coil)

16:Long and winding road(猫騙)

ーMCー

上杉さん:ヤバイ、次の曲は
なんだろ?俺の40、50年の人生に於いて
今まで出会った曲は何万曲とあるんですが、
その中で、1番好きな曲で、自分が死んだ時に
葬儀にかけて欲しいと思う曲で
別世界に連れていってくれる曲です。

17:Motion Picture Soundtrack(レディオヘッド)

上杉さん一旦退場されます。
再び登場

-MC-

上杉さん:メンバー紹介します。
キーボードの森美香
ギターの平田崇

オーディエンス:上杉さんは?

上杉さん:俺は・・噂の仙人(笑)
俺は昔はLIVEは大嫌いで、
LIVEのCDとか聴いたり出したりしなかったんだけど
CDにはないLIVEの良さを感じるようになって、
聴いたりするようになりました。
次の曲は、いい曲なので、もっとみんなに知ってもらって
色々な人に歌って貰いたい曲です。
40、50になっても声がでているんじゃないかなあと思います。
こうやって、歌えるのもみなさんが応援してくれているからだと思うので
これからも応援よろしくお願いします。
(ツアーグッズのマフラータオルを持って、買って下さいとおっしゃってました。)

En-1:FROZEN WORLD(上杉昇)


手を振って退場していきました。


会場は、椅子席の方は、椅子の間隔が、前後左右にわりと余裕は、ありましたが、
立ち見はぎっしりでした。

上杉さんの服装は、告知などで被っている帽子と
シャツにネクタイという姿で、
ちょっと風邪をひかれているのかな?
歌い終わったあと時折、鼻をかまれていました。

演奏は、シンプルにギターとキーボードという事で、
上杉さんの生の歌声は、個人的には、

あまり、楽器が豪華じゃない方が歌声と歌
の良さがより伝わるような気がしました。
アカペラでも十分だなあと思うのですが・・
今回の演奏は、とても良質な音でいて、

それがいい感じに
自然に上杉さんの歌と溶け込んで、
引き立てるような主張しすぎないけれど、
美しくて、優しい演奏という印象を受けました。
上杉さんの生の歌声は、
言葉では言い表せないのですが、

CDとは違うよさがあるので、

是非、聴いて欲しいなあと思います。

歌の方も、ビブラートで歌われる部分のある「Blindman's Buff」
カヴァーも、浅川マキさん、中島みゆきさん、
レベッカなどの邦楽の女性のベテランの方達の曲が
選曲されていて・・・
どのカヴァー曲も上杉さんの

思い入れのある曲だけあって、

素敵でした。
そんな中で、今までで何万曲と聴いた中で、一番好きとおっしゃってる
「Motion Picture Soundtrack」は、
別格じゃないかなあと思っているのですが、
この曲を歌われてる時の上杉さんは、

中でも気持ちよさそうに歌われてて

歌われている姿そのものが、

神がかり的なものをいつも感じます。
また、今回のLIVEでも
上杉さんの歌声の良さを

あらためて感じました。





d0335541_01430465.jpg
d0335541_01432493.jpg





今回のツアーのギターとキーボードのお二人のプロフィールで、
この方達と一緒に公演されてました。
森美香さんの方は、プロフィールにも書かれていますが、
フルートを吹かれていたりしていて
コーラスでも参加されたり、
多才な方なのだなあと思いました。


d0335541_08534950.jpg
d0335541_08540361.jpg


[PR]
by sinasoba4 | 2018-07-28 08:58 | LIVE

「スカブロ」東京新宿にて上映中です。

上杉昇さん出演の映画「スカブロ」
7/21(土)より~8/3(金)まで東京新宿の「K‘s cinema」にて上映です。
上映時間は、21:00~だそうです。
d0335541_19570986.jpg

東京新宿をスタートに、全国でも順次公開予定だそうで、横須賀の街を舞台に展開されるストーリーは
ちょっと笑えるシーンもあり、泣けるような感動シーンもあり、人情味溢れた作品になっており
横須賀の街に住みたくなるようなとてもよいお話しとなっております。
上杉さんは、進藤組という組長役でご出演されていて、歌とは違う渋くて、カッコいい上杉さんが
大画面にて観る事ができます。
まだ、観られていない方は、この機会に
是非、お見逃しなく~~

現在、上映中の「K‘s cinema」の
詳細はこちらにて・・・連日暑いので、
映画館は、涼しくて、よさげです。



東京新宿のあとは・・・

名古屋「 シネマスコーレ」 8月4日~
長野 「千石劇場」 8月11日〜
大阪 「第七藝術劇場」8月18日〜
となっております。
上映時間等の詳細は、各映画館のHPでご確認下さい。(まだのようですが・・)














[PR]
by sinasoba4 | 2018-07-21 22:53 | 最新情報

by 支那そば