ブログトップ

上杉昇さんUnofficialブログ ~Fragmento del alma~ 

wesugisan.exblog.jp

上杉昇さんの歌声をもっと沢山の人に聴いてもらいたい。そんな想いを伝えたくてブログを始めました。あまり目立ったり、FAN仲間を作る目的ではなく、自分がいいと思う上杉さんの楽曲を沢山の人に聴いてもらいたい、知ってもらいたい。純粋によい音楽を聴いてもらいたいという思いだけですので、何かを感じて、上杉さんの音楽を聴いてみたいと思って頂けたら、本望です。

タグ:上杉昇 ( 648 ) タグの人気記事

2018年は、かなり活動的だった上杉さん・・
2019年は、3月までゆっくりされるのかなあと思いきや・・
いきなりの出演情報です。

2019年1月23日の中国杭州博覧会中心で
開催されるイベントへの出演だそうです。
イベントの模様は配信サイトで生配信されるようなので、
是非、チェックしてみて下さい。

という事は、上杉さんは、今は中国にいるという事?
いつの間に?

by sinasoba4 | 2019-01-22 20:04 | 最新情報
2019年のツアーのLIVEチケット

あけましておめでとうございます。
みなさま、お久しぶりです。
昨年は、上杉さんの音楽活動が活発で、
FANにとっては、嬉しい忙しさでした。
LIVEも色々なところで、開催されていたので、
始めて、生歌を聴かれた方も多かったのでは?
と思います。

2019年は、平成最後の年になりますが、どんな年になるんでしょう。

そして、すでに元旦より、「ELECTRIC TOUR2019」の
チケットの一般発売が始まっておりますが・・・
ゲットできましたでしょうか?
すでに、東京は、e+は、SOLD OUTのようですが
ローソンチケットの方は、東京は、まだ、あるようです。
まだの方は、お早目に・・・
今年のGWは、10連休の方もいらっしゃるのでは・・・
その最初の方の一日を上杉さんのLIVEで過ごすのもいいですよね。
とても素晴らしいLIVEですので、是非・・
d0335541_09274069.jpg



チケットの方は、こちらでチェックしてみて下さいね。





博多のLIVEのみ、販売先が、
チケットペイのみのようです。
こちらも是非・・・

そして、またしても、舟見佳子さんによる
12月14日に行われたLIVE「Black sunshine」の素晴らしいレポが
BARKSにて、読めるので、
行けなかった方、まだ、読んでない方は
チェックしてみて下さい。








そして、ついに上杉さん出演の「スカブロ」が
劇場での上映ではなく、買取型配信されるそうです。
ってことは、上杉さんのシーンだけを
何度もリピートできちゃうって事です(笑)
1月30日(水)より
劇場で、観られていない方も、すでに観た方も是非~~







by sinasoba4 | 2019-01-09 20:26 | 最新情報

2018年12月14日(金)
SHOW WESUGI STRINGS QUARTET LIVE
「black sunshine」2018

d0335541_23103932.jpeg
会場:日本橋三井ホール
開場:18:30
開演:19:00

BGMは、アルバム「The Mortal」が流れていました。

1.Red spider lily

2.青き前夜に

3.赤い花咲く頃には

-MC-
今日は、俺の為にこんなに沢山集まってくれて
ありがとうございます。
渋谷区から遠路はるばるやってきました、
鬼平犯科帳です。鬼って呼んで下さい。
今日は、リラックスして、気持ちよくなって、
くれたら嬉しいです。

4.Exit Music(Radiohead)

5.OH ME(Meat Puppets)

-MC-
毎年、歳を取っていって
亡くなっていく人もいて、トムヨークとかMUSE
とかも好きなんですけど、
ロック少年だった頃に聴いていた人達は
ほとんど亡くなってて
ロブハルフォードとか、いらっしゃるんですが・・
クリスコーネルも、おととしぐらいに亡くなって、
次の曲は、Ativanという曲で、
クリスコーネルが飲んでいた
精神安定剤なんですが、
彼の事を歌った曲です。
もう一曲は、彼の遺作になったThe promisと言う曲を
原曲を崩さないように
日本詞に書き換えたので、それを歌います。

6.Ativan

7.The Promis(クリス・コーネル)

-MC-
次の曲は、浅川マキさんと言う方がいて、
亡くなられているんですが、亡くなられたから
歌うと言う訳ではなく、タイトルを見てというのと、
洋楽のカヴァーなんですが、英詞に日本詞を近い形で
作られてて、見習わなきゃなと思うんですが、
若干、伊勢崎町ブルース的な匂いがするんですが(笑)
鼻つまんで聴いて下さい。

8.セントジェームス病院(浅川マキ)

9.Blindmans Buff(al.ni.co)

10.Sleeping Fish(WANDS)

11.雨音(al.ni.co)

-MC-
先日、ipadproを購入して、曲を同期したら、
12000曲あったんですが、その中でも、
三本の指に入るぐらい好きな曲です。
なんかあってくたばった時にこれかけてくれたら、
すぐ成仏するんで(笑)
あのWANDSとかかけられたら
成仏できないんで、かけてる人がいたら、
言って下さい(笑)

12.Motion pictures sound track(Radiohead)

13.Blind to my heart(WANDS)
赤い花咲き乱れた頃

14.晴れた終わり(al.ni.co)

-MC-

毎年、このメンバーで、このステージに立てる事を
楽しみにしてるんですが、このメンバーの中に
いると緊張します。
そんなこんなで、1年も終わりです。
どんな1年だった?
(オーディエンスが、静まりかえっていると・・・)
しかと?(笑)
(よかったよ~~などのオーディエンスからの返答)
中国では、スラムダンクが流行っていて、
もれなくついている世界がなんとかって
歌を歌いに中国に行く機会が多くて、
勝手にフロムジャパンって看板を背負って
いるような気になって、決めなきゃって
思って、頑張った甲斐があって、政界のパーティみたい
なのに、招待されて、ライブと重なって
行かれなかったんですが、一生懸命頑張ってれば
そう言う事もあるんだなあって、
今年ちょっと、アルバムを出した事もあって、猪突猛進というか
あまり周りを見ずに突っ走ってきてしまったので、
来年は、地に足をつけて、一歩、一歩、
マイペースでやっていけたらと思ってます。
猫騙に関しても、なんかしらの発表を
しなければいけないと思ってるんで、どういう報告に
なるかわからないんですが、
ゆく年来る年が好きで、
録画するぐらい好きなんだけど、
年越しちゃうとみない(笑)

15.FROZEN WORLD

ありがとう!!

今年の上杉さんの締めくくりのLIVEは、black sunshineでした。
今年は、上杉さんのLIVEに沢山行くことができて
幸せな年になりました。
そして、上杉さんに沢山パワーを貰いました。
これからも、ずっと応援し続けたい、
唯一無二のアーティストです。

素晴らしいLIVEの余韻に浸りつつ、今年のLIVEは終わっちゃったなあ~~と、
少し、寂しい気持ちになっていたら、来年のLIVEの告知がありました。
3月末からスタートとなります。
福岡、新潟と、また、新たな場所でのLIVE・・
どんなLIVEになるのか、とても楽しみです。


by sinasoba4 | 2018-12-15 10:24 | LIVE
2018年12月6日(木)TBSラジオ エンタメEXPRESS 上杉昇

赤荻さん:今夜は世界が終るまでに行きたいWANDSのボーカリストとして活躍した
この方のLIVE!

上杉さん:こんばんは、上杉昇です。
え~~また、やって参りました(笑)


赤荻さん:ありがとうございます。
よろしくお願い致します。
SHOW WESUGI STRINGS QUARTET LIVE
「black sunshine」2018
ズバリ、どんなLIVEになりそうですか?

上杉さん:今回、The Mortalというアルバムを12年ぶりにソロアルバムとしては
リリースしたんですが、それを中心に、構成としては、ストリングスと生ピアノ感じで
歌にすべてがかかっているような状態でのパフォーマンスになるかなあと
思っております。


赤荻さん:そして、最近はIpadで曲を作ってらっしゃるんですか?

上杉さん:Ipadは、もうそうですね。
フル活用させて貰ってますね~~


赤荻さん:Ipadで曲って作れるんですか?

上杉さん:昔は、それこそMTRって言ってプラグを一個、一個さして
チャンネルが分かれててみたいな、でかい機材でやってたんですけど、

赤荻さん:あげさげ、あげさげしたりとかっていう・・・

上杉さん:今Ipad一つでそれができてしまうので・・・
旅行先とかホテルでもそれができちゃうので・・・
物凄く便利な時代ではありますね。


赤荻さん:気が付いたら曲作れるって事ですね。

上杉さん:思いついたら、そうですね・・・
すぐ作れますね。
はい・・・


赤荻さん:曲作り以外はIpadって使わないんですか?

上杉さん:インスタグラムやってるんで、インスタグラム用に
動画を作ったりとか、そういう事もしてますね。


赤荻さん:あ・・動画も作ったり、曲も作れて、動画も作れて・・・
ゲームはやったりしないんですか?

上杉さん:ゲームは、やっぱりゲーム機でやらないと(笑)

赤荻さん:そこはだめなんですか?(笑)

上杉さん:一回ロールプレイングゲームだったらいいかなと
思って、やってみたんですけど、指で引っ張ってくるんですよ。
キャラクターを、それで、自分の指が邪魔でしょうがない・・
みえね~~じゃん、これ・・みたいな(笑)


赤荻さん:(笑)

上杉さん:自分の指見るゲームなのかなと思って(笑)

赤荻さん:やっぱ、コントローラーがないと・・・

上杉さん:ちょっとダメですね・・・
感情移入ができない。


赤荻さん:移入しようとすると指が邪魔・・
へ~~

上杉さん:指邪魔ですね。

赤荻さん:拘りが面白いですね・・・
ゲームは好きだけど、ゲーム機って言うね・・

上杉さん:ゲーム機ですね。

赤荻さん:また、今日もお茶目、一面をありがとうございます。
じゃあ、LIVEに先駆けて、曲を一曲お届けしましょう。
今夜はどの曲にしましょうか?

上杉さん:タイトルチューンのあがってます。
The Mortal


赤荻さん:The Mortalにのせてお別れとなります。
上杉昇さんありがとうございました。






12月14日(金)日本橋三井ホール!9:00~「Black sunshine」
The Mortal中心としてと、ラジオでおっしゃっていたので、
また、一味違ったLIVEになりそうですね。
まだ、チケット購入できるようなので、是非・・・

d0335541_14544648.jpg







by sinasoba4 | 2018-12-06 23:07 | 上杉昇 radio

2018年11月30日(金)
「ELECTRIC TOUR2018 The Mortal」
大阪KNAVE 上杉昇

d0335541_07425207.jpeg


会場:大阪南堀江Knave
開場:19:30
開演:20:00
スクリーンに映し出される曼珠沙華の花と「Red Spider Lily」が流れ
奏者が全員そろった所で、上杉さん登場です。

1.Sleeping Fish

2.赤い花咲く頃には

3.青い前夜に

4.The Mortal

5.Survivor's Guilt

6.Subzero

7.Pearl Harbor Blues

8.晴れた終わり

9.Blindman's Buff

10.Chrysanthemum north pole(映像と曲のみ)

11.Ativan

12.雨音

13.桜舞い錯乱

14.白痴の鬼畜

15.遺書は燃やせ

16.絶望

上杉さん、鬼平っぽい曲をやろうかなと思います。
17.FROZEN WORLD
(1回止めてました)

上杉さん、奏者一旦退場

奏者が登場
ギターの平田さんより、グッズの紹介
横田さんがグッズを一つ一つ、決め顔で
紹介してくれて、とても盛り上がりました。

上杉さん登場

En-1 Seacret Night

En-2. FLOWER

-MC-
(手に大岡越前を書いてきたようで(笑)
MCに入る前に手のひらをスクリーンにかざして
暫く、間がありました)
渋谷区から遠路はるばるやってきました。
大岡越前です。エチ―と呼んで下さい(笑)
忘れるとあれなんで、手に書いてきたんですけど、
真っ暗で見えなくて(笑)
今回、The Mortalをリリースできまして、レディオヘッドとかシガーロスとかを
聴くような感じで、個人的な満足は満たされているのですが、
みなさんの感想の中で一番多かったのが、戦没者の方々がいたからこそ
今の平和があるんですよねみたいなメッセージを貰って、
それは間違いではないんですけども、個人的には、平和は平和なんだよね。
今の世の中って言うのが昔と比べて、幸福感がうわまってるかと言ったら
自分はちょっと解らなくて、温故知新に辿り着いて作ったアルバムなので、
俺的には生きる上での力になってくれればなと思ってます。
大事に聴いて欲しいアルバムです。
えちはね~~呼ばれるとね~~(笑)(面白い言い方で・・)

今日でツアーも最後なんですけど、
また、すぐやるかもしれないし・・
最近は、中国に行く事が多くて、スラムダンクが大ブレークしていて
もれなく、世界がなんとかがついてくる(笑)
個人的に資金的な事も大変なんで、出稼ぎに行ったり、
中国の政界のパーティーに呼ばれて、なんと今日と同じ日程で
こっちを取りました。
当たり前の事なんですけど、こっちの方が先だったんで(笑)
次は習近平さんと写真を撮りたいなと思って・・
まだ、やり残した事があるんで、この先どうなるか解らないですが、
みなさんの応援がある限り、邁進していきたいと思っております。

パワハラとかハラハラとか、ハラスメントハラスメント・・
昔から、パワハラみたいな事はあったと思うんですよ。
でも、他の上司が助けてくれるとか、信頼関係があったと思うんですよ。

そのうち歌よりもMCの方が長くなるなんてね、3曲しかやらないとかね(笑)
そんな事はない。

大阪のホテルのシャワーは勢いがあって、カーテンがべちゃーってまとわりつくのが
嫌で、カーテンみたいなの裾に水をつけたら、大丈夫でした。

この曲の撮影をする前に過呼吸になって、救急車を呼んでもらったんですが、
一度過呼吸になるとトラウマになって、でも、撮影で、奄美大島に行って、
自然に触れたり、この曲を作った事で治りました。
過呼吸の方がいたら、この曲を聴いたら、絶対治るから・・
(晴れた終わり)

みんな元気か~~
大阪~~上杉昇が、帰ってきたぞ~~
大阪は俺のホームだって思ってていいんだよな~~
これからもずっと俺のホームなんだよな~
今日は、それだけ確認できればよかった・・


(前回のツアーのタオルを出してきて)
「何これ?」
「矢沢?」
FAN:やざわ~~
「矢沢じゃね~わ・・」
FAN:何て書いてあるの?
「鬼平犯科帳、鬼平っぽい曲をやります」
曲が始まる・・・
(えっ・・上杉さん、鬼平っぽい曲で、FROZEN WORLD?(笑)
って個人的に思っていたら・・・)
上杉さんも曲の冒頭部分で、吹き出してしてしまい(笑)
1回止めて、歌い直し・・・
「鬼平っぽくない感じで・・・」と言って歌われてました。
(FROZEN WORLD)


大阪は、最初から、男性のうえすぎ~~という声援があって、
個人的には、猫騙のLIVEが頻繁にあった頃に
あまり、LIVEに行かれなかったのもあって、
Showさんより、上杉さんという方が馴染みがあるのもあって、
なんだか、久しぶりに聞いて、al.ni.coの頃やソロの最初の頃のLIVEを
思い出して、懐かしくて、目頭が熱くなってしまいました。
最終日の上杉さんは、ホームの大阪とあって、なんだかとても
リラックスしていたのかな・・いつもに増して嬉しそうで、
楽しそうに感じました。
今回のツアーでは、いつものメンバーに加えて新しいFANの方も
増えたような気がして、個人的にはとても嬉しくて・・・
そして、今回のツアーから、上杉さんの世界観がより、表現できているような
気がして、芸術を鑑賞しているような気がしました。
3公演だけなのが残念ですが、また、きっと来年も「The Mortal」のツアー
やってくれるんじゃないかなと思うので、
是非、まだ、行かれてない方は行って欲しいなあと思います。

今回も最終日恒例の撮影タイムがありました。

今回のツアーのメンバーの方
2枚目、左から、キーボードの森美香さん、
ドラムの海老原さん、マニュピレーターの横山さん、ギターの平田さん、
キーボードの森美香さんは、見切れてしまい・・
写っていたのは、1枚だけでした(泣)
みなさんのようにうまく撮影できませんでしたが・・
SNSに綺麗に撮影されてる方が、沢山いらっしゃるので、
探してみて下さいまし(笑)

d0335541_14182821.jpeg

d0335541_14184931.jpeg

d0335541_14190510.jpeg


メンバーやLIVEの写真等が掲載されてますので、
オフィシャルFacebookの方も
チェックしてみて下さいね。



by sinasoba4 | 2018-12-04 08:27 | LIVE

2018年11月16日(金)
「ELECTRIC TOUR2018 The Mortal」
名古屋SPADE BOX 上杉昇


d0335541_15320672.jpeg
d0335541_15322880.jpeg

会場:名古屋SPADE BOX
開場:19:30
開演:20:00

「Red Spider Lily」と彼岸花の映像が流れる

1.Sleeping Fish

2.赤い花咲く頃には

3.青き前夜に

4.The Mortal

5.Survivor's Guilt

6.Subzero
(途中まで歌いストップをかける)

7.Pearl Harbor Blues

8.晴れた終わり

9.Blindman's Buff

上杉さん、奏者一旦退場

「Chrysanthemum north pole」
スクリーンに映像と曲が流れる

10.Ativan

11.雨音

12.桜舞い錯乱

13.白痴の鬼畜

14.遺書は燃やせ

15.絶望

上杉さん:次の曲はライオネルリッチーも何も言えなくなる曲です。

16.FROZEN WORLD

一旦退場

奏者のみが先に登場

恒例のグッズの紹介をギターの平田さんがするのですが、
マニピュレーターの横山さんが、グッズを広げて
盛り上げてくれました。

En-1 Seacret Night

En-2 FLOWER

上杉さん:また一つ名古屋でいい思い出ができました。
Thank You!!



-MC-

東京の渋谷区から遠路はるばるやってきました、
ライオネルリッチーです。
この間別の人で言って、失敗しました(笑)
こんなに沢山集まってくれてありがとう!
名古屋は、東京、大阪と比べて来る回数は少ないんですが、
あまりいい思い出がないんですが、

今日は、いい思い出にできるように頑張ります。
あまり、緊張しないんですけど、昨日から緊張しています。

ホテルのエアコンが、送風しかなくて、寒かった。

中国では今、スラムダンクが流行っていて、もれなく
上杉昇がついてくるんですが、中国に行く機会も多くて、
上海、北京、武漢と行って
先日、本場のパンダと写真を撮影してきたんですが、

中国の政界のパーティーに招待して頂いて、習近平さんと写真撮影する事が
夢だったので、浮かれていたんですが、ライブと重なって、
行けなくなってしまいました。
寂しい夢です


次の曲は、自決をしてしまった、クリスコーネルというアーティストが
いるんですが、いつかちゃんとした形でカヴァーしたいなあと
思っているんですが、クリスコーネルの事を歌った曲です。

(Subzeroの前にこのMCで、途中まで歌い間違いに
気づき、曲をストップしました。)
この曲じゃなくて、クリスコーネルの事を歌った曲は、
Ativan
という曲でした。
途中で、違う事を言ってしまって、葛藤がありました。
この曲は、万世橋を思って歌った曲です。


次の曲はal.ni.coをやり始めた頃、プレッシャーとか色々とあって
過呼吸になって、この曲の撮影で奄美大島だったかな(たぶん、伊豆大島)
太陽とか自然とこの曲で、治りまして、
過呼吸になった人は解ると思うんですけど
一度なるとトラウマになってしまうんだけど、この曲を聴いたら絶対
大丈夫だから、聴いてみて下さい。
晴れた終わり


俺はアルバムが作れた事を誇りに思っているんですが
みんなが、ずっと待っていてくれてから、「The Mortal」
ができました。本当にどうもありがとう。
そして、この場を借りて、スタッフの方達、高木さん、田中さん
PAの小坂さんにもお礼を言いたいです。
ありがとうございます。
もう大人だからこのぐらいの事は言えるようにしないと(笑)
(↑上杉さんの照れ隠しなのかなあと思いました)
次の曲が、さっき説明した、クリスコーネルの事を歌った曲です。
(Ativan)


このアルバムは、太平洋戦争の事を歌っている曲が多いのですが、
次の曲はそれとは関係なくて、戦国恋愛物語を時代に合わせて
作ってみたくて作りました。
(桜舞い錯乱)

名古屋のLIVEも盛り上がりました。
前の方は、ぎゅうぎゅうでしたが、
後ろの方は、少しだけ余裕があったかな?
男性の方もいらっしゃって
前半は、じっくりと聴き入り、後半は、盛り上がって
今回のツアーは、The Mortalのアルバムを
更に奥深く、美術館で鑑賞しているような
芸術性にも優れた世界観のステージだった
ようにも思えて、
きっと上杉さんにしかできないと強く思いました。
そして、今回のツアーから、ぐっと、新しいFANの方が
増えているような気がしました。

順不同で、あまり話が繋がってない部分がありますが・・
ご了承ください。

写真等は、公式Facebookなどでチェックしてみて下さい。




by sinasoba4 | 2018-12-03 07:18 | LIVE

2018年11月11日(日)
「ELECTRIC TOUR 2018 The Mortal」
渋谷Club Asia 上杉昇



d0335541_19302429.jpeg
会場:渋谷Club asia
開場:18:00
開演:18:30

スクリーンに映し出される曼珠沙華の花と「Red Spider Lily」が流れ
奏者が全員そろった所で、上杉さん登場です。

1.Sleeping Fish

2.赤い花咲く頃には

3.青い前夜に

4.The Mortal

5.Survivor's Guilt

6.Subzero

7.Pearl Harbor Blues

8.晴れた終わり

9.Blindman's Buff

10.Chrysanthemum north pole(映像と曲のみ)

11.Ativan

12.雨音

13.桜舞い錯乱

14.白痴の鬼畜

15.遺書は燃やせ

16.絶望

17.FROZEN WORLD

上杉さん、奏者一旦退場

奏者が登場
ギターの平田さんより、グッズの紹介

上杉さん登場

メンバー紹介がありました。

En-1 Seacret Night

En-2. FLOWER

上杉さん:Thank You!!


MC1
東京の渋谷区から遠路はるばるやって参りました。
エルビスコステロです(笑)
コスはね~
今日は新しいアルバムの中から曲を沢山やるんですが・・
このアルバムは自分にとって必要だった。
だからこそリリースをした訳で、中には右翼的だとか
そういう奴等もいるかもしれませんが、なんとでも言って下さい。
私は自分の信念に屈する事はありませんので、日本人として
先人に敬意を示すことは重要な事なんじゃないかなと
人種に限らず、先祖を敬うという事は人間として当たり前で
そういう事を示せればいいかなと・・・
今ある幸福感と昔の人は、どういう事に辛さを感じて
生きていたのかとかそういう所に想いを巡らせるきっかけに
なればいいなと思って作ったアルバムです。
この曲は特攻に行く前の日の曲です。
(青き前夜に)

MC2
今年は中国に行くことが多くて、中国の方でスラムダンクが
流行っていて、主題歌になっていた世界が終るまでは・・
を歌う為に、中国に行く事が多かったんですけど、
政界のパーティーがあって、その出演者に
招待されました。
右翼とか言ってる割には、全然、中国で活動してて(笑)
この間、PANDAに会ったんですけど、今度は習近平さんに会って
ツーショットで写真を撮るのが、ちょっとした夢なんですけど、
人生何が起こるか解りません。
できる事をその日一生懸命やるって言うのが大事かなと・・
なんだかんだ言って、中国語も話せないですし、日本で評価されたいですし、
評価が先になって、本末転倒になるって言うのは繰り返したくない事なので、
こうやって、応援しにかけつけてくれるみなさんが本当に励みになるし
わたしの力になっています。
次の曲は、インスタで橋の写真をあげたんですが・・
ドブ側に入って蛭に血を吸われたり
抜けられなくなって近所のお兄さんに助けて貰ったり、
そこを思い浮かべながら唄う曲です。
(Subzero)

MC3.
コステロなんですけど・・・
コスはね~~(笑)
この曲は、ひと世代昔の曲になってしまったんですけど
この前サイン会の時に体調悪くなった方がいて
先にサインをした方がいらっしゃいましたが、俺がこの曲を
作った時がその状況で、過呼吸になって倒れたあとだったんですけど
この曲を作って歌う事で乗り切れたので、その方達には聴いて欲しい曲だなあと
思います。
(晴れた終わり)

MC4.
アルバムの曲、どこまで覚えてくれてるか解らないけど
鬼のような曲が続くので、出来る事なら一緒に歌って欲しいです。
年齢的によってる感じなんで(笑)
クリアできるように頑張ります。
(Ativan)

MC5.
いつか広く多くの人達に解ってもらえる曲だと
個人的には思っております。
上杉昇に限らず誰かがカバーしてくれたりとか
世に出るきっかけがあればいつか解って貰えるんじゃないかなあ・・
という曲です。
(FROZEN WORLD)


今回より、以下の理由により、
LIVEのレポの方を少し変更させて頂きます。

①今までは、できるだけ、MCも忠実に曲間に入れていたのですが、
スタンディング&混雑している為、今ツアーより
メモを取れる状況でなくなってしまい
記憶だけが頼りになってしまった事。

②FREE LIVEやアルバムリリースなどの音楽活動の活発化により、
新しいファンの方がかなり増えて、
SNSなどでもMCやLIVEの様子など沢山の方が
即座に投稿してくれるようになった事。

できるだけ上杉さんの伝えたかった事を読みっとって、
MCに反映させる
予定ですが、記憶だけが頼りになっているので、
今後は、あまり自信がないので、
間違っていたらすみません。
MCを伝える事ができても
上杉さんの世界観は、MCや文章だけでは
伝えきれないので、
上杉さんの生のLIVEを
是非、行って体感して欲しいなあと思います。

初日の渋谷のClub Asiaに関しましては、舟見佳子さん
(上杉さんの自伝本の
インタビューを手掛けていらっしゃる、
上杉さんと縁の深い方)

会場の雰囲気や世界観も伝わるように、
書いてらっしゃるので、そちらも是非
読んでみて下さい。




by sinasoba4 | 2018-12-02 13:18 | LIVE

2018年10月24日(水)
タワレコ秋葉原店 上杉昇 パネル展


もう終了してしまいましたが、全国のタワレコ各店で
「The Mortal」のリリースと同時に
パネル展が開催されました。
(各店すでに終了しているようです。)
秋葉原店は、
最初、見つけられず、暫く、行ったり、来たりして
しまいました(笑)
天井から吊り下げてありました。
新宿店の方は、今回は諸事情でいけなかったので、
秋葉原店のみになりますが
展示されている写真は、全店一緒のようです。
残念ながら当選しませんでしたが(泣)
どれも渋くてかっこいいです。

d0335541_19495287.jpeg
d0335541_19493847.jpeg
d0335541_19492415.jpeg
d0335541_19500542.jpeg
d0335541_19502076.jpeg
d0335541_19503229.jpeg




by sinasoba4 | 2018-11-07 21:53 | 上杉昇Other
Barksに記事が掲載されています。




雑誌「仙台経済界」に上杉さんのインタビューが
掲載されているそうです。


by sinasoba4 | 2018-10-30 07:50 | 最新情報

2018年10月26日(金)
「NEKOVAVAUNDER2018」
新宿LOFT 猫騙LIVE


d0335541_06372735.jpeg



会場:新宿LOFT
開場:18:30
開演:19:00
出演:猫騙/Wash?/Coyote milk store

Coyote milk storeは、前回、al.ni.coが好きだと言ったら、
また、呼んで貰えました。とMCでおっしゃってました。
al.ni.coが好きだとおっしゃっていた通り、al.ni.coを彷彿させるようなカッコイイ
サウンドでした。
上杉さん曰く、上杉さんの遺伝子を引き継いでいるバンドとおっしゃっていました。

Wash?こちらのバンドは、猫騙のドラムのminzokuさんにアルバム制作を
手伝ってもらったとの事で、ドラムを中心とした曲も制作されたそうで、
ドラムが生かされた曲などがありました。

猫騙
出囃子の曲が変わりました。

1.Devils Hooligan

2.Boomerang

-MC-

Show:We are ねぎだまし~~

Minzoku:会いたかったぜ~~
遊んでだ訳じゃないんだぜ~~
遊んでた訳じゃない。
今年、最初で、最後の猫騙のLIVEです。
みんな聴き間違えとかした事ある?
ほけんたいくだと思ってて、ほけんたいいくだからね・・
間違っちゃったシリーズ・・・

EDO:セントナーバード

Minzoku:そんな犬いません

Pea:引っ込みじゃわん

Minzoku:スピーディーワンダー
間違ったまま進もうって話で・・・

3.It't too late

4.コンコルド

4.Megalomania

Show:Thank You!!
去年は、あんまり意識してなかったんだけど、
10周年で、ワンマン今年で11年目です。
はじめた当初は、al.ni.coを解散して、ソロでやって、
猫騙を結成して、立って歩くのがおぼつかないようになって
でも、やり残した事があると思って、自分の中で納得いってない
宮沢とMinzokuに声かけて、一緒にやって下さいって
生きるって事は自然に逆らう事なんじゃないかって
へたってる時に凄く思って、病院行って治療とかするのも
ナチュラルじゃない発想の中で、
色んな事に逆らう事が生きる事なんじゃないかって思って
それで、猫騙では、メイクをしようという事に決めました。
たまにV系のアーティストと同じような感じで観られて(笑)
それはどうでもいいんですけど、猫騙って恰好が派手で
こけおとし的なびっくりさせなきゃしょーがねーなみたいなのが
常にあったから、そういう意味ではビジュアル系なのかもしれないし
でも、猫騙だからさ、騙しって事は、実は中身があるっていう
拘ってアイロニカルな名前にした訳ですけど、10年間の
間にオーバーグラウンドにいたら、体験できないようなすげー地方に
行ったりして、対バンして、だんだん、体調も取り戻して
何より応援してくれた、みんなには、身に余る恩恵を貰ったと思っております。
本当にありがとうございます。
とりあえず、猫騙のShowとしてもソロの上杉昇としても
どこに言ってもプロの一人のシンガーとして、一人表現者として
ぶれないでいると思っております。
たとえサウンドが違っても中身に拘ってやってるつもりです。
これからも拘ってやっていけたらと思っております。
日本の音楽シーンに限ってじゃないんだけど、
解りやすい歌が売れるんだよ(笑)
誰でも聴けるってそういう事で、毒にも薬にもならない
俺はアンダーグラウンドにいて、ここで歌ってる以上は
オーバーグラウンドできるような曲やってもしょうがないもん、
だから、今回のソロアルバムも拘って作りました。
この曲は、天国からもう一人ベーシストが降りてくる曲です。

5.I don’t care

6.The Bright Light

7.Long and winding road

この日の上杉さんの、衣装は青と黒のダイタイ染めのような
ジャケットかシャツ?のようなものを羽織っていました。

今年、最初で最後の猫騙で、
ネイティヴアメリカンな姿の
猫騙の上杉さんも登場した瞬間に
やっぱり、カッコイイ!!と思いました。

年齢的に猫騙のLIVEは、ソロの上杉さんと
違って動の曲も多く
体力的にきついというイメージを持つ方も
いらっしゃるかと思いますが・・・
自然と身体が動いてしまうLIVE(笑)

オーディエンスのみなさんも、
飛び跳ねたり、踊ったり、
それぞれ
楽しそうに
色々な形で盛り上がっていました。
猫騙の方の来年のLIVE予定等の
発表はありませんが・・・
次回ありましたら、
こちらも是非・・・

連日、ソロのLIVEやラジオ出演などで、
忙しく
LIVEの歌やステージングは、
素晴らしかったのですが、歌が終るとステージ上で、
座られていたので、体調の方があまりよくないのかなあと思って
心配になりましたが・・
また、ソロの方で、LIVEが続きますので、
ゆっくり休まれて欲しいなあと思いました。



by sinasoba4 | 2018-10-30 06:45 | LIVE